ピクシブ百科事典

ツンデツンデ

つんでつんで

ツンデツンデとは『ポケットモンスター』シリーズに登場するウルトラビーストの一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.805
アローラ図鑑No.392
UBコードネームUB:LAY(※)
分類いしがきポケモン
タイプいわ / はがね
高さ5.5m
重さ820.0kg
特性ビーストブースト

※英語圏では「UB:Assembly」

他言語

英語Stakataka

概要

初登場は『ポケモンUSUM』。アローラ地方を脅かす謎の存在ウルトラビーストの一種。
UB:LAY(レイ)というコードネームで呼ばれている。
レンガのような岩石生命体が多数積み上がって一体として形成された、ジガルデヨワシを彷彿とさせる巨大な群体ポケモン。名前の由来も「(石を)積んで積んで」と割とそのまんま。

個々のレンガには青く発光する一つがあり、側面にも同じ色に発光するラインが走っている等、メガハガネール同様の鉱石宝石の要素をあわせ持った体組織であることが伺える。
不気味な外見に反して性格は大人しく、脆弱な個々の身を守る為にこのような姿をとるようになったらしい。

弱点である目をカバーするためか、普段はそれらをほぼ全て内側に向け強固な背面を外に出した形態をとっている。おびただしい数の目がびっしり並んだその内部トライポフォビアには涙目ものであろう。実際怒った時や外敵との戦闘では、それらを赤く光らせ自ら見せつける事で相手を威嚇している。
また、状況に応じて幾つかのレンガを裏返し、目を露出させることで辺りを監視する。もしかしたら積み重なる事で感覚を共有できるのかもしれない。

UBの中では比較的大きく、アクジキングと並ぶ5.5m(体重はあちらの方が重い)。
プロモーションムービーでハラとハウの前に姿を現した際もその破格の大きさを見せ付けた。

普段は脚を収納(統合?)して物言わぬ石垣の柱に扮しており、ポケリフレでもその様子が確認できる。その擬態っぷりはかなりのもので、ただの石垣と思って近づいた結果急に動き出して襲い掛かってきたというケースもあるようだ。

ゲーム上での特徴

『ウルトラムーン』でのみ捕獲が可能。
『ウルトラサン』には代わりにUB:BURSTことズガドーンが出現する。

種族値

岩・鋼タイプHP攻撃防御特攻特防素早さ
ツンデツンデ611312115310113
ボスゴドラ70110180606050
トリデプス60521684713830
ダイノーズ60551457515040


いわはがね複合の他のポケモンと比べると、HPはほぼ同等。
防御がずば抜けて高くメガシンカを除くとトップ3、攻撃もガブリアスより1高い。
逆に素早さは低いというレベルではなく、最終進化系の中ではツボツボナマコブシに次ぐワースト3という超絶級の鈍足
特防も高い方だが、HPが低めなせいで油断はできない。

はがねタイプの中ではジャイロボール」を最も有効に使えるポケモンでもある。
上述の高い攻撃力と超鈍足から、鉢巻ナットレイをも上回る威力を叩き出す。
その上、自力で「トリックルーム」を使えてしまうので、自力でトリル&ジャイロのコンボが可能。

ただし他のいわ・はがね複合にも言えることだが、じめんかくとうという2つのメジャーな4倍弱点を持つのが難点。
しかも特性がビーストブーストしかない(=がんじょうがない)ため、メガバシャーモの「とびひざげり」など確定1発の攻撃を喰らうと、タスキを持っていない限りそのまま崩されてしまう。
ただし先述の防御力から、不一致の「じしん」なら一発では落ちないことがザラ。また、じめん技に対しては「でんじふゆう」で回避してしまう手もある。

地味にウルトラビーストで唯一「スキルスワップ」を覚えるため、ビーストブーストを味方に与えたり、相手の有利な特性を奪うという隠し玉も考えられる。

ビーストブースト対象は余程の事が無い限りは防御になる。
一応、性格さみしがり(攻撃↑、防御↓)+防御個体値を下げる事で攻撃にブーストを掛けられるようになるが、この場合弱点のじめん・かくとう技での即死はほぼ免れなくなる点に注意。

デザインモデル

レンガを積んだ造形と内部に大きな空洞があることから「煙突」と目される。
既存のUBにクリスマスツリー黒サンタがおり、モチーフの一貫性が保たれている。

余談

  • ネット上では、和名と英語名を組み合わせて「ツンデLAY」(ツンデレ)と呼ばれることが多い。
  • タイプが明かされる以前は、いわ・ゴーストのような複合タイプなのでは?と色々期待されたが、タイプが判明してからはその不遇気味な複合タイプのせいで一気に落胆された。ネット上ではお通夜が開かれたり、「詰んで詰んで」や「第二のアクジキング」という不名誉な呼び名もつけられたほど。しかし、種族値の配分や「ジャイロボール」と「トリックルーム」を覚えることが明らかになった途端、再び評価がなされ、不遇扱いされたタイプも二つの4倍弱点を半減以下に出来る飛行タイプのポケモンと相性がいいと見られ、様々な構築が生み出されるようになった。初期の方で期待→落胆→高評価という流れは中々珍しい。
  • 唯一「ビーストブースト」と「スキルスワップ」を両立できるため、ダブルバトルなどでは例えばガブリアスと特性をスワップし、「じしん」によって自分が倒れることにより「じしん」が積み技となるなど、名が体現するのは「(味方が)積んで積んで」であり、また、「(仲間のために自分が)詰んで詰んで」なのだ、という声もある。


関連イラスト

UB:LAY
落書き 「ツンデツンデ」


UB:LAY
UB:LAY



関連タグ

ポケモンUSUM ウルトラビースト 集合 城壁 ジェンガ

同タイプのポケモン
ボスゴドラ トリデプス ダイノーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「ツンデツンデ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51301

コメント