ピクシブ百科事典

サトシのポケモン

さとしのぽけもん

アニメ「ポケットモンスター」シリーズの主人公・サトシのポケモン。モンスターボールやつりざおをつかって捕獲したポケモン、進化したポケモン、他人からもらったポケモン、なついてついてきたポケモン、わけあって一時期保護していたポケモンなど、出会いは様々である。
目次[非表示]

概要

アニメ・ポケットモンスターの主人公・サトシがゲットしたポケモン達をまとめたもの。

サトシは実力でポケモンを捕獲する事は実はあまり多くなく、そのポケモンと心を通わせ懐かれるか、気に入られた場合に友情ゲットすることが多い。
御三家の一角、そして序盤鳥ポケモン(通称「雑用」)を必ず捕獲する傾向がある。

雑用なんて



序盤鳥ポケモンに関しては友情ゲットは一度も無い。XY以外はくさタイプ御三家を必ず手持ちに加えている。最終的に、各地方(シリーズ)毎にほのおタイプひこうタイプのポケモンをそれぞれ、手持ちに加える結果になっている。

基本的に手持ちの余剰になったポケモンはオーキド研究所(オーキド牧場)に送られるが、イッシュ地方にいる間のみアララギ研究所に送られていた。
このアララギ研究所に送られたポケモンも、カントーに帰還する際全てオーキド研究所へと転送されている。
研究所に預けているポケモンは、サトシは勿論の事オーキド博士ケンジにもよく懐いている。

AG(厳密には無印最終話)からは相棒であるピカチュウだけを連れて新たな地方へ旅立っており、ジム戦・ポケモンリーグはその地方でゲットしたポケモンのみで攻略している。
例外としてバトルフロンティア・DPのポケモンリーグの時のみ、今までにゲットしたポケモンを総動員して対応した。

ピカチュウのみを連れて行く理由は以下の通り。

  • ホウエン編…シゲルが相棒であるカメックスのみを連れて旅立ったのに倣った。シゲルの影響により、ここからピカチュウ以外の手持ちリセットが行われるようになった。
  • シンオウ編…詳しくは不明。おそらくホウエン地方の時と同じか。但しエイパムだけは勝手について来たが、一緒に旅をしたい気持ちを尊重して連れて行くことに。
  • イッシュ編…元は母子でイッシュ旅行をしに来たのであって、当初は旅の予定は無く旅行時はピカチュウしかいなかった。他の仲間達を連れて行かなかった理由は不明だが、手持ちは6体しか連れて行けないので旅行に6体のみ連れて行くと残されたポケモンが可哀想だから、と相棒のピカチュウのみとなった可能性もある。
  • カロス編…詳しくは不明。もしかするとホウエン地方の時と同じ理由の可能性もある。
  • アローラ編…元々家族旅行兼お遣いの為にアローラ地方に来たのであり、当初は長期滞在の予定はなかった。他の仲間を連れて行かなかった理由は恐らくイッシュの時と同じだと思われる。

オーキド研究所に送られたポケモンは、基本的に次のシリーズ以降一緒に旅をすることは無い。
但しゴマゾウエイパムのような例外もあり、これらの発展形として一度手放して預けたリザードンをエピソードNにて手持ちに戻したケースもある。

サトシのポケモンは、何かしらの理由があってサトシの元から離脱する者や野生に帰る者もいるが、自ら捨てるような身勝手な行為は絶対にしない。
当初は言う事を聞かなかったサトシのリザードンですら、自分からサトシの元を離れることはしなかった。

リザードン、ゴウカザル、ゲッコウガ、ルガルガン等、いわゆるエース枠やバトル枠の手持ちには、元は他人のポケモンで暴走などの問題を抱えていた時期があり、身勝手な理由で捨てられ心に傷を負っていた者が多いのも特徴。

いらっしゃい! ゲンガー



また、サトシは基本的にポケモンの特性を考慮したバトルは行わない為、劇中で特性が判明している者は少ない。

基本的にオスが多い…というより大半がオス。性別の概念が無かった無印を除くと、はっきりメスだと判明しているのはチコリータエイパムマメパトツタージャのみ。ただ、担当声優で大体の予想は付いたりする(ヒノヤコマもメスの可能性有り)。


進化については完全にポケモン任せで、進化を嫌うピカチュウやフシギダネの意志を尊重している。
進化だけが強さではないと確信しているため、進化を目指した特訓や、イワンコのような分岐進化の選択、進化中キャンセル等はした事がない。但し、弱さ払拭のため進化に飛びつこうと甘えを見せたグライガーに関しては、一度だけ進化アイテムをお預けした事もある。

ちなみにサトシのポケモンの進化は、メルメタルを除いて全て、ゲーム版でいう「レベルアップによるもの」である(なつき進化や特定の道具を持たせる等の+α付も含む)

サトシはメガシンカ使いでない為あまり注目されないが、メガシンカできる系統が9体ほど存在している(フシギダネ、リザードン、ゼニガメ、ピジョット、ゲンガー、ジュカイン、オニゴーリ、ヘラクロス、フカマル)。

下記表記には共に同行し、何らかの理由で別れた者や一時期とはいえ離脱していたメンバーも記載する。

サトシのポケモン一覧


相棒

どうぞよろしく


名前性別とくせい
ピカチュウせいでんき
相棒である為、勿論どの地方に行く時も連れている切っても切れない関係。他のポケモンと違い、モンスターボールには入らないので何時も肩に乗せている。


無印

あの日踏み出した一歩


名前性別とくせい
キャタピートランセルバタフリー-
ピジョンピジョット-
フシギダネ-
ヒトカゲリザードリザードンもうか
ゼニガメ-
クラブキングラー-
ラッタ-
(マンキー →) オコリザル-
ベトベトンあくしゅう
ケンタロス30匹-
バリヤード-

実はサトシが一番ポケモンをゲットしたのは無印。その分バタフリー・ピジョット・リザードン・ゼニガメ・オコリザルと、別れや一時離脱を経験したポケモンの数もいちばん多い。
しかし、有事の際には呼ばれる本格的な離脱ではない者もいる。この頃は性別の概念が無かった為、手持ち…というか登場するポケモンは大体オスがほとんどだった。


ピジョットは「すぐに帰る」とサトシが発言しているのだが、当時の放送から20年以上経った今も実行されていない上にアニメフィルムコミックだと別の台詞に修正されており、完全に野生に帰ったという扱いになっている。そのため、アニメでサトシの元に帰ってくるのかは未だ不明。

ラッタは第15話において、バタフリーと交換しゲットしたが、結局サトシがバタフリーを恋しくなった為にその話の終盤にバタフリーを返してもらっている。サトシのゲットしたポケモンたちが集まるイラストに載ることは稀。

バリヤードはサトシの母・ハナコに懐いた結果サトシの家に居ついた。ポケモンだいすきクラブのサトシのポケモン チェックだぜ!!ではサトシのポケモンの扱いとなっているが新無印が放送するまでは正式に手持ちに加わる描写が無かった。新無印ではハナコの頼みでサトシ達の世話をするため、サクラギ研究所で過ごすことになった(初めてレギュラーポケモンになった)。


オレンジ諸島

名前性別とくせい
ラプラス-
カビゴン-

ラプラスは子供の個体で通常の大人ラプラスよりも少し小さい。ジム戦などのバトルでも活躍していたが、実際は群れに返すまでの保護目的のゲットであり、終盤親と再会したことで離脱した。
その為純粋に捕獲したのはカビゴンのみ。


金銀(ジョウト)

いつまでもキミ達と


名前性別とくせい
ヘラクロス-
チコリータベイリーフ-
ヒノアラシマグマラシ-
ワニノコ-
ヨルノズク(色違い)-
ゴマゾウドンファン-
スピアー-
アズマオウ-

ルアーボールでゲットされたワニノコ・色違いのヨルノズク・タマゴから孵ったゴマゾウ等、金銀初の要素が多く取り入れられているのが特徴。
友情ゲットや特殊ゲットが多く、バトルしてゲットしたのはヨルノズクのみ。

ゴマゾウからドンファン、ヒノアラシからマグマラシになったのは金銀ではなく、それぞれBF、DPでいずれもロケット団とのトラブルに巻き込まれての進化となった。

シンオウリーグではサトシは研究所でのポケモンを使用した際第二世代のリメイク作品の『HGSS』が発売されていた関係か、選出率が一番高い。

イベントでスピアーやアズマオウをゲットしたが、前者はナナコに譲り、後者は再登場がない。

AG(ホウエン)

一緒に


名前性別とくせい
スバメオオスバメこんじょう
キモリジュプトル → ジュカインしんりょく
ヘイガニ-
コータスひでり以外
ユキワラシオニゴーリ-
エイパム-
手持ちは総入れ替え。レギュラー全体としてはAGパーティも参照。
御三家も旅メンバーで個別に所持するようになったが、くさほのおみずの3すくみ自体は守っている。
このお陰で、当時地味なポケモンだったヘイガニの知名度がウナギ登りになったのは言うまでもない。

バトルフロンティアでオニゴーリとコータスが離脱し、ゴマゾウが加わった。一時期ジュプトルがジュカインに進化した後、技が出せなくなるといったこともあった。


DP(シンオウ)

広がる世界へ


名前性別とくせい
ムックルムクバードムクホーク-
ナエトルハヤシガメドダイトス-
ヒコザルモウカザルゴウカザルもうか
ブイゼルすいすい
グライガーグライオンポイズンヒール以外
フカマルすながくれ
レギュラー全体としてはダイパーティも参照。
手持ちはエイパムを残して総入れ替えし、彼女も最終的に離脱した。
ブイゼルは、エイパムをヒカリと交換して手持ちに加わっている。

グライオンはストーリーの途中で修行のため離脱したが、シンオウリーグのシンジ戦で復帰しその後はオーキド研究所に預けられた。



BW(イッシュ)

手をつなごう!


名前性別とくせい
マメパトハトーボーケンホロウ-
ミジュマルげきりゅう
ポカブチャオブー-
ツタージャ-
ズルッグじしんかじょう
クルミルクルマユハハコモリむしのしらせ
ガマガルちょすい以外
ダンゴロガントル がんじょう
(メグロコ →) ワルビルワルビアル-
レギュラー全体としてはBWパーティーも参照。
「オーキド博士と共にイッシュ地方に行き、そのまま旅を決めた」設定である為再び総入れ替え。
今までのシリーズと違い、元々ハナコとオーキド博士と旅行目的でイッシュに来た為、手持ちがピカチュウしかいなかった。
無印の次にゲットしたポケモンが多く、冒険中は手持ちをアララギ博士に預け度々交換しているのが特徴。

無印以来となる御三家3体のゲット。初めて手に入れたあくタイプでもあるズルッグ、ヤグルマの森で出会いゲットしたクルミルを十分なつかせないと進化ができないハハコモリまで進化をさせるなど、過去にあったことや無かったことまで多様な経歴も特徴と言える。


ワルビアルに関しては、当初野生のメグロコのボスとして出会い、しばらくサトシ達につきまとった後ワルビルに進化、それからしばらくして再会した回でゲットとなった。ゼニガメ以来のサングラスを愛用している手持ちポケモンでもある。
同シーズンのエースとして扱われているのもワルビアルで、御三家以外がエースになるのは初である。

エピソードNではリザードンが再びパーティ入りし、全てのポケモンがカントーのオーキド研究所に転送されている。ちなみに唯一何らかの理由で、離脱したポケモンがいない。

作中でメロメロの技を繰り出す機会が多く、シリーズでは珍しく別のトレーナーのポケモンも含めて性別がはっきりと判明している。


XY(カロス)

