ピクシブ百科事典

モーン(ポケモン)

もーん

モーンは、ゲーム「ポケットモンスター サン・ムーン」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

ポケリゾートの管理人である、金髪翠眼の恰幅のいい男性。
ある日から「無人島をポケモン達のリゾートアイランドにする」と決心し、彼が作成した「いかだハウス」で暮らしている。いかだハウス内にはポケリゾートを管理するための全てが揃っているらしく、その他に一枚の写真が立てかけられていることが分かる。
名前の由来は芥子のドイツ語名「Mohn」。

ポケリゾートは、ポケモンボックスに預けられているポケモン達が好きな時にやってきて自由に遊ぶことが出来る島であり、パーティから外されたポケモン達が活躍できる場となっている。正に、ボックスに預けたポケモン達の楽園とも言える場所であろう。

リゾート内ではポケマメが採取できるのだが、彼も長い間リゾート管理人を続けているうちに(特にがらつきポケマメやにじいろポケマメに)やみつきになってしまったとのこと。カビゴンを始めとした大食いポケモン達ですら3つで満腹になるポケマメを食べ始めると止まらなくなってしまうようだが……

彼の食生活はともかく、作中では主人公を腕の立つトレーナーと見込み、ポケリゾートの開発の手助けを依頼する。ポケマメはリゾートの利用効率化及び開発に大きく関わっていき、彼とポケマメを交換したり、消費することでリゾートの発展に繋がる。
初対面以降はリゾート開発のアドバイスをくれる他、無人島の土地の性質や流木を活かした彼のアイディアからリゾートを開発していくことになる。

ポケリゾートはカキの試練をクリアしてリザードンライドをもらうと行けるようになるのだが、そのことには全く触れないためしばらく経ってから気づいた人もいる。
そのためか、ポケモンUSUMではカキの試練をクリア後、ヴェラ火山公園前に行くと直接モーンと会うことになり、ポケリゾートを紹介してくれる。

関連タグ

ポケモンSM ポケリゾート





※重大なネタバレ

この項目には重大なネタバレが含まれています。
閲覧の際は十分注意してください。














































「オレの 父なんだ
ウルトラホールと ウルトラビーストの 存在を 発見したのは……
だが 父は……
ウルトラホール 接続の 実験中に 消えた……」
ゲーム内でグラジオはこう語っている。

本編内では、ポケリゾート管理人モーンとは別にウルトラホールを発見した研究者「モーン博士」の名前が度々挙がる。

数年前にモーン博士は自らが発見したウルトラホールについての論文を発表し、「ウルトラホールの先には別空間が広がり、その質量の推移からポケモンらしき存在(ウルトラビースト)がいる」と推測した。
グラジオは「実験による博士の失踪後、母は夫への想いから残されたウツロイドの資料と弱ったコスモッグを頼りにウルトラホールやウルトラビーストに拘ったのだとしたら救われる。」と語っている。


ウルトラサン・ウルトラムーンのチャンピオン防衛戦でアローラに帰ってきたグラジオに勝利した後、エーテルパラダイスに行くと施設を見物しているモーンを目撃する。
そこへルザミーネが現れポケモン保護について語り合う。話が終わりその場を去ろうとしたモーンに対し、ルザミーネは「財団に来るのは初めてですか」と尋ねる。初めてだと答えたモーンに対しルザミーネはそれ以上追及せずモーンを見送った。その様子を近くで見ていたグラジオは「いいのか?」と尋ねる。ルザミーネは「ええ、あの人の笑顔とても素敵だったもの」とモーンの背中を見つめていた。


上記のグラジオの台詞、そしてこのイベントから、彼こそがルザミーネの夫、すなわちリーリエグラジオの父であることが分かる。
つまり、ポケリゾート管理人モーンとウルトラホール研究者モーンは同一人物であると言える。
元々ルザミーネ親子の持つ毛先が四角い金髪と翠眼の持ち主、特に前髪のクセっ毛の形状がグラジオと酷似していることから彼が同一人物あるいは血縁関係者である可能性は高いと思われていた。

残念ながら、モーンはルザミーネのことは全く覚えていない。ウルトラホールを通過すると記憶を失う場合があるという事例もあったことから、同じようにモーンも家族との思い出を失っているようである。

ネタバレ関連タグ

エーテル財団
ルザミーネ リーリエ グラジオ
フジ老人 ←主人公が作中で触れ合う、大きな背景を抱えていることが仄めかされている人物繋がり

pixivに投稿された作品 pixivで「モーン(ポケモン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25284

コメント