ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0800*
分類プリズムポケモン
タイプエスパー / はがね
高さ3.8m
重さ460.0kg
特性プリズムアーマー
Zワザサンシャインスマッシャー

他言語版の名称

英語Dusk Mane Necrozma

概要

光に飢えた黒き存在・ネクロズマが、太陽の使者と呼ばれるソルガレオを飲み込み一体化してしまった姿。通称「日食ネクロズマ」


かつてのキュレムを彷彿とさせる吸収合体のポケモンであるが、その容姿は両者が混ざり合ったブラック/ホワイトキュレムのものとは異なり、ソルガレオの身体にバラバラになったネクロズマが強化アーマーのような形で食い込んだフォルムとなっている。


背中からは元々の大きな腕がレーザー発射器官を兼ねた副腕として飛び出し、側面からは二つに割れた元・後頭部が加速ブースターとして出現する等、元々似ているとネタにされていたライガーゼロ等のゾイドにより近い姿となった。


実際、その性質は「融合」と言うよりは「寄生」に近い。

身体の形こそソルガレオをベースとしているが、主導権はほぼ完全にネクロズマが握っている。

ネクロズマがパワーを得るために肉体は常に発光させ、その身体からあふれ出る光エネルギーを常に吸収して飢えを満たし続けている状態にある。


しかし、合体によってソルガレオ単独よりも高い攻撃力を発揮するとして公式サイトなどでは宣伝されており、実際の攻撃力も高め。

発光しているその姿はソルガレオの「ライジングフェーズ」にも似、彼の専用技であるメテオドライブサンシャインスマッシャーも使える。


性能

形態HABCDST
日食ネクロズマ9715712711310977680
ネクロズマ971071011278979600
ソルガレオ1371371071138997680
ソルガレオとの能力差-40+20+20±0+20-20±0

伝説のポケモンらしく、HP・素早さを除く全能力が100以上で、特に攻撃に関しては157とポケモン全体でもかなりの高水準。

一方でネクロズマが被さった分重いのか、素早さは77と伝説ワーストクラス。

公式サイトには光を放つ能力をブースターとして加速に用いる事で推進力を生むと記述されてはいたのだが、どうもこの能力は攻撃力に割かれているらしく、瞬発力を生んでくれるような能力では無かった模様。

耐久力に関しては耐性が最も多いタイプであるはがねと複合した事と、弱点軽減のプリズムアーマーが重なる事で安定している印象になった。


合体系のポケモンに漏れず、技は元となるネクロズマ依存。

前述の通り「メテオドライブ」を新たに習得できるようになっており、合体時にちゃんと習得するかを聞かれるので、2世代前のアレみたいに勝手に技が置き換わる不都合は無いためご安心を。

しかし逆に言えば分離する度に技を忘れてしまうと言う裏返しにもなるためポイントアップを使う場合は都合が悪いと言う欠点でもある。

ロトムと違いゲーム上に一体までしか作れないのでこの点は非常に不便。


相性補完の上ではウルトラネクロズマ型にするにあたって相性の良い形態と言われている。

単体で見た場合はソルガレオで足りなかった攻撃の上昇が大きく、これによりゼルネアスでもメテオドライブで容易に確1を狙いやすい。

素早さの遅さは逆に自力で習得するトリックルームで活かしやすいと言うメリットになるため総じてゼルネアスに対して圧倒的優位を取れる形態と言える。


更に特性の効果も優秀に働き、4倍弱点が3倍弱点になる程度で耐久低下のデメリットばかり目立つ月食と異なり、弱点はそこそこ多いがどれも2倍の日食にとって弱点技に対する耐久力上昇に繋がる為、下がったHP分による耐久低下のデメリットを補えてると言える。

特にサブでもメジャーなじしん程度は余裕で耐えられるのは嬉しい限り。


一方でゲンシグラードンを始めとした90族に対して上を取れないのはかなり痛く、これらに対して上を取りつつゼルネアスに圧力を掛けるならソルガレオの方が優秀。

一応「りゅうのまい」を覚えるので素早さは多少補える。一回積んでもドラパルトを抜けないのは少々気がかりだが。

また技不足も深刻であり、サブウエポンはソルガレオにあった電気技や格闘技、炎技が無い。此方は地面技や無駄に揃っている岩技、竜技程度しかない。

補助技はソルガレオの最大の特徴と言えるワイドガードを習得しないが、代わりにステルスロックを習得するといった具合。


世代毎の変遷

第八世代の伝説戦ではダイマックスとの相性が注目され、ウルトラネクロズマに変身できなくなった点を吹き飛ばす程の活躍を見せた。

ダイマックスによる高HPとプリズムアーマーによる耐久性、ダイスチルとダイアースの併用による要塞化もあって極めて堅牢なポケモンに変貌。ダイマックスの解除後は「あさのひざし」で回復したり、耐久力を武器に「りゅうのまい」を積みまくるなど、やりたい放題をやってのけた。


使用トレーナー

ゲーム版

※『ポケモンマスターズ』でマジコス時のバディ


番外作品

ポケモンマスターズ

「美しき真実の愛が放つ 天焦がす滅亡の光!」

マジコスルザミーネのバディとして登場。

パシオに現れ、その力を欲したブレイク団の攻撃により怒り、パシオの光を食らおうとしたが、同じ過ちを繰り返さないと決めたルザミーネの説得と彼女とのバトルを通して彼女をバディとして認め、バディストーンの力により大丈夫な状態になる。

なお、飲み込まれたソルガレオはポケマス主人公がバディとなった個体かは不明。


アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

  • サン&ムーン88~90話
    • ロケット団の特殊部隊「マトリ・マトリックス」と駆けつけたソルガレオに阻まれた事であかつきのつばさからルナアーラと分離し海に落ちた後、すぐさま浮上してソルガレオを取り込んでたそがれのすがたとなり、ソルガレオを取り込んだ状態でウルトラホールへと去る。
    • その後回復したルナアーラと共にソルガレオを救出に来たサトシたちのZパワーを浴びてソルガレオと分離する。

漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

14章で登場。ポニの祭壇に突如として出現した巨大な空間の裂け目からネクロズマがソルガレオをさらって一体化し、「たそがれのたてがみ」の姿となってウルトラメガロポリスに帰還。

半年後にウルトラメガロポリスでソルガレオと分離し、ルナアーラを取り込んで「あかつきのつばさ」の姿に変わる


余談

日食ネクロズマの体重は、ソルガレオ(230.0kg)とネクロズマ(230.0kg)の合計になっている。


はがねタイプで唯一、剣盾で初登場した技てっていこうせん」を覚えられないポケモンである。エスパー単タイプなので当然と言えば当然なのだが。


関連イラスト

センシティブな作品

この冬、究極が来るUSUM


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモンUSUM

ポケモン一覧 伝説ポケモン フォルムチェンジ

エスパータイプ はがねタイプ


0799.アクジキング0800.ネクロズマ/たそがれのたてがみ/あかつきのつばさ/ウルトラネクロズマ→0801.マギアナ


第3伝説


ウルトラビースト


同複合タイプ


ポケモン関連



その他

日食    日輪

関連記事

親記事

ネクロズマ ねくろずま

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58917

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました