ピクシブ百科事典

ユキノオー

ゆきのおー

ユキノオーとは、ゲーム『ポケットモンスター』に登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.460(全国)/No.143(シンオウ)
英語名Abomasnow      
ぶんるいじゅひょうポケモン   
タイプくさ/こおり
たかさ2.2m         
おもさ135.5kg        
とくせいゆきふらし/ぼうおん隠れ特性

ゆきふらし:戦闘に出すと天候をあられに変える。
ぼうおん:音を使う技を受けない。

進化

ユキカブリ → ユキノオー(Lv40以上)

みつけた



概要

初登場はポケットモンスター ダイヤモンド・パール
名前の由来は恐らく、『雪の王(ユキノオウ→ユキノオー)』。
間違っても「ユキノオ」ではない。「ユキノオ」。
雪男と、樹氷のついた針葉樹などがモデルだと思われる。

万年雪の降る雪山に生息する。
「アイスモンスター」の別名があり、ブリザードを巻き起こすことで知られる。
それが為か、ゲーム本編で野生のユキノオーは現在シンオウ地方のテンガン山山頂でしか確認されていない。

ゲーム上の特徴

タイプはくさ・こおり。ほのお4倍を筆頭に、最多タイである7つの弱点を持っている。
加えて合計種族値494と並で最高値が92と一見すると弱いポケモンと思われがちである。
だがその特性「ゆきふらし」によって必中となるタイプ一致高威力技「ふぶき」を始め、ぜったいれいど」・「ウッドハンマー」・「じしん」・「いわなだれといった強力な技を覚える。
そのため、攻防に相性の有利なみず・くさ・でんき相手には滅法強い。
くさタイプ対策をこおり技に依存しているポケモンは多いため、そういった相手の穴を突くことができるのである。
ルンパッパ及びナットレイと並んで「こおり技が弱点ではないくさタイプは強い」という格言がピッタリ当てはまる存在でもある。
とはいえ、弱点タイプ7つが災いし、落ちる時はあっけなく落ちることも。

戦法としては特性を生かし、霰パーティ(霰パの中核として暴れさせるのが主流。
「ふぶき」が撃てるならこおりタイプ以外でも「とくこう」が高いポケモンを採用してもよい。いい例がミュウツーである。
霰パ以外でも相手の「天候打ち消し要員」として採用されることもあり、特に対雨パにはかなりの強さを誇る。

特性「ゆきふらし」は一見すると霰パ専用の特性と思われがちだが、「あられ」のスリップダメージによって耐久調整を台無しにしたり、タスキや「がんじょう」を無効化したりと、相手の戦略をひっくり返すポテンシャルを秘めた極めて強力な特性でもある。
ただし第6世代以降天候継続ターンが5ターンまで(「つめたいいわ」で8ターン)に軽減された為、特性依存度が高いこいつは大打撃を受けることになった。

当初は弱点の多さゆえの蔑称として、今ではその高性能さ故の尊称として御大と呼ばれる存在である。
その強さともふもふもっさりした貫禄のある姿はまさに御大と呼ぶに相応しいだろう。

隠れ特性は「ぼうおん」。
弱点であるむしタイプの技の1つ「むしのさざめき」を無効化できる……だけ完全なハズレ特性である。
元々のユキノオーの強さの半分以上が固有特性の「ゆきふらし」であり、そうでなければただの低種族値である。仮にむし技まるごとが無効の特性を貰った所で何の意味もない。
しかし下記のメガシンカを得たことで、「ばくおんぱ」やスキン特性持ちの「ハイパーボイス」を交代出しで無力化しつつメガシンカで天候を上書きする型に価値が出てきた。

そして、第6世代『X・Y』になるとメガシンカの対象となる。
詳細はメガユキノオー参照。

スマブラ3DS/WiiUではアイテムのモンスターボールから登場。周囲に「ふぶき」を見舞い、さらに「れいとうパンチ」で追撃する。

使用トレーナー

スズナ
ヤナギ(再戦時の一番手として登場。必然的に霰状態での戦闘を余儀なくされる)
N(冬の時に使用。上に同じく一番手として登場)
エリカ(PWT)
ウルップ(アニメではメガシンカさせる)

関連イラスト

スズナ
ユキノオー



関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモン一覧
モリゾー
「ゆきふらし」仲間…アマルルガ アローラキュウコン バイバニラ

pixivに投稿された作品 pixivで「ユキノオー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 309920

コメント