ピクシブ百科事典

クチナシ(ポケモン)

くちなし

クチナシとは「ポケモンSM」に登場する人物である。
目次[非表示]

「おじさん しまキングなのよ だから 相手しなよ」
「ニャースたちは いいよな 他人のこと 気にしなくてよ」

概要

ポケモンSM」の登場人物のひとり。
名前の由来はアカネ科クチナシ属の植物の梔子。英名のNanuはハワイ語でクチナシを意味する。

猫背でくたびれた雰囲気の、目の周りにクマが出来ている冴えない中年男性に見えるが、歴とした警察官。一人称は「おれ」だが、時々「おじさん」と自称することもある。

初めて登場するのは、スカル団に占拠されたポータウンに続く扉の前。主人公にスカル団と関わるにあたっての覚悟があるかを問うてきて、覚悟があると答えれば閉ざされた扉を開いてくれる。
その後グズマが数人の精鋭を率いてエーテルパラダイスに向かった際、グラジオと共にマリエシティの港から彼らを追って出航しようとしていた主人公を直前で引き留め、その時に初めて自分がウラウラ島のしまキングであることを明かす。
(ちなみに、大試練の開始前にバトルを断るとちょっとあざとい文句が聞ける)

元より、ポータウンのイベントを経て主人公の度胸とバトルの実力を認めていたクチナシは、しまキングの一人としてウラウラ島の大試練を終えた後、これまでの無表情はどこへやら、非常に満足気に笑いながらポケモンを回復してくれる。また、Zクリスタル継承のときにはいまいち微妙なゼンリョクポーズ(本人は大真面目)まで披露する(この時のグラジオの表情にご注目)。
立ち去り際、主人公へ大試練達成の祝いの言葉を述べる一方、スカル団の用心棒を務めているグラジオには「強くなりたいのならスカル団を頼ってどうするよ?」と問いかける形で忠告した。

普段はポータウン近くのポー交番に勤めており、ここに何匹ものアローラニャースを保護している(手持ちのアローラペルシアンもそのうちの1匹だったかどうかは不明)。マップ中には登場しないので訪れることはできないが、アセロラとのやり取りからして自宅もポータウンにあると思われる。スカル団に占拠されたこの街にわざわざ住んでいるのは、本人曰く「家賃が安いから」とのことだが、アセロラはスカル団の見張りをするためだと考えている。また、彼女からは「(家賃に困っているなら)保護しているポケモンをエーテル財団に預ければいいのに」とも言われたが、クチナシは自分でニャースたちの面倒を見ることを選んだようだ。

主人公のことは男の子なら「あんちゃん」、女の子なら「ねえちゃん」と呼ぶ。その他の相手への
二人称は基本的には「おまえさん」あるいは呼び捨てだが、同じしまキングのハラのことは「ハラのだんな」、かつての同僚だったハンサムのことは「テメー」と呼ぶなど、特定の相手に対しては使い分けているのが確認できる。

しまキングという立場にあるものの「やらされてんだ」「しまキング・クイーンの会議を忘れてた」といった発言からその役目を熱心に全うしようとしているとは言い難く、ハプウのように志して任命されたわけではない可能性が高い。それでも、自分を選んだウラウラ島の守り神カプ・ブルルのことは「守り神さん」(※アニポケでは敬称を付けていない)と呼び、ウルトラビーストをどうにかしないとどやされるとこぼしたり、アニポケでは大試練を始める前に供え物と祈りの言葉らしきものを捧げたりしているなど、崇めるとはいかないまでも多少は彼なりに畏敬の念を持って接している様子。
このように立場に縛られるのを好まないことの表れか、四天王への勧誘もあったそうだが辞退している。代わりに四天王に就任したアセロラによれば「カプに選ばれたならともかく、人に選ばれての四天王はごめんなんだってー!」とのこと。

「静かに暮らしたい」などとこぼし派手な所は苦手としているのか、SMにおいて主人公がチャンピオンになった際のお祭りでは、他の参加者の輪に加わらず物陰でゼンリョクポーズをしてから主人公の前に姿を現し、彼(彼女)に何やら二言三言告げて会場を後にする
(ただしUSUMでは物陰にはおらず、他の参加者同様舞台の上でゼンリョクポーズをしており、前作の彼のポジションにはマツリカが収まっている)。

一見ドライで人嫌いなように見えるが、リラからは尊敬され、スカル団の面々やアセロラにも信用されていたり、プライドが高くワガママと言われているアローラのニャースやペルシアンを手懐け、何よりカプからしまキングに任命されていたりする辺りを見ると、人望はかなり厚く、本人も人情派な性格のようだ。SMの殿堂入り後のウルトラビースト編でも色々と協力してくれる上、ストーリーを進めていくとグラジオやプルメリにZリングを与えたのもクチナシだと判るほか、USUMにおいてはポニ島の先代しまキング亡き後、ポニ島の大試練も代行していたことがマツリカの口から語られるなど、面倒見の良さが窺い知れるエピソードも少なくない。

