ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

マクノシタ

まくのした

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)である。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0296
ホウエン図鑑No.048
コーストカロス図鑑No.095
アローラ図鑑No.068
パルデア図鑑No.116
ローマ字表記Makunoshita
ぶんるいこんじょうポケモン
タイプかくとう
たかさ1.0m
おもさ86.4kg
せいべつ75%♂・25%♀
特性あついしぼう/こんじょう/ちからずく(隠れ特性)
おとしものマクノシタのあせ
タマゴグループひとがた

各言語版での名称と由来

言語名称由来
日本語マクノシタ幕下
英語・ドイツ語・スペイン語・フランス語・イタリア語・ポーランド語Makuhitamakushita(日本語で幕下)
韓国語마크탕마쿠시타(日本語で幕下)+탕(盪、うごめくの意味)
中国語幕下力士日本語に同じ

進化

相撲

マクノシタハリテヤマ(レベル24)


概要

ポケットモンスター ルビー・サファイア』(第3世代)から初登場したポケモン。

修業時代の力士をモチーフにしており、頭には巾着のような結び目がある。名前の由来もまんま「幕下」から。


稽古をするのが大好きで、太い木の幹にぶつかって体を鍛え、勝負に何度負けても立ち上がる根性の持ち主。小さくてもパワーは侮れず、その力量たるや大木をへし折るほど。


主に洞窟や森を住処兼稽古場として住み、洞窟内やその周りの木々で鍛錬をするため、地響きやへし折れた木が多く倒れているなどの現象が見られたら、彼らが近くに棲んでいる証拠。

老いたハリテヤマを指南役とした、相撲部屋のような群れで生活することも多い。


生活サイクルも非常に規則正しく、起床と同時に訓練が始まり、昼食と昼寝を取った後にまた訓練を初めて、夜には就寝というスケジュール。ワンリキーを代表とした、他のかくとうポケモン達に勝負を挑まれる事もしばしばらしい。

こうして沢山食べよく寝て運動するサイクルを繰り返し、勝負でやられても立ちあがる度、ハリテヤマに進化するためのエネルギーが蓄えられていく。


アローラ地方に生息しているマクノシタは外来種で、元は他の地方から連れてこられたのだが、現在ではアローラ出身のマクノシタが最も知名度が高いらしい。

そこでは自分よりもはるかに大きいアローラナッシーにもぶつかっていき、当然ふっ飛ばされるがへこたれない。

人間との関わりも深く、マクノシタのトレーナー達が彼らを強くさせるため伝統的に作る鍋料理も存在している。


ゲームにおける特徴

RSEORAS


  • エメラルド以外ではカナズミシティナマケロと交換で入手可能だが、そもそもナマケロの方がレアなので単に入手するなら野生での捕獲が早い。

トウキ&マクノシタ


DPtBDSP


HGSS

  • 殿堂入り後、ポケギアのラジオで「ホウエンサウンド」を流すと各地の洞窟に出現するようになる。

ブラック・ホワイトBW2


XY


サンムーンウルトラサンムーン

  • 2ばんどうろと序盤に登場し、入手のしやすさと進化の早さから旅パ要因として安定した活躍ができる。


  • 図鑑によるとかつてアローラ地方には元々いなかったが、他の地方から連れてこられた結果メジャーなポケモンとなったらしい。実際の相撲でも過去に高見山小錦武蔵丸とハワイ出身の力士がいたため、それが元となってると思われる。

スカーレット・バイオレット


  • 南2・3・4・5番エリア、東1・2・3番エリア、西1・2番エリア、ベイク空洞ロースト砂漠プルピケ山道と広く生息している。1体のハリテヤマと共に4体群れで出没することがあるほか、木の近くに出没した個体は果実を食べていることがある。

使用トレーナー

ゲーム版


アニメ版

  • トウキ(AG)
  • セキドー(AG52話)
  • アザミ(AG)
  • ケンスケ(DP89~)※サマースクール編
  • トラヤ兄妹(XY25話)

