ピクシブ百科事典

ゲンシグラードン

げんしぐらーどん

ゲーム「ポケットモンスター」シリーズに登場するゲンシカイキポケモン。
目次[非表示]

基礎データ

図鑑番号No.383
分類たいりくポケモン
タイプじめん/ほのお
たかさ5.0m
おもさ999.7kg
とくせいおわりのだいち


概要

たいりくポケモンのグラードンゲンシカイキした姿。
オメガルビー』のパッケージを飾る重要なポケモン。

ゲンシグラードン


ゲンシカイキする事によって、全身にみなぎるエネルギーが超高温のマグマと化してあふれ出し、体の組織も流動し強い光を放つマグマ状へと変化。

赤く分厚い表皮はルビーのような質感で輝くようになり、その身からは常時凄まじい高温を放しているため、周囲には陽炎が揺らめいている。
また「Ω(オメガ)ルビー」の名の通り、体に刻まれた模様が「Ω」に見える形状へ変化している。

こちらも相方程ではないが1m以上巨大化する。
重さもついに1tスレスレになるが、それでも1tは越えていない。
(体重については、ポケモンSMコスモウムテッカグヤに僅かに追い抜かれることとなった)

色違いのグラードンでゲンシカイキすると、黒いレックウザを彷彿とさせるような黒色になり、
爪が色違いグラードンと同じ黄色になる。

ゲームでの性能

HABCDS合計値
グラードン1001501401009090670
ゲンシグラードン1001801601509090770
上昇値±0+30+20+50±0±0+100


タイプはほのおタイプが追加され複合タイプとなる。
ほのおタイプが追加される事により、特性や一致技を十二分に活かせ、物理アタッカーとしては受けたくないおにび(と言うよりやけどそのもの)を無効にし、これまでの最大の難点であったくさむすびや溜め無しソーラービーム等も等倍に抑える等、メリットが非常に多い。
反面みずタイプが4倍弱点となってしまうが、特性によってこれを克服している。
ヒートロトム以降の特性により4倍弱点を無力化できるポケモンである。

ゲンシカイキすることにより特攻が大幅に上昇し、攻撃・防御もこれに追随するように上昇する。
さすがにメガミュウツーXには劣ってしまうものの、グラードンは高火力の一致技に恵まれている為、物理攻撃面では上回っていると言っても過言では無い。
この攻撃力で繰り出される専用技・だんがいのつるぎは強力無比。

ほのおタイプが加わり特攻が大幅に上昇したことで、高威力の特殊ほのお技をメインウェポンとして採用できるようになった。(物理ほのお技の最高火力はほのおのパンチ止まりである。)
加えて水タイプに対する役割遂行技兼弱点対策のソーラービームも採用しやすい。
特攻150はレシラム他、禁止伝説級特殊アタッカークラスの特攻である為、無振りであっても並の特殊耐久の相手ならば一撃で蒸発させられる。

特性は初登場にして唯一となるおわりのだいち
最大の特徴として、自分がいる間みずタイプと天候変化を完全に無効化してしまう
故にゲンシグラードンに天候を取られると非常に突破が辛くなってしまう。みずタイプの技が効かないので実質弱点はじめんタイプのみとなるのだが、じめんタイプの技は物理技が多く、またじめんタイプ自体も特攻の高いポケモンが多くない。

何せHPの種族値が100・防御の種族値が160である為、生半可な物理じめん技では倒しきれないのである。
どれ位硬いかと言うとガブリアスの特化・一致じしん(シングル)ですら無振りでも余裕で耐えてしまう程。ゲンシグラードンが防御特化だとそれに加えてハチマキを巻いても倒せない。

欠点は特防・素早さが一切変化していない事…
なのだが、先述の弱点の少なさのせいでD90のはずなのに等倍弱点では中々落ちない。
素早さ90も「場に出た瞬間ゲンシカイキする」仕様故に「低い方が天候を取り易くなる」為に、
完全なデメリットになっておらず、むしろメリットと捉えられることのほうが多い。

ゲンシグラードンを突破するには極端に言えばゲンシカイオーガレックウザメガレックウザ)で天候を奪うか、無力化するしかない。
但しゲンシカイオーガの場合先手を取ってしまうと一致技が通らないために不利になるので注意。
メガレックウザの場合はタイプ補完のじしんでは一発では倒し切れないため、
対策にたきのぼりを採用したり、采配やみずタイプの相方に任せる事になる。

