ピクシブ百科事典

ポケモンUSUM

ぽけっともんすたーうるとらさんうるとらむーん

正式名称は『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』。ポケモンシリーズ七世代目のソフトの一つであり、2017年11月17日に全世界で同時発売。
目次[非表示]

伝説のポケモン・ネクロズマの謎を巡る、光と闇のウルトラな冒険が始まる

商品情報

機種ニンテンドー3DS
ジャンルRPG
発売日2017年11月17日()
販売元 任天堂
発売元 株式会社ポケモン
開発ゲームフリーク


ウルトラサン・ウルトラムーンロゴ


シンボルマーク

概要

ポケモンシリーズ恒例にして、2008年発売の『プラチナ』以来およそ9年ぶりに登場するポケモン本編のマイナーチェンジ版。
今回は1バージョンのみではなく、『サン』『ムーン』から引き続き『ウルトラサン』『ウルトラムーン』の2バージョンでの発売となる。

サン・ムーン』では登場しなかったポケモン・Zワザ・着せ替えアイテム・髪形の種類など、多くの新要素が追加され、各町にも新たな施設が増設されている。
前作『ポケモンBWポケモンBW2』のような続編という形ではなく、『サン・ムーン』のシナリオをベースに、序盤から変更や追加要素を加える形で肉付けされているパラレルワールド的な要素の強い作品である事が言及されている。
主要人物達の手持ちポケモンの一部やキャプテン達の試練も一新、さらに100のサブイベントが用意され、シュールなものから考えさせられるものまで様々ある。

ウルトラサンムーン楽しみですね


主人の基本となる衣装も、これまでのマイナーチェンジ版と同じようにから変更されている。
今作では歴代で初めて初期髪形も新しいものになっている。
(余談だが、主人公の通称について他に類を見ない混乱が起こった。詳細はSM♂主SM♀主にて)

発売日はSM発売から1周年前日の11月17日である。この日はアニメ版『サン&ムーン』放送1周年の日でもある。ゲーフリの大森氏によると、この作品が「3DS最後となるポケモンのRPGとなっており、3DSの限界に挑戦、3DSでのポケモンの集大成である」との事。

また、12月1日から翌年4月まで『ウルトラ!ゼンリョク!幻のポケモンをもらおうキャンペーン』が催され、本編で使えるアイテムは勿論フーパメロエッタマナフィが協賛するグッズを購入してオマケカード等に記載されたキャンペーンコードをサイトに登録、表示されたワードを明記してゲームに入力すると貰える。ひとつだけでも最初がマナフィなので損はない。SMでも受け取りは可能である。

19年1日8日13:00~9月3日8:59まで、ナゾの実を含むトクベツな実5つをゲームにネット通信で配布する。これはサン、ムーンでも一個のソフトで1回のみ受け取れる。

新キャラクター

センシティブな作品


ネクロズマに光を奪われたという異世界から来た集団。
『ウルトラサン』と『ウルトラムーン』で中心として描かれる人物が異なり、共通点として手持ちにウルトラビーストを入れている。序盤から現れ、主人公ともすぐに邂逅を果たしている。

悪ボスまとめ3


「ウルトラホール」によって時空を超え、ロケット団のサカキを中心に歴代の悪の組織が手を組んだ集団。

新ポケモン

前作では出現しなかった過去作のポケモンも多数追加。『ORAS』の要素も復活しゲーム内で出会える種類はなんと400種類以上にもなる。また一部バージョン違いがあるが過去作の伝説ポケモンが全て登場する。

この冬、究極が来る


今作のパッケージを飾るポケモン。
ソルガレオルナアーラ、それぞれを取り込んだネクロズマの新たなる姿。

Dusk Lycanroc


昼と夜の中間に位置するルガルガン第3の姿。
早期購入特典で配信される特別な(特性:マイペースの)イワンコだけが進化できる。


UB:BURST
UB:LAY
UB:STICKY
ポケモン まとめ


サン・ムーンでは登場しなかった未知のウルトラビースト
同世代で完全新規のポケモンが追加されるのは、シリーズ初の試みとなる。

新システム

アローラフォトクラブ

好きなポケモンと一緒に、またはポケモン単体の写真を撮れるポケモンXYの「トレーナープロモ」に近い要素。
背景、衣装、アングルなどを自由にアレンジできる。
施設に行かなくてもポケモンが進化した後など、ロトム図鑑から記念撮影をするかどうか尋ねられ、その場で行える場合もある。

マンタインサーフ

新たに登場するライドポケモンであるマンタインの背中に乗りサーフィンを楽しむことができる。
定期船やリザードンフライトで飛び越える事しかなかったアローラの大海原を遊泳して島と島の間を移動しつつ、多くのテクニックを決めてスコアを競うミニゲームになっている。ポイントはBPとして技や道具と交換できる。スライドパッドを駆使してのテクニックが要求される。

ウルトラワープライド

伝説のポケモンであるソルガレオルナアーラのどちらかに乗り、別の世界に通じるウルトラホールの中を移動することが可能。前作ではウツロイドのウルトラスペースに一回赴くだけであったが、今作では各UB固有のウルトラスペースや、過去の伝説ポケモンのいる場所に行くことが出来る。
一種のライドポケモンのような位置づけで、上記のマンタインサーフのようにミニゲームにもなっている。

ロトム図鑑DX

人機一体ならぬポケ機一体のデバイス・ロトム図鑑と前作よりも綿密にコミュニケーションを行えるようになり、会話や触れ続けて仲良くなると過去作のデルパワー・Oパワーと同じ効果を持つアイテム「ロトポン」を出してくれたり、戦闘中たまにZワザを再度使えるようにしてくれる。ユーザーの対応次第でロトムの性格も少しずつ変化していくらしい。
また、別売りの玩具はシリーズ初の「ゲームと連動」する機能を有しており、図鑑やバトルで出ているポケモンの情報を解説する事が出来る。

ヌシール

アローラ地方のあちこちに貼られたシールを集め、その数に応じて強敵・ぬしポケモンを仲間にして共に戦う事ができる。シールは至るところに貼られており、取得には道具が必要な場合もある。
ソフトによって入手できるぬしポケモンが異なっており、USではデカグースラランテスアブリボン、UMではアローララッタエンニュートジャラランガを入手できる。

バトルエージェント

サングラスを身に着けた「エージェント」となり、気軽にレイド形式の勝負を楽しめるフェスサークルの新しい施設。それぞれ3人のトレーナーが強力なポケモンを1体レンタルし、各自の判断や連携を駆使して勝ち抜きのシングル戦を行っていく。

余談

発売前の宣伝内容や主人公の見た目変更等から『BW2』のような続編を期待したユーザーが多く、「マイナーチェンジだと知ってガッカリした」「続編だと思わせたのは商法上問題があるのでは?」等の批判があちこちで聞かれた。また、シナリオが長い点でも不評を買った。歴代から見て高い難易度は賛否両論である。

次回作『ソード・シールド』からは、メガシンカが使えなくなった(増田順一氏のフォローからシステムそのものの廃止ではない模様)上、全てのポケモンをゲーム内に実装出来なくなる事が明言された。
そのため本作は「3DS最後のポケモンRPG」であると同時に「その時点で登場している全てのポケモンが使用可能な最後のポケモン作品」となった。

現状、ウルトラネクロズマと冒険できるのはこの『ウルトラサン・ウルトラムーン』のみである(ポケモン剣盾ではウルトラネクロZが手に入らないため)。
現状DLCも含めて続投していないため、1世代どころか1ソフト限定ポケモンとなってしまった。
果たして、ネクロズマが再び光輝く日は来るのだろうか…

関連動画



関連タグ

ポケモン ポケモンSM
GSC:同時に発表されたVC。もちろんポケモンバンク対応。

その他のシリーズのタグ


外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

ポケモンSM ぽけっともんすたーさんむーん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ポケモンUSUM」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ポケモンUSUM」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7416048

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました