ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ポケモン図鑑

ぽけもんずかん

ポケモン図鑑とは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する便利アイテム。
目次 [非表示]

概要

ポケットモンスターシリーズに登場する道具の一つで、ゲーム中に登場する生物「ポケモン」の情報を記録するための端末。英語では「ポケデックス」という。

ゲームの序盤でポケモンを研究している博士やその関係者から託され、その完成を依頼されることで、主人公の冒険は本格的に幕を開ける。


シナリオ中ではこのポケモン図鑑を完成させることが主人公の大きな目的の一つとされているため、ポケモン図鑑はモンスターボールキズぐすりといったどうぐとは違うアイテムとして扱われ、独立したカテゴリーの一つにもなっている。


なお、ミュウをはじめとした幻のポケモンは図鑑の完成には必要なく、シリーズによってはそれ以外のポケモンも完成の対象外となっている。


いわゆる生物図鑑や電子辞書に相当するが、元ネタは児童書の定番ジャンルである怪獣図鑑ではないかと思われる(比較解説は後述)。


機能

  1. 図鑑を開くと、みつけた(種類の)数つかまえた(種類の)数が表示される。
  2. 野生のポケモンやゲーム中のNPCが繰り出してくるポケモンが初見だった場合、図鑑にそのポケモンのページが自動的に作成され、姿と名前、鳴き声、生息地が記録される。
  3. 各種モンスターボールで野生のポケモンを捕獲すると、上記の内容に加えてそのポケモンの高さと重さ、簡単な説明文が追加され、そのページは完成となる。進化や他人との交換、NPCから譲られるなどして手に入れたポケモンも同様に扱われる。

シリーズが進むに伴い、ポケモン図鑑にも検索機能や姿の違い(オスとメス、フォルムチェンジ色違いメガシンカなど)、大きさの比較などなど様々な新機能が加えられているが、上述した機能はシリーズを通して一貫している。


デザイン

大まかな共通点として電子手帳や携帯ゲーム機のような形状で、カバーを展開することで画面やキーが露出しアクティブになるという特徴があったが、第7世代では図鑑そのものがタッチ操作式のディスプレイ1枚になったため展開機能はロトム図鑑が手足として扱う部分と図鑑機能には関係ない部分に搭載され、第8世代以降はスマホロトムの機能の一つとしてインストールされたため専用デバイスとしてのポケモン図鑑は消滅した。

ポケモンカードゲームでは一部のモデルには型番が併記されている。


第1世代(赤・緑)

【ポケモン26周年】151匹も見つけた思い出

HANDY505モデルは赤い電子手帳型。操作は主に画面側にある十字ボタンや各種ボタンで行う他、カバー側にテンキーがある。

アニメ版では読み上げ時に青いランプが発光する仕様となっている。

リメイク版の『FRLG』に登場するHANDY909モデルでは大まかな形状はそのままに横倒しになりテンキーの類が削除、十字キーのみが右下から飛び出た形状となっている。

こちらでは従来のような番号順でポケモンのデータを閲覧する「ポケモンいちらん」(カントー図鑑と全国図鑑に切り替えができる)と生息環境からデータを閲覧する「いろんなばしょにいるポケモン」(全国図鑑にも対応)の二種類の閲覧方法がある。


後者の区分は「そうげんのポケモン」、「もりのポケモン」、「うみのポケモン」、「みずべのポケモン」、「どうくつのポケモン」、「やまのポケモン」、「あれちのポケモン」、「まちのポケモン」、「めずらしいのポケモン」の9種があるが、必ずしも実際の生息地に合致しているわけではない。

「めずらしいのポケモン」は全て伝説・幻のポケモン(+アンノーン)でカテゴライズされているが、内訳は結構ややこしい。

「そうげんのポケモン」には三犬、「もりのポケモン」にはセレビィ、「みずべのポケモン」にはラティ兄妹、「うみのポケモン」にはカイオーガ、「どうくつのポケモン」にはレジ系、「やまのポケモン」にはジラーチ、「あれちのポケモン」にはグラードンが区分されており、「めずらしいポケモン」はそれ以外という扱いである。

つまり、ルギアは「うみのポケモン」、三鳥は「やまのポケモン」、ミュウツーは「どうくつのポケモン」にカテゴライズされていないので検索する際には注意。


これらの区分は『ポケモン川柳全百科』(小学館)や「オールカラー版 ポケモン全キャラ大事典」(小学館)など第3世代当時に刊行された書籍でも用いられた。


第2世代(金・銀)

