ピクシブ百科事典

ハラ(ポケモン)

はら

ハラとは、『ポケットモンスターサン・ムーン』に登場する人物である。
目次[非表示]

概要

メレメレ島のしまキングを務めている老人で、ハウの祖父。
リリィタウンアローラ相撲の親方を務める。

家にいる人によると、孫のハウに対してはかなり甘いらしい。
昔ハラの本気の形相を見た幼い頃のハウが泣き止まなかったのが原因とのこと。
ハウによるとハラの息子(=ハウの父親)もかなりの実力者らしいのだが、周りからしまキングの息子と見られることに苦労したらしく、現在は別の地方にいるという。
もしかしたらすでに過去の作品に登場した誰かかもしれない

人やポケモンとの出会いがトレーナーの成長を促すという考えを持ち、島巡りに挑戦する子供たちを支援している。
メレメレ島に引っ越して間もなくカプ・コケコから『かがやく石』を授かった主人公の力を見込んで、アローラ御三家のうち一匹を主人公に託す。

アローラ地方でもトップクラスの実力を持ち、メレメレ島の大試練で主人公と対決する。
手持ちはかくとうタイプ
しまキングとしてのキャリアはかなり長く、かつてククイ博士もハラに挑んだことがあるという。

エーテル財団の騒動ではメレメレ島に現れたウルトラビーストに対しカプ・コケコと共に対峙した。
その後、全ての試練をクリアした主人公のためにククイ博士四天王として集めたトレーナーの1人として登場する。

スカル団のボスグズマはかつての弟子。
相手を壊すことしか考えていなかったグズマに苦言を呈していたが、彼は聞き入れず自分の下から出ていった。
殿堂入り後、主人公とグズマのバトルを見届け、その心境の変化を見抜き、グズマを一人前のトレーナーに育て上げることでスカル団の罪を償わせることを主人公に誓った。

名前の由来は熱帯に生息する植物「タコノキ」のハワイ名「Hala」と思われる。
因みに、同じタコノキ科の植物に「アダン」がある。

手持ちポケモン

しまキング戦


四天王初戦


強化版


アニメのハラ

CV:檜山修之

サン&ムーン』9話より登場。
ゲーム本編と同じくリリィタウンに居を構えており、複数のZリングを製作している。
名前のイントネーションは「ハ」(日本人の名字「原」と同じ)。

ゲームでは常に糸目だが、サトシの腕に着けていたZリングを見た時やゼンリョクポーズの際はクワッと目を見開いている。

野生アローララッタ達の群れが畑を食い荒らし、ケンタロスが引いていた丸太の積み荷を落とされ道路が封鎖されていた際に現れ、除去作業要員のカイリキー達が到着するまでの間に積み荷を一通り直した。
老人と思えぬ腕力で、ハリテヤマと共に作業をしても疲れ一つ見せていない

初めての島巡りに挑戦するサトシに対し、「アローララッタやアローラコラッタの食い荒らしを止めるバトル以外の方法」という課題を突きつける。
そしてその答えに応じ、ゲーム本編におけるイリマの代わりにノーマルタイプの試練を与えることに。

カプ・コケコが持ち去ったZリングをサトシに渡したことや、ぬしポケモンデカグースが自らノーマルZのクリスタルをサトシに手渡したことから、彼の素質に関心を寄せる。

10話ではサトシとの大試練バトルを行い、大試練を達成した彼にカクトウZのクリスタルを渡そうとするも、直前でカプ・コケコによってデンキZに取り替えられてしまった(取り替えられたカクトウZは後にハラの下へ返却された)。

Zワザ発動前の前口上は「我、メレメレ島、そして守り神カプ・コケコと意思を共にする島キングなり!今こそ全ての力を一つにするとき!

檜山氏は過去のアニポケではダツラクロツグなども演じている。

アニメの手持ちポケモン

ハリテヤマ(CV:三木眞一郎
ハラの切り札。サトシとの大試練ではピカチュウと対決。ピカチュウの技を次々と攻略し10万ボルトを余裕で耐えるタフさを見せる。そしてはらだいこで攻撃を最大にしてからのZワザ「ぜんりょくむそうげきれつけん」を繰り出すも、でんこうせっかでほとんどをかわされたことで仕留め損ね、ひざにアイアンテールを受けバランスを崩したところにZワザ「ウルトラダッシュアタック」をくらい敗れた。
使用技は「ねこだまし」「はたきおとす」「つっぱり」「はらだいこ」。

マケンカニ(CV:武隈史子
サトシとの大試練ではモクローと対決。相性の悪さをものともせず序盤は優位に立ったが、音もなく背後に回ったモクローの奇襲をくらい敗れた。
使用技は「バブルこうせん」「ぶんまわす」「グロウパンチ」。

関連タグ

ポケモンSM しまキング・しまクイーン 四天王(アローラ)
ハウ グズマ カプ・コケコ

他のかくとうタイプの使い手
シバ シジマ トウキ スモモ レンブ コルニ

pixivに投稿された作品 pixivで「ハラ(ポケモン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 122298

コメント