なお、彼はゲームのポケモンに於いて初めて明確に登場した警察官である。一応、初代の頃から警察官は存在しており、モブトレーナーとしてもちょくちょく出てきているが、アニメのジュンサーのように組織として機能しているような描写はなかった。ちなみにアローラの各所には交番があるが、アニポケのように女性警察官の姿は見られず主に男性警察官が働いている。
警察(官)に付きものの動物といえば、一般的には犬(ポケモン世界であればガーディや、実際にアローラ警察のマスコットとして像が置かれているグランブルといった犬モチーフの種族)というイメージが強いが、クチナシは何匹も保護していたりエースとして用いたりしているところから見て猫モチーフであるアローラニャースの系統が特にお気に入りなのだろう。USUMにおいては、島めぐりをしたいという少年に、御三家のタイプになぞらえた性格の違う3匹のアローラニャースから1匹をパートナーとして選ばせようとしており、そこに出くわした主人公が成り行きで少年にアドバイスをすることになる、というサブイベントも発生する。


外見

灰色の短髪に、常夏のアローラ地方にはそぐわないほど青白い肌をしており、据わったような目からは不自然なほど赤い瞳がのぞいている。
警察官の制服を着用しているが、ジャケットの下に赤いキーネックシャツを着ており、Zクリスタルをペンダントのようにして身につけていたり、靴ではなく突っかけサンダルを履いていたりするなど、他のモブ警察官と比べるとかなり大胆に着崩しているのがわかる。また、制服ジャケットの左側の襟には謎の切れ込みが入っている。


過去

元・国際警察の捜査官であり、リラのかつての上司。
現在は国際警察を引退し、単なるいち警察官ではあるが、かつてはハンサムに匹敵するエリート捜査官だったと言われている。
ハンサムの事情を考えると、クチナシの方が先輩であると思われるが、彼からは「テメー」呼ばわりされたり「昔少しな…」と言葉を濁されたりしており、リラに比べるとやや複雑な関係の様子。
国際警察を辞めた理由は不明だが、彼女の扱われ方についての発言を見る限り、組織の体質に不信感を抱いていた節がある。「静かに暮らしたいんだがな」という呟きは、そうした壮絶な過去の経験から来るものなのかもしれない。

かつてのスカル団は、しまキングを中心とした集団だったという情報から、何らかの形でクチナシも関与していたのではないかと推測できる。

詳しくは → グズマ

手持ちポケモン

サン・ムーン

シリーズ4人目となるあくタイプ使い。

SMならストーリー中の「(島めぐりの)大試練」と、殿堂入り後の「ウルトラビースト捜索イベント」の計2回戦うことになる。

初回


2回目

ウルトラサン・ウルトラムーン


USUMでは、ウルトラビースト編が無いため殿堂入り後に戦う機会がない。ムーン版でのみ、大試練に加えてマツリカの試練の一環でもう1度バトルすることになるが、サン版でクチナシと戦う機会は大試練が最初で最後となる

初回

  • ヤミラミ(Lv.43♀)
  • ワルビル(Lv.43♂)
  • アローラペルシアン(Lv.44♀)

2回目(※UMのみ)
  • ヤミラミ(Lv.52♀)
  • アブソル(Lv.52♂)
  • アローラペルシアン(Lv.53♀)


警察官の肩書に似合わない手持ちと思われるかもしれないが、「善悪があるのはポケモンではなくトレーナーである」という証明とも考えられる。 第7世代初出のポケモンは出してこないが、そもそも新規のあくタイプはガオガエンアクジキングだけである為、御三家やUBを手持ちにするわけにはいかなかったのだろう。

なお、SM・USUMいずれにおいても、前述した所定のイベントを終えた後は他のしまキング・しまクイーン達とは異なり再戦の機会が一切無くなる。その上チャンピオン防衛戦やバトルツリーにも登場しないため、クチナシとバトルをする機会は最大でも2回しかない
(※ただしあくまで彼とのバトルの機会が無くなるというだけであって、SMにおいての殿堂入り後のリーリエや再戦イベント後のスイレンのように会えなくなってしまうわけではない。)


アニメにおいて

CV:相沢まさき

サン&ムーン第73話にて初登場。過去作のあくタイプつかい達はいずれもアニメには登場していないため、実にアニポケ放送開始21年目(あくタイプが原作ゲームに追加された年から数えれば19年目)にして初のあくタイプ専門トレーナーの登場である

警官兼ウラウラ島のしまキングを務めており、アセロラと親しい間柄という点は原作通りの設定とキャラクターになっている。彼曰く「親のいないアセロラの面倒を見てやってる」らしいが、試練を面倒がったことを咎められタジタジとなるなど、何だかんだ彼女には頭が上がらない様子。
『アニメディア』2018年6月号で組まれたアセロラとの関係についての特集によれば、彼女のことは「面倒くさいが大切」と思っているといい、お互い相手を想う愛情の深さと絆の強さは本物のようだ。

原作からの最大の改変点は、ロケット団のボス・サカキとは旧知の仲というアニメ独自の設定が追加されていること。電話で久々に話した際も、彼が名乗らなかったにもかかわらず即座に気が付いた…が、その際の雰囲気は全く和やかなものではなく、旧知の仲というよりむしろ因縁浅からぬ仲であることを示唆する描写が見られた。
その他の差異は、交番に原作の倍ほどの数のアローラニャースがたむろしていること、暇つぶしと称してけん玉を弄んでいること、手持ちをハイパーボールではなくモンスターボールに入れており投げ方もニヒルなスタイルではないこと、カプ・ブルルを「守り神」と呼び捨てにしており「さん」付けしていないことなど。
加えて、原作と比較するとちゃらんぽらんで面倒がりな面が強調されているほか、表情がよく動く点も目立つ。前者は勤務中なのに交番を抜けて昼寝をしようとする、他ならぬ自分自身を探している相手にしまキングは不在だとウソを教える、といった言動に、後者は第74話Cパートでニャースたちの注目を浴びながらけん玉の技を成功させまんざらでもなさそうに笑うシーンや、第76話でサン&ムーン名物(?)の変顔をしっかり披露しているシーンに表れているといえる。


第73話では、Zパワーリングを手に入れるためウラウラ島のしまキングの所在を訊ねようと交番を訪れたムコニャに、当初は"ああいう騒がしい連中とは関わりたくない"との思いから「(彼らが捜しているのが他ならぬクチナシ自身であるにもかかわらず)しまキングさんは武者修行とかで旅に出ちまってる」と大嘘を伝え体よく追い返す。

だが、その後ムコニャに誤って封印を解かれたいたずら者のゲンガー・”ほしがりラプー”が暴れて彼らと対峙しているところにアセロラに連れられ到着。彼女から事情を聴いてコジロウにZパワーリングを投げ渡して授け、彼らはZワザを放ちラプーのKOに成功する。
この一件の収束後、アセロラの発言で嘘が発覚してしまい、騙されていたことを知り怒った三人組が自らの正体をばらしてしまうも、リングを取り上げはせずそのまま彼らに譲った。


第74話では、大試練挑戦のため訪ねてきたサトシと対面を果たすも、「しまキングは自分ではなくもう1人の同僚のことだが今はパトロールに出て留守」とまたも怠慢からの嘘を吐く。しかも、その架空の同僚が戻るまで交番のニャースたちと遊んでやってほしいとサトシに頼んで姿をくらましてしまう。
ちなみに、サトシのことは原作ゲームで男の子主人公を呼ぶ時と同様「あんちゃん」と呼んでおり、後輩のジュンサーからは「クチナシ先輩」と呼ばれていた。

また、サトシが訪れる直前のサカキとのやり取りから「かがやきさま」すなわちウルトラネクロズマについて知っていることが判った(もっとも、ロケット団にその情報を渡すつもりはないようでしらばっくれていたが)。更にアセロラによれば、その正体がウルトラビーストかもしれないと考えているという。

その後、アセロラに“人質”として持ち出されたけん玉を取り戻しに現れたところで再びサトシと出くわすも、試練に挑戦させてほしいとせがむ彼とルガルガンを一瞥し「お前さんたちにはまだ早い」と一旦は断る。しかし、彼女とミミたんに試練を面倒がったことを咎められたのに加え、予備試練として挑戦する実力があるか試してはどうかとの提案を受けたことで、ようやくサトシとのバトルを渋々ながらも行うことに。

バトルにおいてはそれまでの気だるげな雰囲気は一変。ワルビアルを繰り出し、全体を俯瞰しつつ相手の出鼻をくじきまくるような戦いでサトシ達を終始手玉に取る。そして冷静さを失ったルガルガンをカウンターで沈め余裕の勝利を収め、雪辱を誓うサトシに「勝手にしろ」と告げ去って行った。


第76話では、ロケット団にサトシの居場所を訊ねられるが、スーパー・メガやす跡地にいるとまたしてもウソを教えて追い払う。その直後に大試練挑戦の依頼に来たサトシに「スーパー・メガやす跡地にいるミミッキュ連れのトレーナー(=ムコニャのこと)を倒す」という条件を達成すれば受けて立つと言い渡し、アセロラにはサトシに同行して審判を務めるよう指示。そして紆余曲折を経ながらもロケット団に勝った彼を認め、今度こそ本当に大試練を行うことを約束した。


第77話では、ついに大試練を実りの遺跡において「サトシは手持ち1匹だけで自分の3匹を勝ち抜く」というルールのもとで実施する。しまキングとしての実力を見せつけるだけでなく、ルガルガンが成長を遂げたことを見抜きつつも、あえてサトシとの絆や彼の実力を侮り試すような挑発的な言葉を立て続けに投げて煽り、冷静さを失わせることによって自滅を誘おうとする心理戦も展開。ずるいと抗議を受けても「悪タイプのポケモン使いに向かってずるいも何もあるか」と受け流すシーンには、悪くてずるいタイプのエキスパートらしさがよく表れているといえる。しかし最後は、自分をコントロールできるようになっていたルガルガンのZワザにペルシアンのZワザを破られ敗北した。
バトル後にはサトシにアクZを渡そうとしたが、直前で「あんちゃんは悪ってガラじゃねえなあ」と渡すのを止め、代わりにルガルガンZを授ける。サトシがウラウラ島を去る際はアセロラのように直接声こそ掛けなかったものの、船着き場の柱にもたれけん玉を弄びつつ見送っていた。
ちなみにその直後、彼女の「今日のおじさんかっこよかったよ!」という労いの言葉に動揺したのか、得意なはずのけん玉に失敗するなど照れているような素振りを見せている。

Zワザの発同時には、普段はペンダントのように下げているアクZクリスタルを紐から引きちぎってZパワーリングに装着し「全力の悪に飲み込まれちまいな。ブラックホールイクリプス」という口上を述べる。襲い掛かる獣のようなポーズの後に相手に背中を向けるのはアニポケオリジナルの演出である。

なお、第77話までの時点では原作同様元国際警察の捜査官だったかどうか、リラやハンサムとも面識があるかどうかは言及が無いため不明。


アニメの手持ちポケモン

予備試練、および大試練の先鋒として繰り出す。予備試練ではわざとルガルガンを怒らせることでサトシの指示を封じ、暴走したルガルガンの攻撃を軽くいなしながら耐え抜き圧勝。大試練でも同様の戦法を用いるも特訓を経たルガルガンに敗れた。
使用技は「すなじごく」「どろかけ」「カウンター」「かみくだく」。

大試練の次鋒。くろいまなざしでルガルガンの動きを抑えつつじわじわと攻撃していったが、ストーンエッジをくらい倒された。
使用技は「かげうち」「くろいまなざし」「シャドークロー」。
なお、声優は男性だが、性別は原作通りなら♀のはずである。もっとも、♀の個体を男性声優が演じるのはハルカバシャーモムサシメガヤンマなど前例があり別段珍しいことでもない。

大試練の最後の1体。ロトム図鑑は「ぬしポケモンのように(通常よりも体格が)大きい」と評した。Zワザ「ブラックホールイクリプス」で勝負に出るもワールズエンドフォールで相殺されてしまい、直後の隙を突かれ倒された。
使用技は「パワージェム」「あくのはどう」「つじぎり」。


余談

ウラウラの大試練達成後、マリエシティの料亭ローリングドリーマーで「Zカイセキ~オチムシャ~」(4,000円)を注文すると、1日1回限定でクチナシがご馳走してくれる上にハートのウロコを8枚も手に入れることができる。

一部では某映画監督に似ているといわれている。ウルトラムーンの再戦時のカットインでのみ見られる左肩を微妙にあげる仕草は特にそれっぽいとも。

CV担当の相沢氏は、過去作においてアオギリおよびゲーチスも担当していた。

2018年に『ニンテンドードリーム』誌上で実施された人気投票「アローラ総選挙」の登場人物部門では第7位を獲得。ちなみにアオリ文は「人気ナンバーワン中年!悪(あく)で悪(わる)を討つ警察官」だった。同じウラウラ島に住み、本編でも親しいアセロラと併せての投票が多かったとの事。

ボールを投げるスタイルは「ニヒルなスタイル」である。


関連イラスト

ニャースたちは いいよな
クチナシさん



関連タグ

ポケモンSM しまキング・しまクイーン
アセロラ ハンサム リラ

警察 チョイ悪 おじさん 昼行燈 

他のあくタイプの使い手
カリン カゲツ ギーマ

pixivに投稿された作品 pixivで「クチナシ(ポケモン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2269602

コメント