また、後出しこそ出来ないものの、素早さに努力値を振ったゴルダックならばノーてんきからの一致水技(例えば「特攻に振っていないなみのり」で一撃)で倒せる。
また、環境にもよるがゲンシグラードンは素早さを調整していたり振っていないことが多い為、
素早さに振った特殊ゲンシグラードンを採用し「だいちのちから」でゲンシグラードン対策をするトレーナーも見られた。

性格は特殊一辺倒になりがちなゲンシカイオーガと違い、物理型・特殊型・両刀型と様々。
物理型は「勇敢」「意地っ張り」の採用が多く、特殊型は「臆病」が採用されやすいが、一番多い性格は、高い物攻を活かせて初手の天候合戦に勝てる「勇敢」(最鈍)である。

戦闘BGMは、RSE時代のものをアレンジしたもの。
アレンジの一部に原曲が入っていて、かなり凝っている。
https://www.youtube.com/watch?v=l_dqAVpGqVo

アニメにおいて

スケール感が大きく、場面によっては数10mほどのサイズに見えることもある

最強メガシンカ

Ⅱにて、メガシンカエネルギーを放つ伝説の巨石の出現、それに伴うレックウザメガシンカに呼応してカイオーガと共に活動を開始。

Ⅲでは、ホウエン沖に出現した巨石の元にゲンシカイキして来襲。同じように巨石の力を狙っていたゲンシカイオーガや、彼らが巨石の力を手に入れることを阻もうとするアランメガリザードンXと交戦。
アランのリザードンをほとんど寄せ付けずに倒すなど伝説に恥じない圧倒的な実力を見せる。
しかし、同じように巨石を狙って現れたメガレックウザとの激戦の末、レックウザのガリョウテンセイによってカイオーガと共にゲンシカイキ解除までに追い込まれ敗れた。

映画『光輪の超魔神フーパ

フーパの影によって他の伝説ポケモンと共に強引に呼び出され、闘争本能を操られてサトシと本物のフーパ達に襲い掛かる。
…のだが、呼び出された伝説ポケモンの中で唯一飛行能力を持っていなかった為、
攻撃らしい攻撃は陸上からビーム系の技でのみ行うことになった。しかもとある場面では
一緒に操られていたホワイトキュレムに攻撃がうっかり当たってしまい、あろうことか
そのまま反撃されて氷漬けにされるというある意味可哀想な事態に。
ホワイトキュレムが凄いのかゲンシグラードンが弱いだけなのか…
相棒のカイオーガは何故か空を飛んでいたが、グラードンは飛べないため
操られた状態から元に戻った後に皆が帰還する中、一人徒歩で帰っていった

なおアニメ版では某有名守護神獣の声になっている。
ゲンシカイオーガの咆哮と聴き比べると、体型からしてどう考えても逆である

ポケとるでは

こちらでも登場。ただし通常グラードンとは別扱いである。
よって通常グラードンとゲンシグラードンを並べて一緒に戦わせる芸当も可能。

なのだが、一番恐ろしいのはそのゲットへの道のり。
今作のゲンシグラードンはエキストラステージに出現し、そちらでは手かずではなく制限時間で
ゲット確率を測るのだが、こいつの制限時間は何とわずか30秒
つまり30秒の間にベテラン勢も極悪と評するオジャマを掻い潜るかオジャマガードで阻むかして
ゲンシグラードンの数千にも及ぶHPを削り切らなければならないのだ。
幸いじめんタイプなのは変わっていないため、
通常グラードンとの戦いで有効だったタイプがそのまま通る。
攻略に最も適するのはゲンシカイオーガ。特性いわはじきαで凄まじいダメージを期待できる。
初期のこうげきりょくは90、特性はバリアはじきΩ。

関連イラスト

紅色の衝撃
オメガルビー


グラードン
ゲンシグラードン



関連タグ

ポケモン 伝説ポケモン じめんタイプ ほのおタイプ
マグマ 大地 猛暑 酷暑

バーニングゴジラ融帝ダクラウ 凄まじいマグマエネルギーを漲らせるモンスター。
グラン・ミラオス - 水属性が通用しない、全身にマグマ(のような物)が流れている、強力な火属性の使い手、大地を創造する巨人など共通点が存在する。

関連記事

親記事

ゲンシカイキ げんしかいき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲンシグラードン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 658853

コメント