HANDY808モデルは画面側とボタン側のカバーが独立しており上の画面側のカバーは上に、下のボタン側のカバーは右に開き、カバーを畳むとモンスターボールのマークを形成する。

青ランプはカバーより更に下部の右端にある。

リメイク版の『HGSS』にではカバーの数は一つになり、第4世代に展開された事もあって、タッチパネルとカバー側にある本ディスプレイの二画面形式に変更され、十字ボタンは健在だったが、4つあったボタンはと2つに省略された。また下部のランプはオミットされた。

UIも大幅に変更され、各ページのアイコンは各ポケモンのボックス用ドットが用いられている。

玩具版ではタッチペンが付いている。


第3世代(ルビー・サファイア)

初代同様に右に開くタイプのカバー折り畳み式だが横長になった。左端にあるモンスターボール型のマークはこれまでのシリーズにおける十字ボタンの役割を果たすスクロールキーであり、決定などは白い二つのボタンで行う模様。ランプは緑色に変更されスクロールキーの中心に配された。

リメイク版の『ORAS』ではデザインを一新し、初代ゲームボーイアドバンスを模したフォルムになった。カバーを上下に引っ張る形で展開すると画面右側に緑色のボタンが二つ現れる。モンスターボール型スクロールキーは健在であり、スタートボタンとセレクトボタンに当たる部分は何のためのボタンかは不明。


第4世代(ダイヤモンド・パール)

HANDY910isモデルはニンテンドーDSで発売された事に倣い、DSのような二画面形式となった。折り畳み型もDSと同じ。

基本的にスクロールは十字ボタンで行うが、下画面で様々な操作が出来るように。左側のボタンではポケモンの検索や図鑑の切り替え、上下ボタンでは図鑑の最初のページあるいは最後のページに移動する事が可能。第3世代にあったモンスターボール型のスクロールキーは下画面のタッチ操作式UIとなり、ゲーム中でも十字ボタンよりも手早くスクロールが可能。また鳴き声や分布機能の使用に際して下画面も切り替わる。下画面側の枠の右側からせり出てくる緑色のボタンで決定、下画面のすぐ右側にある小さなボタンでそれ以外の操作を行う模様。

便利機能が爆増したため当時の低年齢層からの評価は高かった。


リメイク版の『BDSP』でもデザインに変更は加えられず続投となったが、重さを計測する機能では新たにアニメーションが追加された。重いポケモンが天秤に乗るとその衝撃で主人公が空高く吹っ飛ばされ、ポケモンが重ければ重いほど天空→月面→宇宙の彼方と飛ばされる場所がインフレしていく。


本世代から海外版の図鑑情報も記録できるようになっており、226ばんすいどうにいるマイスターに頼めばアップグレードしてくれる。


なお、アニメ版ヒカリがピンク色の図鑑を使用していたのが好評を博したためか、以降発売された『HGSS』と『BW』では男女で図鑑のカラーリングが異なっていた。余談だが、シンジの図鑑は黒。


第5世代(ブラック・ホワイト)

ウォークマン型。下画面やボタンは常に露出した状態で、使用時は上画面がスライドして展開する。これまでの赤の割合が多かった図鑑では珍しく、グレーの割合が多い珍しいカラーリングが特徴。モンスターボールマーク部分は男の子用は赤く、女の子用はピンクになっている。HANDY910isモデルから更にタッチ操作化が進み決定操作のみボールマーク中心の白いボタンで行う模様。

本世代から図鑑画面で色違いポケモンのグラフィックを鑑賞できるように。


第6世代(X・Y)

タブレット端末型。通常時は正方形でサイズも大きめという歴代ポケモン図鑑でも異色なタイプ。

モンスターボールの開閉を意識したデザインで、上下に引っ張り展開する事で起動する。画面は向こう側が透けて見える未来的な薄型で、ボタンの類は確認できず完全にタッチパネル操作に移行した模様。

『XY』で捕まえたポケモンには三色のマーク(カロスマーク)、過去作から送られたポケモンはモンスターボールマークが付く。


第7世代(サン・ムーン)

ロトム図鑑

タブレット端末型で、タウンマップなどこれまでの携帯端末に搭載されていた機能が追加され、デザインも前作よりも現実のタブレット端末に近づいた上、最大の特徴はロトムが融合した事で自我を持っている事にある。

詳しくはロトム図鑑を参照。


ピカブイ

『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ“完全版"公式ガイドブック』に掲載された設定資料集によると、電子辞書と3DSを足して2で割ったような見た目をしている。


第8世代(ソード・シールド)

