ピクシブ百科事典

キャモメ

きゃもめ

うみねこポケモン。図鑑番号278。みず・ひこうタイプ。とくせい「するどいめ」、「あめうけざら」(隠れ特性)。
目次[非表示]

キャモメとは『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。

大海原で・・


基礎データ

ずかん No.278
英語名 Wingull
和名英語風表記(Camome)
ぶんるい うみねこポケモン
タイプ みず / ひこう
たかさ 0.6m
おもさ 9.5kg
とくせい するどいめ/うるおいボディ/あめうけざら(隠れ特性)


※するどいめ:「命中率」が下がらない(バトル時)
      手持ちの先頭にいると、自分より低い野生ポケモンが会いにくくなる(フィールド時)
※あめうけざら:天気があめが ふりつづいている状態のとき、最大HPが毎ターン16分の1ずつ回復する

進化

キャモメペリッパー(レベル25)

とおりますよ



概要

ポケットモンスター ルビー・サファイア』(第3世代)に初登場したポケモン
名前の由来は、「キャット(ウミ『ネコ』)+カモメ」。英語名のWingullはカモメの翼を意味するGullwing(ガルウィング)を逆さまにしたもの。
ウミネコともカモメともいえる姿をしたポケモン。目が一本線。


長いクチバシはエサを獲る時に便利。クチバシでエサや大事な物を挟み、色んな場所に隠す習性。海辺の切りたった断崖絶壁に巣を作り、冬は巣の周りにエサを隠す。
細長くて大きな翼で海からの上昇気流を受け、羽ばたかずに大空へ舞い上がり、グライダーのように風に乗って海上を滑空する。長い時間羽ばたくのは苦手で休む時は翼を折り畳む。骨は軽さのためにスカスカ。

キャモメが飛び交う海の下はさかなポケモンが群れているので漁師はまずキャモメを見つけると言う(=「鳥山」)。アローラ地方のキャモメは大好物のヨワシを探すため旋回している。

ゲームにおける特徴

素早さが進化前にしてはかなり高い。
他はそれほど高くないが、ステータスは特殊寄り。
一方、同シリーズで初登場のスバメはキャモメと同速であり、
その他のステータスも物理寄りにシャッフルしたような配分のため、スバメとは対の存在だと思われる。

シナリオでもハギ老人の手持ちとして登場する。NNはピーコちゃん
そこ、スバメをおすぎちゃんとか言わない。

「ルビー・サファイア」での初登場以降、波乗りをしているとメノクラゲと共に飛び出してくる定番ポケモンとなった。

なお、「エアスラッシュ」や「でんこうせっか」は進化キャンセル(つまりキャモメのまま)でないと覚えられらない。

何気にギャラドスと同じタイプであり、真っ向な進化をすればオオスバメ同様すばやさ重視のステータスで、
速攻型の立派な特殊アタッカーとなる…はずだった。理由は…お察しください

劇場版

劇場版ポケットモンスターでの出演も野生のポケモン役として出番が多い方だが、『ミュウツーの逆襲EVOLUTION』では本編の登場はないものの、ボイジャー(ポケモン)がこのポケモンに因んだ諺を述べたり(リメイク前の同台詞では「カモメ」だったため)、宣伝ポスターとEDクレジットに使われたスペシャルイラストで実際に登場していることから、間接的ながら第三世代以降のポケモンで唯一の出演を果たした。技を含めればエナジーボールリーフストームも登場している。

関連イラスト

ヒッチコック
ツイッターが重いときに表示されるあれ


+ 海鐘 +


関連タグ

ポケモン一覧 みずタイプ ひこうタイプ
鳥ポケモン カモメ うみねこ

関連記事

親記事

鳥ポケモン とりぽけもん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キャモメ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 512786

コメント