ピクシブ百科事典

目次[非表示]

誘導

もしかして:自爆
タグとしては:じばく

データ

初出第1世代
威力130(第1世代)→200(第2世代~)
命中100
PP5
タイプノーマル
分類物理
攻撃範囲自分以外
直接攻撃×
効果使用後自身はひんし状態になる。相手の防御力を半分にしてダメージ計算する(〜第4世代)


概要

初代から存在する技。
圧倒的な威力と引き換えに自身は戦闘不能になる、正に自爆技。

イシツブテなどの一部の野生のポケモンが覚えている場合もあり、捕まえようとしたら勝手にじばくして倒れたなんてこともある。じばく持ちのレアポケ(エレキスキン持ちアローライシツブテ等)を捕まえる際は、特性「しめりけ」のポケモンを用意しておくのもいいだろう。

ダブルバトル等では味方を巻き込んでしまうが、味方をゴーストタイプにしたり、「まもる」を使ったりすれば被害を減らせる。

上位技として威力が50勝る「だいばくはつ」があるが、じばくは覚えてだいばくはつは覚えないポケモンもいるので第7世代以前も完全に下位に甘んじていたわけではない。
因みにこれに当てはまる一例はホエルオーカビゴンミュウツー
ミュウツーの自爆って…。
ちなみにじばくを覚えたカビゴン自体は一部の過去作やポケウォーカー限定だった上、ゴンベのタマゴ技としてのみ遺伝できる厳選の際は親のどちらかに「まんぷくのおこう」を持たせる必要があり、なおかつゴンベは進化させなければ親にできないという非常に難儀な代物だった。
なお、兵器として改造された哀しきポケモン・ゲノセクト最後に習得できる。

第8世代ではわざマシンの再編で「だいばくはつ」がラインナップから消えた分、この技がピカブイに引き続きわざマシンとして登場している。
カビゴンも面倒な過程を経ずにこの技を習得できるようになった。

なお、対戦において、1ターン以内に、もし他のポケモンが何らかの形で先に瀕死になって、最後にじばく(またはだいばくはつ)を使う1体だけが残った場合、第4世代までは「相手がいないので」技自体が発動していなかったが、第5世代からは独りぼっちでも爆発するようになったのでご注意を。
なお、じばくのモーションの後に、使う側のHPが先にゼロになるのは第5世代だけであった(他の世代は全て、相手にダメージを与えてから自分が瀕死)。

ポケダンでは仕様が途中で変更された。
初期作品では使用したその場で爆発。自身を中心とした3×3マス、計9マスを攻撃する周囲攻撃技。範囲内に壁やアイテムがあれば問答無用で消滅させる。
自身や味方には割合ダメージ、敵には固定ダメージを与えるという特殊な仕様の技。タイプ相性を無視するのでいわはがねゴーストにも一切軽減されず通るが、ほのおタイプのみは被ダメージが半減する。
超不思議以降は使うとバクダン状態となり、攻撃を受けると敵味方自分問わず周囲にダメージを与える。
床のアイテムも消滅するので、使う時はHPとかにも注意。

ポケモンカードゲームでは、自分の最大HP分のダメージを自分と相手に与えるワザとしてDp世代から存在する。
Dp世代のクヌギダマHGSS世代のルナトーンに搭載されたものは互いのベンチにもダメージを与える仕様だったが、BW世代以降はバトル場の外に影響しないよう変更されている。

関連リンク

ポケモン技一覧 だいばくはつ
ビリリダマ マルマイン
ビックリヘッド…これも「しめりけ」で無効化される
使用後ひんしになるわざ
だいばくはつ おきみやげ いやしのねがい みかづきのまい いのちがけ ミストバースト 

関連タグ

自爆するしかねぇ

関連記事

親記事

物理技 ぶつりわざ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「じばく(ポケモン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24711

コメント