モンスターボールは投げられた


名前性別とくせい
ケロマツゲコガシラゲッコウガ (サトシゲッコウガ)きずなへんげ
ヤヤコマヒノヤコマファイアローほのおのからだ
ルチャブルじゅうなん以外
ヌメラヌメイルヌメルゴンうるおいボディ
オンバットオンバーン-
レギュラー全体としてはXYパーティも参照。
金銀同様ゲット方法はほぼ友情ゲット。また、サトシがポケモンをゲットした数が一番少ないシリーズでもある。

再び御三家は、メンバーが個別で所有するようになった。
サトシの所有御三家がくさタイプではない(どころかくさタイプのポケモンがメンバー入りしなかった)・虫タイプもいない・ドラゴンタイプが2体・鳥ポケモンも2羽・炎タイプが飛び道具を持たない・初の600族最終進化形態・全員が進化しきっている、など今までに無い試みが行われている。

他シリーズと比べ手持ち全員の実力が非常に高く、少数精鋭チームとして活躍した。対戦でよく使われ、なおかつ扱いやすいポケモンばかりである為今回のサトシはガチと言われ、実際怒涛の勢いでリーグ決勝まで昇り詰めている。見た目もクールでかっこいいポケモンが多い。
またゲットした5体中3体が飛行タイプ持ちそのタイプの最速ポケモンと言うのも、カロス手持ちの特徴である。大型のポケモンも、初代以来の多さ。

オンバットはヌメルゴン離脱後、拾ったタマゴを孵してそのまま手持ちに加わっており、タマゴから加わった3体目のポケモン。
カロスリーグの時点でも手持ちが5体しかいなかった。研究所からポケモンを送ってもらう事も考えていた様だが、離脱したヌメルゴンを連れてきてもらい大会で一時復帰する形になった。

メガシンカ枠はいないが、ゲッコウガがサトシとシンクロして力を極限まで引き出すことにより、サトシゲッコウガという特別な姿になれる。
その上、今までリーグに出るまで最終進化するポケモンは限られていたが、XYではピカチュウと進化系列のないルチャブル以外が全て進化しきっているというのも特徴。

フレア団事件解決後ヌメルゴンは再び湿地に帰り、ゲッコウガもプニちゃんからの頼み事を引き受け、サトシの手持ちから離脱することになった。


サン&ムーン(アローラ)

チャンピオン


名前性別とくせい
モクロー-
イワンコルガルガン(たそがれのすがた)かたいツメ
ニャビーニャヒートガオガエンもうか
ベベノムアーゴヨン-ビーストブースト
メルタンメルメタル-てつのこぶし
レギュラー全体としてはアローラスクール組も参照。
バリヤードのバリちゃんがアローラ地方の旅行を引いた為、本来は家族旅行で長期滞在する予定は無かったが、アローラのポケモンや島巡りに刺激され留まった。
この辺は、BWと似たような理由。

その為最初の手持ちがピカチュウのみであり、手持ちはある意味再び総入れ替え。
XY同様にゲット方法はほぼ友情ゲットであり、その数もXYに並んで歴代最少。かわらずのいしを飲み込んでしまったモクロー以外は全員が進化しきっている。

ストーリー展開自体がこれまでのシリーズと大きく変わり、序盤鳥ポケモン及びみずタイプのポケモンがいない、爬虫類・両生類型がおらず哺乳類型が多い、伝説ポケモン幻のポケモンがメンバー入りしている(設定上、どちらも殆ど一般ポケモンのような扱いだが)など、XY以上にイレギュラーなメンバー構成で、個々のポケモンも特異な経緯を辿っている。

これまでと違い日常がメインであるため、ピカチュウ以外もボールから出ていることが多い。
このためか、いわゆる雑用ポジションも明確に固定されておらず、サトシのクラスメイトの手持ちも含め多くのポケモンが雑用をこなしている(ひこうタイプのモクローは、気ままな性格ゆえ肝心なところで役に立たない事が多かった)。
故郷の世界へ帰っていったアーゴヨン以外のメンバーも、マサラタウンへ帰るサトシに同行せずククイ博士の自宅へと預けられたため、オーキド研究所へ送られたポケモンは1体もいない。


新無印(カントー~ガラル)

今の仲間達


名前性別とくせい
※(ハクリュー →) カイリュー-
ゲンガーのろわれボディ
リオル-
ガラルカモネギ-
※出会った時はまだ進化していなかった。

恒例の総入れ替えでピカチュウのほか、無印時代から登場したバリヤードのバリちゃんが晴れてサトシたちに同行した。

もう一人の主人公・ゴウポケモンを捕獲する、という役割分担を意識したためか、サトシの初ゲットは第10話と遅かった。
また、従来の作品とはストーリー展開が大きく異なり、エピソード毎に各地方を渡り歩くので、ゲットするポケモンの世代は固定されておらず、最初に新規加入したのも初代600族のカイリューと、まったく先が読めなくなっている。

尚、ゲット方法は従来の作品に近く、少なくとも現状の手持ちは友情ゲットのみとなっている。

「過去の同行者が持つ形でレギュラー化していたポケモンを、後からサトシがゲットしたケース」は、カイリューが初となる。
第16話でゲンガーをゲットしたことで正式に全18タイプのゲットを達成し、27話のガラルカモネギで初のリージョンフォームを仲間にする事となった。

バトルに出るのはピカチュウの事が多いが、勿論カイリューやゲンガーもしっかりバトルで使われている。
ゲーム本編のネット対戦でも名を挙げるカイリュー、ゲンガーは勿論、リオルやガラルカモネギも進化すれば強力なポケモンになる為、パーティーのポテンシャル自体は既に高い。また、何気にパーティ内のタイプバランスや物理・特殊バランスも良い。

XY編の手持ちが扱いやすく王道な戦い方をするポケモン達で構成されている一方、壁抜けなどのゴーストタイプ特有のトリッキーな戦い方を得意とするゲンガーや、変化技のりゅうのまいを駆使しながら戦うカイリュー、特殊な進化条件と癖のあるバトルスタイルを持つガラルカモネギなど、扱いは難しいが上手く性能を引き出すことが出来れば無類の強さを発揮するポケモンが多い。

余談だが、第32話から使用されているオープニング内で、一瞬だがルカリオが登場しているので、恐らくリオルは進化するものと思われる。
また、同オープニング内で、手持ち6体と同時にワンパチが登場している。コハルの手持ちなのか、はたまた新たにゲットするのかは不明だが、今後もしかしたら仲間に加わるのかもしれない。

その他

保護応援などの目的のために同行したポケモンたちは以下の通り。

名前性別備考
コラッタポケモンセンターでロケット団に対抗するため一時的に使用
ポッポポケモンセンターでロケット団に対抗するため一時的に使用
ゴーストエスパーポケモン対策としてなつき同行
ポニータギャロップポケモンレースでフウコから借用
トゲピーサトシの拾ったたまごから孵った
ドガースポケモン検定試験で使用
アーボックポケモン検定試験で使用
ニャースポケモン検定試験で使用
ヨーギラス親元へ返すまで一時的に保護
ライチュウポケモンサマースクールで使用
バネブーポケモンサマースクールで使用
タマンタポケモンサマースクールで使用
ロトム図鑑スマホとして手伝っている
コスモッグコスモウムソルガレオ一時的に保護
ガブリアスウルトラガーディアンズでのライドポケモン

なお、ピカチュウリザードンも、サトシの手持ちとは別に応援として登場したことがある。


関連タグ

アニポケ ポケモン サトシ

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サトシのポケモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1659481

コメント