ピクシブ百科事典

ウルップ

うるっぷ

ウルップとは…あれだよ、『ポケットモンスターX・Y』に登場するジムリーダーの一人だよ。
目次[非表示]

「あれだよ こおり ってのは 堅く そして もろいんだよ」

あれだよ、概要だよ

ポケットモンスターXY」に登場するキャラクター。
本作で最後に戦う…あれだよ、エイセツシティジムリーダーで、こおりタイプの使い手。
キャッチコピーは「熱く 厚い 堅氷」
一人称は「おれ」、二人称は「おまえさん」。
名前の由来は…あれだよ、寒冷地や高山の斜面に生息する植物「ウルップソウ」からきていると思われる。

時々「ポケモンの村」へ様子を見に行くという面倒見の良い一面を持っており、そこのポケモンたちからは彼に懐かれている。最初はジムに入れないので、まずはそこへ行く必要がある。
「あれだよ」が口癖で、不器用ながらもポケモンに対する愛情を持っている。
「どこまで 行けるかは ポケモンを どれだけ 信じているか だよ」

既婚者であり、奥さんと二人の子供がいる。

映画館でハチクマンを見て男泣きしていたらしい。

余談だが、「サン・ムーン」でジムリーダーが廃止されたため、リメイク作品である「オメガルビー・アルファサファイア」を除くと、本当の意味で最後のジムリーダーとなる。

あれだよ、容姿だよ

白髪頭の小太りなおじいさん。
8番目のジムリーダーで白髪のおじいさん前々シリーズにもいたが、彼とは違って穏やかな表情をしている。
服装は白いタンクトップを着て黒い長ズボンを穿いており、タウンジャンバーを肩にかけている。
首から下げているロケットペンダントには、家族の写真が入っている。

あれだよ、手持ちポケモンだよ


彼のジムはパズルを解きながら進む必要があり、最奥部まで進むと彼とバトルが出来る。
7番目のジムの後にフレア団との決着をつける戦いが控えていることもあってか、歴代の最後のジムリーダーの中でも手持ちポケモンのレベルが最も高い。

先頭がユキノオーなのでいきなりあられ状態での戦いとなるが、くさ・こおりタイプのユキノオー以外は単こおりタイプであるため、かくとうタイプやほのおタイプがいればそこまで苦労しない。ユキノオーに至っては、ほのお技で4倍ダメージな上、それ以外の弱点も多い。そもそも耐性が少ない氷タイプのため、弱点を突くのには苦労しないだろう。
しかしフリージオは素早い上に特防が高く、逆にエースのクレベースは防御とHPが高い、と真逆な性能を持っているため、考えなしの生半可な攻撃ではなかなかHPが削れない。
ウルップが語る、固くそして脆い氷タイプの真髄を体現したパーティである。
あれだな、物理と特殊を切り替えながら戦うといい。

彼に勝利すると、エイセツジムの…あーあれだ…アイスバーグバッジと、わざマシン13「れいとうビーム」がもらえる。

バトルシャトー

  • フリージオ(Lv.40)
  • ユキノオー♂(Lv.50)
  • クレベース♂(Lv.40、Lv.50)

あれだよ、バトルシャトーでも上記3体を使ってくるよ。
でもあれだよ、フリージオはクリア前、ユキノオーはクリア後なのに注意だな。

あれだよ、アニメだよ

「水のように器に合わせ形を変えても、本質は変えない…。」

  「俺にはそれができないから氷タイプを愛してるんだよ」

              「お前さんはどうだ?」

CV:大友龍三郎
ジムは極寒の環境となっており、その中で薄着ながらも氷の椅子に鎮座している。普通の人間なら防寒着なしには耐えられない場所だが、本人曰く「俺ぐらいになるとな、氷にも熱いハートを感じるんだな。」「心頭滅却すればアレだ…アレ…」とのこと。
以前ショータと対戦し彼にジムバッジを渡しており、ショータとのバトルを「熱かった」と褒めた。

バトルではカチコールクレベースユキノオーを使用。
バトルの実力はかなり高いが、本人曰く「あれだよ。氷ってのは硬く、そして脆いものだ。」とのことで、対戦相手によって自身の強さはそれなりに変化してしまう。熱い心を持つ相手にはそれ相応の自分の本気を持ってバトルする。

サトシとのバトルではユキノオ―を繰り出し、ゆきふらしによるあられで優位に立った。ユキノオーはルチャブルに撃破されるも続けてクレベースを出す。
アイスボディをもちゆきなだれで攻撃をカウンターできるクレベースの鉄壁の防御、加えてサトシに焦りがあったこともあって、不調のサトシゲッコウガをも打ち破って完勝。
サトシに上記の台詞を投げかけ、彼が自分の本質を見失っているのではないかと指摘しながら、「どこまで行けるかはポケモンをどこまで信じているかだ。」とアドバイスした。

数日後、自分に焦りがあったことを理解しポケモンと共に歩む決意を新たに復活したサトシと再戦。以前の敗北からまるで別人のように熱く、元気になったサトシを一目見て、バトルすることに喜びを感じていた。
バトルでは、サトシ達の本気、あられがなかったことやファイアローニトロチャージゆきなだれをかき消すといった奇策もあってクレベースをも突破され、最後にユキノオーを繰り出す。サトシ達の本気に呼応してウルップのユキノオ―の強さもけた違いになっており、ファイアローを一蹴するスピードと強さを見せた。

サトシゲッコウガとのバトルでは、サトシ達が彼らの本質・熱さそして未来を見せ、自分を熱くさせてくれたことへの礼儀として、メガシンカメガユキノオーで対抗する(さすがに普段のジム戦では使っていなかった様子)。
メガユキノオーはサトシゲッコウガに引けを取らない実力を見せるも、熾烈な攻防の末に敗北。

サトシとのバトルに大満足しており、アイスバーグバッジを渡すと共に「ポケモンに好かれてるお前さんが、どれだけポケモンを信じているか分かった。だからあれだ。俺もお前さんが好きになったよ」と伝え、サトシを激励した。

ちなみにゲームの設定と異なり、ロケットペンダントの中にはキーストーンが納められていた。

あれだよ、関連イラストだよ

ポケモン X&Y / 13
ウルップと ユキノオー



あれだよ、関連タグだよ

ポケモンXY こおりタイプ
ジムリーダー ジムリーダー(カロス)
あれ

他のこおりタイプの使い手
カンナ ヤナギ プリム スズナ ハチク ヴィオ ジーナ

関連記事

親記事

ジムリーダー(カロス) かろすのじむりーだーたち

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルップ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 304759

コメント