ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

現役時代

1971年5月2日生まれ。日本国籍取得前の本名は「フィアマル・ペニタニ」。1996年に日本国籍を取得し、しこ名の「武蔵丸光洋」を本名とした。


アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島出身と紹介されるが実際はアメリカ領サモアの生まれで6歳の時にハワイへ移住した。元々はアメフト等を経験していたが武蔵川部屋に入門して1989年秋場所にて初土俵となる。

以後は順調に出世して1991年の九州場所にて新入幕となり1994年大関昇進し同年の名古屋場所にて初優勝。以後は大関に定着して若貴兄弟やといった強豪力士としのぎを削り1999年の春・夏場所にて連続優勝を飾ったことにより名古屋場所から横綱へと昇進、曙に続く史上二人目の外国出身の横綱となった。


横綱に昇進した後は計7回の優勝を飾り、特に2002年は若貴兄弟や曙ら同時代の横綱が引退や怪我で長期欠場する中で横綱として3度優勝したが翌2003年は怪我での欠場が続き同年九州場所を以て引退した。


通算12回優勝は当時の外人力士として歴代1位記録だった(後に朝青龍や白鵬が更新)。


引退後

日本国籍を取得済みであったことから、引退した後は武蔵川部屋で後進の指導(年寄としては一代年寄の武蔵丸から振分→大島)に当たり、2013年に師匠である14代目の武蔵川親方が定年退職した事によって15代目の武蔵川親方となり、藤島部屋(旧・武蔵川部屋)から独立する形で新たに武蔵川部屋を開いた。


武蔵川部屋の所属力士としては甥の武蔵国がいたが、結局関取にはなれずに引退した。また、親方業のかたわらタレントとしても活動している。


その他

  • 四股名は武蔵川部屋とかつての本名のフィアマルから来ている。
  • 外見が西郷隆盛によく似ていると言われる。
  • 2000年春場所の貴ノ浪戦が予想以上の熱戦となり、(当時はBSでも放送されていたので)その煽りで「カードキャプターさくら」の最終回が5分繰り下げとなり、録画予約に失敗した視聴者が続出し、2ちゃんねるのCCさくら板が大炎上するほど地獄絵図と化し、「武蔵丸の悲劇」としてCCさくらファンの永遠のトラウマとなった。しかも取り組みは武蔵丸の負け
  • 部屋持ちの親方となって以降は辛口相撲評論家としての側面を見せるように。上位陣を始めとして角界のレベルは自身の現役時代と比べて下がっていると主張しており、2022年5月場所後、大関陣の不成績を指して「今までもいろいろな大関がいたけど、今の大関陣はワーストだよ」と呆れていた。また、豊昇龍の大関昇進の際にも「(豊昇龍に)大関の力はない」と切り捨てるなど、辛口ぶりをいかんなく発揮しているが、自身も部屋を持って11年経ち、現在は弟子の数も10人以上もいながら一度も関取を輩出できていないため、一部の相撲ファンからはその辛口批評に関して「説得力がない」等の疑問や不満の声も上がっている。

関連人物

師匠。

同時代のライバルの一人(対戦成績は19勝29敗)。

優勝決定戦では4度対決しているが全て敗れている。

同時代のライバルの一人(対戦成績は24勝14敗)。

  • (元横綱・故人)

共にハワイ勢の代表格であり同時代のライバルの一人(対戦成績は16勝22敗)。

同い年で同時に新入幕となり大関昇進も同時であった最大のライバルであり親交もあった。

対戦成績は37勝21敗で58回の対決は当時の幕内最高記録であった。


関連タグ

相撲 大相撲 横綱

ハワイ サモア 外国人

関連記事

親記事

横綱 よこづな

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9012

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました