ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

初出第5世代
タイプかくとう
分類特殊
威力-
命中100
PP5
範囲単体
直接攻撃
効果自分の残りHPと同じダメージを相手に与えた後、自身はひんし状態になる


概要

第5世代から存在する技。
自らを犠牲に、相手に自分の残りHPの全てをぶつける技。まさに「命がけ」
設定ミスなのかなぜか特殊技扱い。
(後述の神風特攻に掛けているのかもしれない。 「特殊攻撃」の略称が特攻のため)

基本的な使い方は言うまでも無く相手の手持ちを確実に減らす事。
ダメージは固定ダメージ扱いの上、仕様上残り体力が多いほど良い。
その為、この技を採用する場合はHPと素早さに努力値を全振りし、持ち物もこだわりスカーフである事が多い。なにこの神風特攻。
他にもあえてスカーフを持たせず、場作りしてから「いのちがけ」する場合もある。
第七世代から登場したZクリスタルでZ化すると威力180の自滅しない必中格闘技になるが特殊技なのでまともに使えそうなポケモンはアギルダーしかいない(ルカリオもできないことはないがまずメガ化するため)。
この他、アローラベトベトンナゲツケサルに自身の特性を渡す手段としても活用できる。
例えばツボツボあまのじゃくをナゲツケサルに渡せばインファイトを連打して要塞化を図ることができる。

欠点は先制技に弱い事。
先制で削られてしまうと「いのちがけ」のダメージも減らされてしまい、倒せなくなる可能性がある。第7世代でサイコメイカーを持つカプ・テテフが登場したことにより多少使いやすくなった。

ポケダンでは自身のHPを1まで減らし減らした分のHPと同じ額のダメージを与える。
死にはしないが倒しきれなかったり、悪天候の状態で使えばすぐに倒れることは確定なので注意。

また、「ダメージの実数値が使用者の体力と同じ」という点を逆手に取り、伝説ポケモンなどのHP個体値厳選兼みねうち代わりに使用される事もある。
使用者のHPの最大値や素早さとの兼ね合い、そしてタイプの都合上ゴーストタイプには無効になる仕様もあるため汎用性のある方法ではないが、いのちがけの使用者のHP実数値を厳選対象の個体値最高の場合の最大HPよりも1少ない状態に調整しておき、1ターン目の先攻でいのちがけをする事でVの場合以外は一撃でひんしにできるため、通常は捕獲前に判定しづらいHPの個体値厳選を容易に行うことができ、さらにみねうちよりも簡単にHPを1に出来るためその後の捕獲も容易になる。

余談

なお、ツチニンもタマゴ技でいのちがけを覚えられる。
進化後のテッカニンにとってはなかなか有用な技なのだがそれと同時にヌケニンもいのちがけを使用できる。

ヌケニンの「いのちがけ」でHBハピナスは確定362発


もちろんヌケニンにこの技を使わせても1ダメージにしかならない
ハピナスをいのちがけで倒そうものなら上の絵のような凄惨な状況になるのは言うまでもない。
ちなみにふしぎなまもりはベトベトンやナゲツケサルへの引継ぎ対象外の特性なので注意。

また、いのちがけを覚えたポケモンとまねっこを覚えたハピナスを用意することでハピナス自身もいのちがけを使用することができる。
某実況者の手により実現の難しいロマン技であることがわかっているが、ハピナスの膨大なHPゆえに凄まじい火力を叩き出すことができ、決まれば爽快である。

関連項目

ポケモン技絵 ポケモン技一覧 かくとうタイプ

使用後ひんしになる技
いやしのねがい おきみやげ じばく だいばくはつ みかづきのまい ミストバースト

関連記事

親記事

特殊技 とくしゅわざ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「いのちがけ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38437

コメント