ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

クレベース

くれべーす

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次 [非表示]

基礎データ編集

全国図鑑No.0713
マウンテンカロス図鑑No.080
ガラル図鑑No.359
ヒスイ図鑑No.216
パルデア図鑑No.364
ローマ字表記Crebase
ぶんるいひょうざんポケモン
タイプこおり
たかさ2.0m
おもさ505.0kg
せいべつ50%♂・50%♀
とくせいマイペース/アイスボディ/がんじょう隠れ特性
おとしものカチコールのこおり
タマゴグループかいじゅう/こうぶつ(第8世代から)

各言語版での名称編集

英語・ポーランド語Avalugg
ドイツ語Arktilas
フランス語Séracrawl
韓国語크레베이스
中国語冰岩怪

進化編集

カチコールクレベース(Lv.37)

クレベース


リージョンフォーム編集

【ポケモンBW風ドット絵】クレベース(ヒスイのすがた)

タイプこおり / いわ
たかさ1.4m
おもさ262.4kg

LEGENDSアルセウス』に登場する、ヒスイ地方と呼ばれしかつてのシンオウ地方に生息していたクレベースのヒスイのすがた

ヒスイクレベース


概要編集

カチコールの進化形。初登場は同じく『ポケモンXY』(第6世代)。

上下が逆転したような、下方向に大きく張り出した体型となった。同期のカラマネロとは異なり、進化レベルに達すれば自動的にこの形になる。


上部はテーブルにしか見えないほどに扁平で、実際『ORAS』では本種を模したテーブルも登場している。

ただしクレバス状の亀裂が生じるため、完全な扁平ではない事が多い。この亀裂は日中の活動により暖まる事で深くなるが、夜になり冷えるとまた綺麗に塞がるという。

ポケパルレやアニメでの描写から、しっかりとしたも生えていることが分かる。


の装甲と身体を完全に融合させた上で非常に巨大化しており、体高2mに対して全長は6m前後と、体積では並の伝説ポケモンよりも大きい。体重も同期では最も重くジガルデ次世代で完全体になってようやく抜き返せたほど。


のように頑丈な巨体ながら、主成分が氷なのでに浮き、本物の氷山の中を砕氷船のように移動できる。技としての「なみのり」も覚える。

また持ち前の平たい背中は運搬能力にも優れ、特に進化前のカチコールを載せている事が多い。山岳地帯に住むカチコールがを越えて住処を変えられるのもこの遊泳力と積載量によるものだと言え、『Y』の図鑑ではまるで 氷の 航空母艦のようだと評されている。


以上の特徴から、モチーフはかつてイギリスが構想した氷山空母「ハボクックであると考えられ、名前の由来も「クレバス+ベース(基地)」であると思われる。

これは船体を氷で造る事で、安価かつ被弾しても周囲の海水で簡単に修復できるというコンセプトであった。結局乗員その他が発する熱を解消できず机上の空論に終わったが、単体で動けて「じこさいせい」も覚えるクレベースならば問題は無いだろう。

イギリスがモチーフになった『剣盾』(第8世代)には当然のごとく登場している。


バイオレット』版のカチコールの図鑑では、カチコールとセビエは対立関係にあるとされるものの、『スカーレット』版の本種の図鑑にはハルクジラの群れと出くわしても争いを回避すると記載されている。

もっとも、当の『バイオレット』版には邪魔者は すべて 圧し潰すと相変わらず不穏な説明が見られるが。


ゲーム上の特徴編集

野生では「氷山空母」らしく、水に浮いた状態で現れる事も多い。



対戦での評価編集

HPこうげきぼうぎょとくこうとくぼうすばやさ合計
クレベース95117184444628514
レジアイス805010010020050580

物理版レジアイスと言うべきステータス配分をしており、単こおりタイプという耐性上の不安を撥ね退けてしまうほどの恐ろしいまでの物理耐久を誇る。

メガシンカを除けば数値上では全ポケモン中堂々のナンバー1。レジアイスの同期で同じく「数値受け」で生き残ってきたレジロックすら上回った。

HPに「努力値」を振るだけでヒヒダルマの一致「フレアドライブ」を耐え、その体重から最大威力で入ってくる「けたぐりマニューラ程度ならば2発持ちこたえてしまう

先述の通り「じこさいせい」も自力習得するため、PP切れを狙ったり「ゴツゴツメット」などを併用したダメージを蓄積させる戦法も容易である。



「こうげき」も高いため物理アタッカーとしても十分戦える。

ただ、タイプ全体の問題で一致技の威力が伸び悩んでいる点は課題である。「ゆきなだれ」は鈍足との相性が良いが、行動が読まれやすく変化技を使われる隙を生みやすい。


一方、単こおりタイプとしては珍しく「じしん」や「ストーンエッジ」など不一致技には恵まれている。なお、「のしかかり」は、通常時も「トリックルーム」下でも、自身の素早さの関係から、麻痺をさせる目的ではあまり意味がない。



反対に、特殊面はからっきしであり、不一致抜群でも十分脅威になり得る。

その上「こおりのつぶて」を覚えず自力では鈍足のリカバリがほぼできないので、特殊アタッカー相手には何もできずに倒されてしまう可能性すらある。

一応、隠れ特性の「がんじょう」とタマゴ技の「ミラーコート」を組み合わせれば一矢報いることはできるが。


登場時はメガシンカや特殊アタッカーが跋扈する環境であったため、お世辞にも目立っていたとは言えなかった。

しかし、同世代で実装されたさかさバトルでのネット対戦が可能になると、持ち前の物理耐久を活かした要塞として、レジアイスや運ゲーの申し子オニゴーリらと共に重用されるようになった。


第8世代編集

剣盾』ではさかさバトルが廃止されてしまったものの、環境が物理に偏るようになったことや、「オーロラベール」「つららばり」「ヘビーボンバー」「ボディプレス」等の習得を受けて、通常ルールでも大きく躍進した。

弱点技の多くを半減で受けられ、自身もかなりの耐久を誇るドヒドイデと組むことが多かった。


「つららばり」は不安定ながら能動的に火力を出せるメインウェポン。「ボディプレス」は「ぼうぎょ」依存のクレベースのために用意されたかのような強力なサブウェポンで、「てっぺき」とのコンボがとにかく強力。加えて、特性「マイペース」も「いかく」を無効にするようになったので、物理アタッカーとしても今まで以上に強く攻められるようになった。


しかし世代後半のDLCでは、「冠の雪原」で同じ単こおりタイプかつ伝説級のブリザポスが登場。物理アタッカーとしてはあちらの方が汎用性が高かったので、耐久ベースに回帰している。


第9世代編集

SV』で「あられ」が「ゆき」に変わり、効果も「こおりタイプの『ぼうぎょ』が1.5倍」となった。クレベースにとっては願ったり叶ったりの強化と言える。

ゆき状態で特化バンギラスが特化クレベースと対面した場合、倒すには「こだわりハチマキ」を巻いてテラスタルを切っても「ロックブラスト」のフルヒットが2セット必要になる。クレベース側が「オーロラベール」を展開していた場合、3セット目にずれ込む。もはやタイプ相性など無くなったようなものである。


こおりタイプの多くに言えることだが、自身のテラスタルとの相性もかなり良い。

酷い耐性を捨てることができるため、自慢の物理耐久をより活かすことができるようになった。テラスタイプは単タイプ中では最良とも言われるみずや、「てっぺき→ボディプレス」コンボの火力を伸ばせるかくとうが人気。


また、相方としてある程度の相性補完が効く上に手薄な特殊方面をカバーできるドオーを獲得した。

一方、ドドゲザンは天敵と言える。はがね弱点をテラスタルで消せると言っても「オボンのみ」がなければ基本的に受け切れず、「つるぎのまい」も止めるのが困難。複合するあくタイプも汎用性の高いテラスタイプでは対処し難い。


物理耐久としては、「もふもふハカドッグという競合が現れており、しかもあちらの方が耐性も優秀である。ただし回復技が「ねむる」しかなく攻撃力でも劣っているため、クレベースのシェアは依然として残った。

ちなみに攻撃技としては「つららおとし」や「アイススピナー」を習得しており、さらに選択肢を増やしている。

その他、初期にはキョジオーンヘイラッシャがよく「じわれ」放っていたため、それを「がんじょう」で無効にてきる点も評価された。ドドゲザンにも「ハサミギロチン」を振り回す型がいたりした。


この世代では総じて使用率自体は高くないが、受けループのパーツとして度々有力候補に挙がり、何度か最終2桁構築に顔を出している。

ヒスイクレベース解禁後も、ほぼ「クレベース=カロスクレベース」という図式となっている。


使用トレーナー編集

ゲーム版


アニメ版

  • ウルップ(XY)
  • お嬢(LR35話)

番外作品編集

ポケモンマスターズ編集

  • ウルップ&クレベース
    • レアリティは☆3で、バディーズサーチでは頻繁に登場する。威力90の「ゆきなだれ」が主武器で、使うと発動待機状態になり、発動待機状態のうちに相手からの攻撃を受けると発動待機状態を解除して2倍の威力で攻撃する技。
    • トレーナー技「あれだよ」は相手のターゲットをしばらくのあいだ自身に向けさせつつ自分のぼうぎょをぐぐーんと上げる技で、「ゆきなだれ」とも相性が良いはずなのだが、素のステータスがかなり低めに抑えられてしまっているため発動させても耐久面にかなり不安の残る仕上がりになってしまっている。

ポッ拳編集

バトルフィールドの一つ「スノーギフト」の背景にて、背中に大きなプレゼントの箱を乗せつつ氷の上を滑りながら一定のルートを周回しているが、時々プレゼントの替わりにレジアイスを背負っている事がある。


NEWポケモンスナップ編集

ジュゴンを載せて流氷地帯を泳ぐ姿が見られた。


ポケモンユナイト編集

何故かサンダーらと同等の扱いを受けており、「ジーヴルシティ」のボス枠として登場している。

「キャッチアンドバトル」で登場した際は操作も可能で、「てっぺき」と「れいとうビーム」が使える。


アニメ版編集

アニポケサトシの旅シリーズ編集


リコとロイの旅シリーズ編集

  • お嬢のクレベースちゃん
    • 35話で登場したポケモンハンターの依頼主であるお嬢の手持ちで「クレベースちゃん」と呼ばれている。パワーウィップで檻を壊そうとしたシャインのアノクサを他の囚われたポケモン達ごと「ふぶき」で攻撃して痛めつける。
    • しかし、フリード博士キャプテンピカチュウの作戦によってハンターのポケモン達と距離ができてしまった事でキャプテンピカチュウの上からの奇襲を受けて倒れてしまった。

余談編集

Googleイメージ検索で「クレベース」と検索すると、猫の顔が真っ二つに切断された画像や人の舌が切れたグロ画像が混ざってくることがあり、検索してはいけない言葉になっていたりする。


2015年の映画短編のポスターではピカチュウデデンネニャースがクレベースの上に立っていたが、実際には登場しなかった


「超物理耐久+超特殊耐久=最強」ということで、合成ポケモンの要領でレジアイスと合体させるネタが流行した。

「無敵要塞レジベース」などと銘打ったAAも出回ったほか、組み合わせをフリージオ等に変えた亜種も作られた。

レジアイスについては先述の通り『ポッ拳』にて公式のネタとなっている。

やっつけ無敵艦隊-レジベース


関連イラスト編集

性質上、「航空母艦大にしたもの」と「何かを載せたもの」の比率が高くなっている。

クレベースあつまれ!氷ポケモンたち!

クレベースの管理クレベースの漫画


関連タグ編集

ポケットモンスター ポケモン ポケモンXY

ポケモン一覧 こおりタイプ


0712.カチコール0713.クレベース/ヒスイクレベース→0714.オンバット



同こおり単タイプ編集


その他編集

亀ポケモン:この一種に数えられる事もある。

ハボクック ウカムルバス

関連記事

親記事

カチコール かちこーる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 424422

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました