ピクシブ百科事典

イシツブテ

いしつぶて

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.074
英語名Geodude
ぶんるいがんせきポケモン
タイプいわ / じめん
たかさ0.4m
おもさ20.0kg
とくせいいしあたま / がんじょう / すながくれ(隠れ特性)


進化

いしあたま三兄弟


イシツブテ(Lv.25) → ゴローン(通信交換) → ゴローニャ

概要

初代『赤・緑』から登場している、いわタイプの代表格といえるポケモン。
丸くゴツゴツしたの体を持ち、顔の横から両手が生えている一頭身。初代ではおちょぼ口で子供のようなデザインをしていたが、ピカチュウ版から一気に目つきが悪くなった。


性格は見た目通り武骨で荒々しく、頑丈な体が自慢で、イシツブテ同士ガンガンぶつかり合ってお互いの硬さを競い合う。
山岳地帯や洞窟に数多く生息しており、石ころそっくりな為殆どの者は気が付かないが、暇な学者が数えたところ1つの道に100匹はいたとか。

登山者が気づかずに踏んだり躓いてしまうケースが多く、それに怒って頭部の2/3ほどの大きさがあるを振り回し襲い掛かってくる事もある。
山道の地中に身体を半分ほど埋めて眠る習性がある為、よけいに踏まれやすいが、中にはまったく起きない者や、自ら足を掴んでころばせるイタズラもする者もいるようだ。

朝エサを探してを転がり落ち、両手を使って険しいを登るという事を繰り返しており、その姿を見た人がボルダリングを始めたという話も。
その様な生活で長生きすればするほど体は丸く削れるが、相変わらずゴツゴツと荒々しい性格なままという説明と、とても落ち着いた穏やかな性格になるという説明に分かれている。


足はない為、主な移動手段はジャンプ……と思いきや、アニメ・ゲーム共によく浮いて移動している姿が確認できる。
下記の通りでんきタイプの資質を有している事から、コイルダンバル同様、地磁気を利用して浮いている可能性が高い(特性がじめん技を無効化できるふゆうではないのも、恐らく同じ理由)。
ただし進化したゴローン以降は重くなる故か使えなくなってしまう為、基本的にイシツブテ限定の恩恵である。

丸くて持ちやすいため、相手に投げてぶつける「イシツブテ合戦」という物騒な遊びもある。
しかし、サン・ムーンでは一転して「重くて硬いため雪合戦のように投げ合うのは危険」と完全に話が違うことになっている(…いや、それが当たり前なんだけども)。

その他、稀に「がんせきほう」を撃ち出すドサイドンアローラゴローニャの体に装填され、岩石の代わりに発射されることも。


ある程度ストーリーが進むと、野生で出てきてはしょっちゅう「じばく」してくることでもお馴染みのポケモンである(ただし『ブラック・ホワイト』だけにはいない)。
また、ストーリー攻略においては使いやすさに定評があり特に『金・銀・クリスタル』で最初にチコリータを選んだときには序盤の2つのジムで相性が悪いが、イシツブテはどちらにも相性が良いのでそのカバーにはもってこいである。さらにゴローンゴローニャに進化すると更に戦力に欠かせなくなる。しかし水タイプと草タイプには滅法弱いので注意は必要である。

「┗〇┛」と表されることもある。青版では「d〇z」と表されることも。またその見た目や知名度の高さから、ネタ絵も数多くみられる。

リージョンフォーム

つぶてのぶつかり合い!


タイプいわ / でんき
たかさ0.4m
おもさ20.3kg
とくせいじりょく/がんじょう

ポケモンSMから登場する、アローラ地方の環境に適応するために、姿を変化させたイシツブテの姿。
アローライシツブテ

アニメのイシツブテ

タケシのイシツブテ

CV: 三木眞一郎
無印編におけるタケシのポケモン。イワーク同様、旅に出る前からタケシの手持ちにいる。
「ラッシャイ!」という鳴き声が特徴的。タケシの指示に「あいよっ」と返事したこともある(無印編46話)。
かくとうわざを得意とするポケモンに交じって戦ったこともあるが相性の悪さから初戦敗退。
またピカチュウの電撃を受けて黒焦げにされたこともある。

タケシがレギュラーから外れて暫く出番がなかったがサン&ムーン42話と43話にて久々に登場。43話ではマーマネトゲデマルリーリエシロンとの2対1のバトルでジャイロボールを使ってシロンのこなゆきを耐える変則技を使い勝利した。

使用技は「たいあたり」「すなあらし」「メガトンパンチ」「ちきゅうなげ」「まるくなる」「あなをほる」「ころがる」。

ポケモンGO

メインシリーズとは一転して非常に出現率が低く設定されており、大量発生している巣にでも赴かない限り収集は非常に困難。そのため、ゴローンやゴローニャへの進化は結構大変である。
相棒ポケモンに設定するとわずか1km歩くだけで進化に必要なアメを1個もらえるので、効率よく進化させたいのならそちらも併せて活用しよう。

5月19日から開始されたイベント「アドベンチャーウィーク」では、いわタイプのポケモンの中では最も出現率が高く設定されているようで、これまで以上に街中で遭遇できるチャンスが増えている。この機を逃さず、一気にゴローニャへと進化させてしまおう。

2017年12月からは天候ブーストのシステムが実装され、これにより「晴れ」若しくは「時々曇り」の時にイシツブテがわんさか登場するようになった。これに伴い入手難易度は大幅に緩和されており、相対的にゴローニャの入手難易度も改善されることとなった。

岩手応援ポケモン

2019年5月14日、「岩から手が出ている」という事で、岩手県の応援ポケモンにイシツブテが認定された。
この発表の際、イシツブテの着ぐるみが公開されたのだが…

岩手ポケモン


足の部分が画像編集ソフトで透過したような市松模様になっているという、予期せぬ方法で「足を見えなくした」事が話題になり、Twitterでは早速「イシツブテ」がトレンド入り。
「これじゃ浮いていてもじしんが通じる訳だ」と妙な所で納得する声も。

pixivでは早速、イシツブテ以外のポケモンやキャラクターの一部分を「透過」させたイラストが投稿されるようになった。

チリーン(着ぐるみ)
透明


足は見えない。存在しない。いいね?

後にポケモン全国展開の一環でコラボマンホール『ポケふた』が公開されたのだが、岩手県のポケふたは全市町村の背景にイシツブテのシルエットが紛れ込んでいる。

主な使用ポケモントレーナー

タケシ/ジムリーダー(カントー)

はじめてのジムリーダー



ツツジ/ジムリーダー(ホウエン)

センシティブな作品



関連イラスト

[074]イシツブテ「まるくなる」
イケツブテ



関連タグ

ポケモン一覧 いわタイプ じめんタイプ

キヅール

ボーイのJ旅 盛岡


岩手県に本拠地を置くJリーグチームグルージャ盛岡のマスコットキャラクター。とある特徴から、着ぐるみの製作者が同じではないかともっぱらの噂。

関連記事

親記事

いわタイプ いわたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イシツブテ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1251645

コメント