ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

サトシのゼニガメ

さとしのぜにがめ

サトシのゼニガメとは、アニメ『ポケットモンスター』シリーズに登場するサトシのポケモンの一匹である。
目次 [非表示]

声:愛河里花子


概要

人間に捨てられたゼニガメの不良集団、「ゼニガメ団」のリーダー。その経歴から人間嫌いだったが、サトシの身を呈した行動を見て人間を見直し、サトシの仲間となった。


ゼニガメ団は皆サングラスをかけているが、団員が丸いサングラスなのに対し、サトシのゼニガメは三角形のサングラスをかけているのが特徴。これはこのゼニガメのトレードマークにもなっている。

サングラスの中は他のゼニガメの例に漏れずつぶらな瞳をしている。不良から足を洗った後はほとんど付けていないが、実はサングラス自体はずっと隠し持っていた。


お調子者な性格で、一度ポケモンの台詞に字幕が付いた際は、仲間達を脅かすために冗談を言ったりしたこともあった。


略歴

バトルでは水技で活躍していたが、ジム戦ではあまり活躍出来なかった。リーグ戦ではなかなかの戦歴を残す。

ずっと一緒に旅をしてきたものの、消防団として再出発を果たしたゼニガメ団と再会。彼等をまとめて消防団の結束をさらに強くするために、サトシと別れることになった。


その後もジョウトリーグで偶然応援に来ていたところを代打で駆り出されたり、AG編では一時的に呼び戻されたりと、サトシとの距離こそ離れたが、いざという時は駆けつけてくれる頼もしい仲間である。

オーキド研究所には居ないため、BWシリーズ最終回の集合写真などでは登場せず。


4年半サトシと一緒にいたフシギダネ、映画などで再登場し、BW編でも活躍したリザードンと比べると、本業があるためかサトシとの再会回数は少ない。


だが、直接登場せず存在にも触れられていない話で別個体のゼニガメ(とその進化形)が登場した際のサトシの態度からも今でもゼニガメに対する愛を持っている事が窺える。


サン&ムーン

42話では一瞬だが、ロトム図鑑に、ゼニガメ団そろって撮影されている。


最終章『めざせポケモンマスター』

第5話でサトシ達と再会。とある港町で(金儲け目的で強引にマネージャーになった)ムコニャ達とヒーローショーを行なっていて、サトシ達が見に来ていた事にも気付いて最初こそ喜んでいたが、ムコニャがサトシ達とゼニガメの面会を拒否した事で誤解が生じて拗ねてしまい、サトシのポケモンの中でも特に長い付き合いで仲の良かったリザードンやフシギダネとも喧嘩までしてしまう。しかし、ピカチュウをゲットしようして失敗したムコニャが原因で起きた火事の消化に手こずっていたところにサトシ達が手を貸しに来たことで誤解も解け、リザードンとフシギダネとも仲直りをした。

また、サトシ達との別れ際に声をかけてきたサトシにサングラスを外して目を輝かせながら抱きついているが、無印でゼニガメがサトシの仲間になった際も全く同じ行動を取っている。


余談


関連タグ

サトシのポケモン サトシ ゼニガメ


ハルカ:レギュラーメンバーでゼニガメを手持ちにした。現在はカメールに進化している。


カジリガメ:同じく亀ポケモン。図鑑説明文にて身勝手なトレーナーに捨てられていると記述してある。


無印組

ピカチュウ バタフリー  ピジョット

フシギダネ リザードン  ゼニガメ

キングラー ラッタ    オコリザル

ベトベトン ケンタロス達 バリヤード


サトシのみずタイプのポケモン


サトシの亀ポケモン

コータスドダイトス


アニポケ水御三家

関連記事

親記事

サトシのポケモン さとしとぽけもんたちのゆうじょう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51498

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました