ピクシブ百科事典

カイオーガ

かいおーが

カイオーガとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.382
ぶんるい かいていポケモン
タイプ みず
たかさ 4.5m
おもさ 352.0kg
とくせい あめふらし


※あめふらし:バトルに出てくると、暫くの間天候が「あめ」になる

他言語版の名称

英語 Kyogre
イタリア語Kyogre
スペイン語Kyogre
フランス語Kyogre
ドイツ語 Kyogre


ポケパルレ(ポケリフレ)情報


頭の白い模様
顎の棘
危険

白い模様の部分を触られるとにやける。また、顎の棘を触られると上目遣いでこちらを見てくる。なにこれかわいい。やっぱりカイオーガは女の子が多いのか?

図鑑解説

ソフト名 図鑑内容
ルビーそら いちめんを おおう あまぐもを つくりだし おおあめを ふらせる ちからを もつ ポケモン。かんばつに くるしむ ひとびとを すくった。
サファイアおおあめと おおなみで だいちを おおい うみを ひろげた ポケモンと しんわで かたられている。グラードンと しとうの すえ ねむりに ついた。
エメラルドうみを つくったとして しんわに とうじょう。ながねんに わたり グラードンと たたかったのち かいていの そこで ねむりに ついた。
FRLGおおあめを ふらせて うみを ひろげたと いわれる ポケモン。みずを あやつる ちからを もつ。
HGSSおおあめと おおつなみで うみを ひろげた しんわの ポケモン。 グラードンと はげしく たたかった。
DPt・BWおおあめを ふらせる のうりょくで うみを ひろげたと いわれている。かいこうの そこで ねむっていた。


なお、これらの伝承の元となった出来事は、実際には発生していないと公式発表があった。

容姿

シャチやヒゲクジラ類、ジンベイザメマンタクラゲ深海魚など様々な海洋生物の要素を掛け合わせたかの様な姿をした美しいポケモン。所々にいラインの特徴的な模様が描かれている。
大きな胸ヒレの先には、2本の大きな手の様なヒレがある。背ヒレは2つ、尾ヒレは4つに分かれている。
体色はく、腹部はい。

概要

ポケットモンスター ルビー・サファイア』(第3世代)に初登場したポケモン。
名前の由来はおそらく『オルカ<orca>:英語=シャチ、<ocean>の鬼神<ogre>また皇/王』。『海王星』が入っているという意見も。

分類の「かいてい」とは、『海底』の他、『海+帝』もあるかもしれない。

『サファイア』のジャケットに描かれているポケモン。
初登場となった第3世代で入手出来るソフトは『サファイア』そしてエメラルドのみ。『ルビー』には出てこない。
第4世代ではハートゴールドで、ゲームクリア後に特殊な条件を満たすことで手に入れる事が出来る。
第6世代では『サファイア』のリメイクであるアルファサファイア、第7世代ではウルトラムーンに出現する。

ホウエン地方の伝説ポケモン。を創ったとして神話にも出てくるポケモンで、一面を覆う程の雨雲を作り出し、大雨を降らせて干ばつに苦しむ人々を救ったと神話で伝えられている。
また、大雨と大波を起こして、海を広げたとされている。
同じく神話に出てくるグラードンと長きに亘る死闘の末、海溝の底で眠りについたという。
但し、グラードンとの死闘について増田氏は「二匹の戦いは古代人の創作」と断言している。

『ルビー・サファイア』『ORAS』において、非常に重要な役割を担うポケモン。
伝説としての格は、海神かそれ以上の力に匹敵する海の化身でもあり、その力を利用して海を広げようと企てる組織アクア団に狙われる。
アクア団のリーダーであるアオギリの手によって目覚めてしまうが、復活した直後世界中に大雨を降らせるという異常気象を発生させてしまう。

ゲーム上の特徴

伝説ポケモンということもあり、優秀なステータスを誇っている。
特に「とくこう」・「とくぼう」の数値が高く、「とくこう」の高さはみずタイプ最強である。
「とくぼう」の高さは他の伝説ポケモンが特殊寄りのステータスをしていることや、弱点であるでんきタイプくさタイプとも特殊技が大半なので、有利に働くことが多い。
また禁止伝説の中では「ぼうぎょ」・「すばやさ」は低いが、普通のポケモンに比べれば低いうちには入らない。

グラードンと異なり、使用技と天候が噛み合う為、非常に強力なポケモンである。
自身が持つ特性「あめふらし」は、自身の一致技の威力を天候の力で強化するというとんでもない性能。おまけに味方のみずタイプなども強化する。そしてこの特性を利用したみず技はタイプ一致1.5倍×天候1.5倍=2.25倍の火力になる。
ここから繰り出されるハイドロポンプしおふきは超高火力を誇り、天候「あめ」での最高威力の「しおふき」は並大抵のポケモンを一撃のもとに沈める。
特に「とくこう」最大+「こだわりメガネ」+威力最大「しおふき」は「とくぼう」特化ハピナスすら乱数2発。

その他攻撃技の候補としては、特性によって必中になるかみなりれいとうビーム」「ふぶきなど。これらは相性補完としても有効。一撃必殺技ぜったいれいども覚える。
補助技を使った型としては、高い「とくぼう」をめいそうでさらに強化して、ねむる」+「ねごとのコンボで相手を狩っていく戦法など。

アイテムは「こだわりスカーフ」を持たせて「しおふき」を先制で繰り出したり、「こだわりメガネ」を持たせて火力重視で攻めたり、「オボンのみ」「ソクノのみ」で倒されにくくするのが一般的。時々「きょうせいギプス」「くろいてっきゅう」を天候合戦や「トリックルーム」の使用・対策のために持たせることもある。

ダブルバトルにおいては、その特性で雨パの起点となり、全ポケモントップクラスの火力を持つ伝説級としていわゆるトップメタの座に付いている。
このように圧倒的な性能を持つため、公式大会などでは他の伝説級のポケモンと同様に禁止されていることが多い。

だが雨パとの相性が良すぎる分、雨以外の天候への変化が弱点となっている。
バンギラスなどが持つ特性「すなおこし」、ユキノオーなどが持つ特性「ゆきふらし」でも結構な痛手だが、グラードンなどを出されて特性「ひでりを発動されるとみず技の威力が落ち込み大幅に戦力ダウン。
みず技に抵抗のある伝説ポケモンや高火力物理技を備えたポケモンも世代ごとに増えているので無闇に挑むと大変なことになる。
また、ヌケニンに完封されてしまうのは有名な話。

ライバルであるグラードンとの強さの関連性をよくネタにされるが、実際公式大会ではカイオーガとグラードンが共存した方が強いという少年漫画のような結果に終わっている。過去3回行われた伝説込みの大会で2回もこの結果になったというから驚きである。
共存は一見すると難しいが、グラードン自体は天候の影響なく戦えるため、カイオーガの天候にさえ注意すれば可能だったりする。お前ら本当は仲いいだろ……
更に言うと2010年の大会では中学生以上部門が両方併用で優勝しているが、小学生部門は何とカイオーガがグラードンに負けている。相手に天候を上手く利用され力を発揮できなかった。
ちなみにパッと見の相性に反してグラードンとカイオーガの力関係は意外と拮抗している。
二匹を同時に繰り出すと素早さが高い方が先手を取れるが、素早さが遅い方が天候を支配できる。どちらが有利か不利かと言われれば半々といったところ。

しかし第6世代以降大きな変化が訪れ、徐々にではあるが制圧力が弱まった。
まず『XY』においてこれまで永続だった天候が5ターンに制限された上に多くの特殊技の威力が下げられた。短期決戦に持ち込めるなら問題ないが頼みの火力が落ちているのが歯痒い(同時にみず半減のドラゴンタイプを制圧できるゼルネアスが登場したので悪いことばかりではないが)。
更に『ORAS』ではゲンシカイキの獲得、「こんげんのはどう」の習得で強化こそされたが、相方のグラードンのゲンシカイキレックウザのメガシンカの追加が物凄く痛い。
この2匹の特性はいずれも通常の天候をかき消す効果と、通常の天候の上書きを無効化させる能力があり、通常カイオーガの強さの源である「あめふらし」が無効化されてしまう為、思うように力が発揮できなくなってしまった。
特にゲンシグラードンの特性「おわりのだいち」は非常に厄介で、なんと水技を蒸発させる効果のある天気にしてしまうため、カイオーガにとってはまさに天敵。更には威力120の一致物理技だんがいのつるぎまで手に入れる始末。
メガレックウザの方も、特性「デルタストリーム」の効果により、「れいとうビーム」で楽に倒せなくなってしまった。そしてこちらも同様威力120の一致物理技ガリョウテンセイを獲得。
自身もゲンシカイキして2匹の天候を上書きできるのであれば技威力は保たれるが、それでも先制高火力物理技は食らうと致命傷になりかねない。
SM』では「ぜったいれいど」の命中率まで下げられる始末……

とはいえ単体では動きづらくなったものの味方とのコンビネーション次第で打開できる場合が多く、特にゲンシカイオーガはメガレックウザとの相性がすこぶる良い。
厄介なゲンシグラードンもメガレックウザで天候を上書きしてからの「たきのぼり」で対処でき、物理と特殊両方が揃うことで様々な相手に攻撃できる。
結果何と2016年の大会ではグラードン有利の下馬評を覆しカイオーガがグラードンを倒して世界一に登り詰めた。
2010年に食らった屈辱を見事に晴らしたのであった。

ゲンシカイキ

RSEの発売から12年……
2014年11月にポケモンゲームシリーズの最新作ソフト『ポケットモンスターアルファサファイア』として再びパッケージを飾ることになった。

だがその姿はカイオーガの面影もあるが、頭やヒレに「α(アルファ)」の文字が刻まれている等、若干のデザインが異なる。

それがメガシンカした姿なのか不明であったが、新たな進化形態である「ゲンシカイキ」した姿であり、ゲンシカイオーガという名前も判明した。

アルファサファイア
アルファサファイア



ちなみに……

サン・ムーンにおいて、キャプテンのスイレンがカイオーガについて言及するが、これは彼女が主人公を騙す為の嘘であり、実際にはサン・ムーンにおいてカイオーガは出現しない(ちなみに、ここで選択肢を間違えるとはぐらかされてしまい、嘘であると見抜けない)。

だが、『USUM』ではウルトラホールを経由してカイオーガに会えたり、悪利用してカイオーガを狙うボスまでもやってきたりする為、あながち嘘とも言い切れなくなった。

ポケモンGOにおけるカイオーガ

⊂オーさまとわたし⊃


長らくグラードンの図鑑説明にてその存在が示唆されているだけで、登場はしていなかったが、2018年1月13日に事前の告知なしで突如レイドボスとして世界中のジムに降臨し、多くのファンを驚かせた。なお、出現期間は同年2月14日までとなっている。
その後、同年3月上旬にグラードンと共に再出現した後、6月のウォーターフェスティバルの際に3度目の出現を果たし、この時には色違いも実装された。

ちなみに、図鑑説明に「自然のエネルギーによってゲンシカイキし本来の姿を取り戻す。」という意味深なフレーズが挿入されている。因みに、相方のグラードンにはゲンシカイキ云々といった件は一切書かれていない。
単なる編集ミスなのか、それとも今後ゲンシカイキがゲーム内に実装されるフラグなのだろうか……?

性能

何と種族値先んじて実装されていたグラードンと全く同じ
つまり、グラードン同様に超高CPの持ち主で、最大で4000を優に超える。 ここでも互いに対になる存在であることが明確化されている。

技はというと、通常技にたきのぼり、ゲージ技にハイドロポンプ」「かみなり」「ふぶきとかなり威力重視かつ多彩なラインナップ。
その高い攻撃力から放たれる一致「ハイドロポンプ」の威力は凄まじく、特に雨が降っていれば天候ブースト効果の適用もあり、鬼神の如き強さを発揮できる

とはいえみずタイプにはライバルが多く、火力面では確かに最強クラスだが「みずでっぽう」を覚えないので小回りの利きはシャワーズラグラージ等と比べて大きく劣る。人によっては多少火力は落ちるがこれらのみずポケモンの方がカイオーガよりも扱いやすいと感じるかもしれない。
また、ギャラドスとは最も火力の出る技の構成が被っているものの、幸いなことにこちらは耐性面でひこう複合のあちらとは役割が異なってくる。

ステータス面では非常に強力であり、性能面も申し分ないのだが、こうしたこともあってか、グラードンのような(同タイプも含めて)ぶっちぎりの最強キャラと呼べるほどの存在にはなっていない
特に今後の伝説レイドでも大活躍が見込めるグラードンとは違い、伝説ポケモンにはみずタイプが有効な相手が少ない、若しくはみずが効く相手にはじめんが効くことも多いなど、汎用性の面ではグラードンには一歩劣ることになっている(ファイヤーホウオウには水の方が有利なのだが、こちらはいわタイプが2重弱点になっているため、今度はバンギラスゴローニャがライバルとして浮上してくる)。
また、(これは他のすべてのみずポケモンに言えることであるが、)天候ブーストが雨天時にしか適用されないため、雨の少ない時期や降水量の少ない地域では真価を発揮しづらいという点も地味にネックなところではある。これも天候を味方につけやすいグラードンと比べて少々見劣りしてしまう点の1つと言えるだろう。

それでも、一致技に恵まれなかったせいで要らない子扱いされてしまった同タイプの豹と比べればはるかに優遇されているが。
また、ゲージ技が多彩という利点を生かし、あえてみずに特化させずに「かみなり」でみず対策に用いたり「ふぶき」でドラゴン退治を行うといった変則的な運用方法も考えられる。寧ろこちらの方が他のみずポケモンと役割が被らずに済むかもしれない。

レイドボス

このポケモンの真の恐るべき所はむしろレイドバトルが史上最難関の難しさになっているところだろう。

ボスとして登場した際のCP値は、対になるグラードンと同じくおよそ51000

みずタイプなので普通はでんきタイプくさタイプで勝負できるが、問題はゲージ技の「ふぶき」である。
くさタイプが一撃で溶かされ、かつ発動も早いのでゲージ技の撃ち合いにも異常に強い。くさタイプのみならずサンダーカイリューなども食らうと危険。でんき単タイプは等倍で受けるがライコウ以外は耐久が高くないので押し切られてしまう。当のライコウも2発受けるのは厳しい。サンダースなどのHPの低いポケモンだと回避成功しても轟沈してしまう。
つまり通常の対策ポケモンが軒並み対策され、対抗手段が非常に限られるのだ。
辛うじてレアコイルランターンルンパッパウインディ(「ワイルドボルト」)、ホウオウ(「ソーラービーム」)、バクフーン(「ソーラービーム」)が候補に挙がるかといったところ。ここまで来ると、最早ハピナスを出されても文句は言えないだろう。

さすがに最大かそれに近い人数が揃えばそう簡単に負けることはないが、そうでない場合は相当厳しい戦いになることを覚悟する必要がある。
損害を顧みないでとにかく多くの手持ちポケモンを叩き込んで戦わないと逆に損害が増えてしまう。

「ふぶき」の他には、みず最強のゲージ技である「ハイドロポンプ」やでんき技の「かみなり」等も使用してくることがある。
グラードンと同じくゲージ技が多彩なのでその時々に応じて臨機応変にチーム編成を変えていかなければあっという間に壊滅させられてしまうことになるだろう。

ゲットチャレンジ

また、実装初期はレイド攻略だけでなくゲットチャレンジも非常に困難であることでも悪名高かった。

どういうわけか、初期のカイオーガの配置はグラードンと比べて異常に距離が遠く、サークルも小さかった。さらに、これに加えて浮遊系のポケモン特有の横移動までしたり、かなりの頻度で暴れたりするものだから、ボールが中々当たらなかったのである。
このため、予めサークルを固定しておき、威嚇が終了するタイミングで丁度うまく当たるよう投げる等、工夫する必要があるわけだが、サークルがここまで小さいと、最早エクセレントはおろかグレートが出るかすら怪しくなってくるレベル。

こうしたこともあり、せっかくバトルで勝利したのにゲットできずに逃げられてしまった…なんてこともザラにあり、カイオーガのゲットに失敗したトレーナー達の悲鳴が世界各地で木霊することになった。

さすがに開発側もこれはマズいと判断したのか、1月19日のアップデートに合わせる形でカイオーガの位置を再度調整し、以降はかなりボールを当てやすい位置に居座ってくれるようになった。
このため、現在は初期と比べて幾分か捕まえやすくなってはいる。
それでもグラードンと比べると暴れる頻度が高く、横移動までする点は変わっていないため、捕獲難易度が全ポケモン中トップクラスで高い点は変わっていない。あくまで以前よりは多少マシになった程度に考えておいた方が良い。

映画におけるカイオーガ

『劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチの予告編に登場した。

『劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィにも登場した。
出番は映画の終盤で、マナフィの奪還に協力した。その後、ファントムの装置によって混乱させられてしまうが、マナフィの歌で正気を取り戻す。最後は「はかいこうせん」でファントムにとどめを刺した。

『劇場版ポケットモンスターXY 光輪の超魔神フーパではゲンシカイオーガが登場。
超フーパのリングから五体伝説ポケモンと共に操られた状態で召喚された。
そらをとぶ」を覚えられないというのに普通に空を飛んでいるという衝撃の登場を果たす。
回想ではゲンシカイキする前のカイオーガがフーパに召喚された。

大乱闘スマッシュブラザーズにおけるカイオーガ

スマブラX』以降の作品に登場。
モンスターボールから出現すると「ハイドロポンプ」で相手を場外へ押し出す。ダメージこそ与えないが、水流の勢いがすさまじいため相手に出されるとかなり厄介。マリオの下必殺技の「ポンプ」の強化版だと思ってくれればわかりやすいだろう。

関連イラスト

カイオーガ
ぎゅいーん!


ダイビング
カイオーガ



外部リンク

アニヲタWiki(仮) - カイオーガ

関連タグ


  • ルギアに関わる伝説のポケモン繋がり。

pixivに投稿された作品 pixivで「カイオーガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3047519

コメント