ピクシブ百科事典

ビーストブースト

びーすとぶーすと

ゲーム「ポケットモンスター」シリーズに登場する特性の一つ。
目次[非表示]

特性のデータ

初出第7世代
効果自分のわざで相手を倒すと、自分の能力の中で最も高い能力のランクが1段階上がる


概要

第7世代から登場した謎のポケモン、ウルトラビーストの下級種が有する特性
簡単に言えば相手を倒せば倒すほど自身を強化できるというドS特性。

強化される能力は自身の持つ能力で一番実数値が高い能力。
攻撃のみ上昇だったじしんかじょうと違い、一番高い能力であれば何でも強化される。
その為調整次第で上昇させられる能力を変えられる点が魅力。それが出来るUBは少ないが……。

ウルトラビーストは尖った能力の持ち主が多く、一度特性の発動を許すと簡単に止める事が不可能になる。基本は攻撃または特攻が上がるように調整される。
特にただでさえ攻撃性能の高いデンジュモクカミツルギがこの特性を発動させたものならば、並大抵のポケモンは片っ端から叩き潰されてしまうだろう。

但しそこはUB。能力の癖の強さのせいで意外と難儀もする。
一切の積み技を習得できないウツロイドや物理系の積み技を習得できないフェローチェは火力上昇をビーストブーストに頼るしかなく、デンジュモクはどうあがいても特攻しか上がらない(下降補正個体値0ですら他の能力が追い付かない)為意外と中途半端な素早さがフォローできない。
カミツルギに至っては基本的にじしんかじょうと何ら変わらない。(こちらは素早さも高いため性格および個体値・努力値を工夫すれば一応素早さを上げることも可能。ただし奇策の部類。)
つまり尖った能力をさらに尖らせる為、他の能力のフォローが難しいのである。

とは言え素早さ以外の能力が平均的であり、実際にブーストしなければ一番高い能力が判断できないテッカグヤの様なポケモンもいる。能力値が上がり、おおよその型が判明した時には手遅れになりかねない。
ちなみにテッカグヤの場合、性格や努力値次第で素早さもブースト対象に出来る。やどみが型は素早さをブーストすることも多く、一度ブーストを許してしまうとてがつけられなくなる。
他にもりゅうせいぐん軸のアクジキングばかぢから軸のマッシブーンが下がった能力のフォローの為に活かす、と言う芸当も可能。

USUMでは新種のウルトラビーストが登場したが、彼らも当然のようにビーストブーストを持っている。特に面白いのはツンデツンデ。なんとビーストブースト持ちにして、その中で唯一スキルスワップが習得できる。スキルスワップで仲間のポケモンにビーストブーストを渡して積ませたり、火力や耐久力を特性に頼っている相手のポケモンから無理やり特性を引き剥がす手段としても活用できる。

ちなみに他にも設定上は上級のウルトラビーストとされるポケモン(及びその疑惑がささやかれているポケモン)が存在するが、さすがに彼らに持たせるのはマズいからか特性は「ビーストブースト」ではない。

関連タグ

特性 ウルトラビースト

pixivに投稿された作品 pixivで「ビーストブースト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1280

コメント