     

漫画版


番外作品

ポケモンコロシアム

  • シリーズ初のダークポケモンとして登場。レオの最初の手持ちであるエーフィ(エスパー)&ブラッキー(あく)の足りない部分を補うかくとうタイプとして非常に重要なポケモンとなる。ダークポケモンをスナッチするサポートとしてレベルアップで覚えるちきゅうなげが便利だが、リライブの進行で通常ならタマゴ技でしか覚えられない当時のかくとう技で最強だったクロスチョップを思い出すことができる。

ポケモンXD

  • なんとポケモンコロシアムに続いてダークポケモンとして登場。コロシアムのカードeリーダー+使用時に出てくるポケモンや進化前後でダークポケモンになったポケモン(コロシアムのリングマ・XDのヒメグマ等)を除くと、完全同一種でダークポケモンになった唯一のポケモン。登場が中盤になったのだが、クロスチョップを没収されてしまった。

ポケモンマスターズ

  • トウキ&マクノシタ
    • ☆3恒常のテクニカルバディーズ。いわくだきにかわらわりといった威力が低い代わりに追加効果がある格闘技をメインに戦う。トレーナー技で攻撃2段階、防御・特防を1段階上げることができるので、耐久力もまずまず。傷薬で回復手段を持っているので、できることが意外と多いバディーズとなっている。
    • 特定レベル、進化石、バディーズエピソードをクリアすると進化可能。

ポケモン不思議のダンジョン


ポケモンレンジャーバトナージ

  • 主人公が所属することになるビエンタウンのリーダーレンジャー・バロウのパートナーで登場する。

アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

  • トウキのマクノシタ
    • AG20話に登場。足腰を鍛えてバランス感覚を養わせる為、トウキとサーフィンしている。サトシとのジム戦ではサトシのキモリと対決し、攻撃を受け流し「あてみなげ」や「つっぱり」でダメージを与え、更にハリテヤマに進化してキモリを一撃で倒す。

  • AG52話
    • 「応援道」という応援をする事でポケモンの力を引きだすという団体の団長セキドーが金儲けの為にポケモンの技を使って依頼者のポケモンの力を上げるというインチキを使っており、太鼓の中でキノココと共に補助技を使っていた。

  • AG158話
    • アニポケのアザミは「糸目フェチ」である為、マクノシタも手持ちにしている。

  • DP89話
    • サマースクール編にてケンスケのポケモンで登場。

  • XY25話
    • ポフレコンテストに参加していたトラヤ兄妹のポケモンで登場。

  • SM編
    • 回想でのみハラの手持ちであるハリテヤマのマクノシタ時代が描かれている。


その他

AG77話・188話
DP33話
XY34話(イメージ)・96話
SM1話・6話・7話・13話・16話・17話・21話・23話・27話・47話(回想)・50話・72話・83話・90話・92話・93話・113話
新無印24話・105話

漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

  • 4章でトウキのポケモンで登場。こちらでは「柔の奥義」の訓練の為にトウキとサーフィンしている。サファイアとのジム戦の途中でハリテヤマに進化した。

余談

日本相撲協会とのコラボ

  • 2021年の大相撲九州場所で日本相撲協会とポケモンで初のコラボが行われた。ポケモン誕生25周年記念の一環で、双方の発展を目的として異色のコラボが実現。ピカチュウとともにマクノシタの懸賞旗がお目見えし、進化形のハリテヤマを抑えリアル土俵入りを果たした。

関連イラスト

トウキとマクノシタきみのとなり

マクノシタのあてみなげ!ふきとばし耐久合戦


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン RSE ORAS

ポケモン一覧 かくとうタイプ テツノカイナ


0295.バクオング0296.マクノシタ→0297.ハリテヤマ


関連ポケモン+人物等


その他

関連記事

親記事

かくとうタイプ かくとうたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 401261

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました