ピクシブ百科事典

雲龍型

うんりゅうがた

本稿では横綱土俵入りの型の雲龍型について記述する。他のものについては誘導参照。

曖昧さ回避


表記ゆれに雲竜型がある。

雲竜型(相撲)

さらば朝青龍


大相撲横綱が土俵入りする時の型の一つ。もう一つの不知火型と比べると多数派である。腰を大股にかがめ、左手を胸の近くに当てて右手を伸ばすポーズが特徴。pixivではこのポーズを示すものとしても使われる。
名前の通り、江戸時代の第10代横綱雲龍久吉が土俵入りの際にこのポーズを取っていたことから名付けられた……と思われがちだが、実際にこのポーズで土俵入りしていたのは第11代横綱の不知火光右衛門の方であり、雲龍自身の土俵入りのポーズは不知火型だったという。どうしてこうなった

関連記事

親記事

横綱 よこづな

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「雲龍型」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 504005

コメント