ピクシブ百科事典

砕氷船

さいひょうせん

凍結した海面の氷を砕きながら航行する能力を持つ船舶。

砕氷船とは、船舶のうち砕氷機能を持つもの。

概要

広義には流氷等で凍結もしくはそれに準じる状態の海面の氷結面を破砕しながら航行可能な船舶のことをいう。また狭義には、砕氷能力を持つ船舶のうち軍艦でないものをさしていう。

近代的な砕氷船には、

  • 氷板に乗り上げ易いスプーン型船首
  • 氷板に乗り上げて砕くための幅広で平らな船首部の船底
  • 船首と氷板との間に海水を噴射するハル・ウォッシュや、船底部から気泡を出して船体と氷の接触を減らすエアー・バブルなどの砕氷抵抗軽減システム
  • オイル・タンクの間でオイルを移動し、氷を割るため船体を前後左右に傾けるヒーリング・タンク
などを装備したものが多い。

スクリューが氷を切り刻む抵抗に対処するため、強大な低速トルクが必要となる。それゆえ低速で最大トルクを発揮する電気モーター推進(ディーゼル機関で発電した電力でモーターを駆動するディーゼル・エレクトリックというタイプが多い)を採用する砕氷船も多く、また民生原子力船がペイする唯一の分野とも言われる。

国土が北極海に面するアメリカ、カナダ、ロシアなどでは数多くの砕氷船が運用されている。

現在の日本において砕氷船は巡視船2隻(そうやてしお)と観光遊覧船3隻(おーろら、おーろらII、ガリンコ号)とごく少数であるが、南樺太を領有していた戦前の日本は比較的多くの砕氷商船を保有していた(→幸運船の記事で、太平洋戦争を生き延びた砕氷船が紹介されている)。

関連タグ

砕氷艦 流氷 ふじ しらせ ガリンコ号 南極観測船

関連記事

親記事

船舶 せんぱく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「砕氷船」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11389

コメント