スマホロトム

スマホ型…ではなく、公式でスマホそのものと明言されており、ポケモン図鑑はこれにインストールされた機能の一つという形になった。第7世代同様にロトムが融合している。

詳しくはスマホロトムを参照。


互換切りの影響で『剣盾』に実装されたポケモン全てが図鑑に登録されるわけではない。

例えば、ダイマックスアドベンチャーでは殆どの禁止級や準伝説が入手できるが、登録されるのは図鑑にデータのある種のみ。

この仕様は第9世代でも引き継がれた。


LEGENDSアルセウス

第4世代のシンオウ地方の過去を描いた作品であるため、歴代初の紙媒体となっている。アニメでのオーキド博士やポケモンウォッチャーのケンジのスケッチブックがこれに近い存在と思われる。

これまでの図鑑とは異なり、特定のミッションをこなす事で上がっていく研究レベルシステムが搭載され、ストーリーを進める鍵となっている。

ちなみに余談だが第一世代の少し前までは紙媒体の図鑑だったらしい。

文体は他メディアとは異なり、古めかしいものになっている。

こちらではゲームシステムの違いから、好物(ただし、当作で手に入るアイテムのみ)も記載されている。


第9世代(スカーレット・バイオレット)

剣盾のスマホロトムとさほど変わらないが高所から落下した際に掴むことである程度落下の衝撃を和らげる機能が追加されている。


また、図鑑には新しくポケモンを登録する際に「本」として収納される演出があり、ポケモンの詳細を開くとそのポケモンの一面を映した表紙となる写真が表示される(ポケモンHOMEでも確認可能)。

一方で、何故か検索・ページのジャンプ・終了時のカーソル位置記憶といった便利機能がオミットされており、分布の地図が拡大できない&自分の現在地が表示されないことも相まって「デザインはいいのに使いづらい」といった声が相次いでいる。

作中では担任のジニア先生がこの図鑑アプリを作ったということになっているため、先生に図鑑の作り直しを要望する生徒が多発することに…。

本編では「パルデア図鑑」を埋めて行くことになるが、キタカミの里に対応した「キタカミ図鑑」やブルーベリー学園に対応した「ブルーベリー図鑑」に切り替えも可能。


また、リージョンフォームは図鑑にデータがあるもののみ登録される。

例えば「ブルーベリー図鑑」では通常種のイシツブテ族は登録されず、現地で入手できるアローラのすがたが登録される。


ポケモンピンボール

ゲットモードで入手したポケモンが登録される機能。

登録可能ポケモンは全部で150匹(実は隠しキャラでミュウが手に入るので正確には151)。


ポケモンピンボールルビー&サファイア

基本的な仕様は前作と同じ。

登録ポケモンはデオキシスを除いたホウエン図鑑のポケモンたちで合計201匹。

特別出演GETカードを使えばジョウト御三家(ただし、無進化)とプテラが手に入る。


ポケモンコロシアム

銀色の携帯端末「P⭐︎DA」がこれに当たる。

歴代携帯端末とポケモン図鑑、そしてトレーナーカードの機能を合わせたような道具であり、一言で表すならばポケモン版のPET


メール機能、ダークポケモンの情報を確認できるスナッチリスト、3Dモデル干渉や入手したポケモンの情報を確認できる攻略メモを搭載。


スナッチリストの仕様はポケモン図鑑と似通っているが、こちらはバトルで確認した順から登録、データロムの解析内容の確認でバトルした事のないダークポケモンの名称が登録される。

逆を言えば、データロム解析メールを見なければ出会っていないポケモンの登録は回避できるというわけだ。

単にネタバレ回避のための仕様というわけではなく、リストに登録されると性別・性格・ステータスが固定される他、スナッチした場所によって出会った場所の記録も変わるので厳選をやる上で知っておかなければならない仕様となっている。


また、攻略メモはフェナスシティのトレーナーズトレーニングセンターの先生に話しかけると追加してもらえる機能であり、新たにポケモンに出会った状態で話しかけると内容を更新してくれる。

なお、色違いのポケモンが登録できるが、通常色を登録してしまうと登録できなくなるので注意。


ポケモンXD

「P☆DA」(ポケモンデジタルアシスタント)が続投。

メール機能や攻略メモ(デフォルトで内蔵)は勿論、スナッチリストと役割の似通ったダークポケモンモニターや野生のポケモンを誘き寄せるポケスポット(※)の状況を確認できる「スポットモニター」という新機能を搭載。


なお、本作のダークポケモントレーナーは六つ子戦闘員、ミラーボ、シャドー総帥以外とは再戦できない。よって取り逃がしたダークポケモンはミラーボから回収する事になる。つまり、ダークポケモンモニターの基本的な登録条件は前作とほぼ同じ。

なお、前作のデータロム解析メールにあたるのはシャドー秘密工場にあるゴリガンの製造リストであるので順当に攻略するならば触れないのが吉。


(※)ポケスポットはポケまんまを置き、全てを食べられる前にポケスポットを訪れるとポケモンとバトルできるシステム。

要は第三世代のサファリゾーンや第四世代のあまいかおりのするきのようなものである。


ポケモンレンジャー

キャプチャ・スタイラーにブラウザ機能があり、事実上のポケモン図鑑となっている。

これまでの地方図鑑同様に番号の割り振りも独自のものでありDLCのポケモンにも対応しているが、地方・全国図鑑と決定的に違うところが3つある。

  • 一部の例外を除き、解説文は攻撃方法やゲームでの役割が記述されている。
  • タイプではなく、「グループ」が記述されている(ここら辺は別記事にて)。
  • 実装ポケモンの関係上、進化系が全て登録されるわけではない。
    • 例えば初代『ポケモンレンジャー』ではブイズでイーブイのみが登場しないので、ブラウザに登録されるのはそれ以外といった具合。
    • 本家第9世代でも進化前が図鑑に登録されないという現象が起こっているが、進化前を実装しない事がザラにあるポケモンレンジャーとは事情がまるで異なる。

なお、『光の軌跡』版では登録されるのは現代編のポケモンだけであり、過去編に当たる通信協力ミッションでキャプチャしたポケモンは登録されない。


ポケモン立体図鑑BW

2011年6月に配信されたニンテンドー3DS対応ソフト。

第五世代のポケモン(ケルディオゲノセクト除く)の3Dモデルが鑑賞可能かつそれ以前の世代のポケモンが持つ技のデータも記載されている。

ただし、ソフト起動時点で全てのデータが解放されているわけではなく、いつの間に通信(伝説のポケモンの場合は後述のARマーカー)を用いる必要がある。

また、ARマーカーを用いればいつの間に通信で該当ポケモンのデータを登録しやすくする他、3Dモデルを現実世界に投影して写真撮影も可能。


ポケモン全国図鑑Pro

2012年7月14日配信。

立体図鑑BWのアップグレード版でフシギダネからゲノセクトまでのデータに対応。

ただし、メロエッタとゲノセクトの解放にはキーワードを入力してクイズモード「ポケモンチャレンジ」をクリアする必要がある。

本作のみポケモン名の読み上げがある。


ポケモンバンク

XY〜USUMの図鑑説明に対応。

トリミアンなどは第7世代でフォルムチェンジした状態のものを預ければその姿が登録される。

ただし、ポケモンHOMEに引き継ぎする際には姿が戻ってしまうので注意。

加えて、ポケモンHOMEにその情報を登録する為にはまず、ポケモンバンクの図鑑に登録している事が前提となる。


ポケモンHOME

XY〜SV(LPLEやアルセウス含む)に対応、将来的には第10世代以降にも対応すると思われる。

ポケモンバンクから一部データを同期する事が可能なのは先述した通りであり、メガシンカキョダイマックスサトシゲッコウガ、色違いなど各種フォルムチェンジにも対応(ただし、大人の事情でパッチールの図鑑用グラフィックは公式絵準拠な他、AZのフラエッテやギザみみピチューおきがえピカチュウテラスタルオーガポン(テラパゴスは全形態登録される)、スターモービルといった一部の特殊なポケモンには非対応)。

なお、第8世代や第9世代で廃止されてしまった技のデータも確認できる(ソフトによって該当技が復帰している作品があるための措置)。


加えて各世代のモデルやポケモン図鑑の扉絵を確認できる「ソフト図鑑」という機能もある(ポケモンGOやLPLE以降のシリーズと連動した機能)。

ただし、同種のポケモンを捕獲すれば登録されるシステムではなく、特定の世代で捕まえたポケモンでないと登録されないので注意(無論、ボックスに預けるまでの工程が必須)。

特定のバージョン限定ポケモンを登録したい場合、旧世代から該当ポケモンを連れてきて別個体を孵化させるという手順を取れば登録したと見なされる。


NEWポケモンスナップ

フォトアルバムなので、電子機器ではない。

従来通り、ポケモンの生態を解説しているが、本家との最大の違いは写真撮影ゲームである為、プレイヤーの撮影した写真を掲載していくという方式で1ページにつき、4枚まで掲載できる。また、撮影対象の行動によって星1~星4までの評価に分類される。


地方図鑑と全国図鑑

ポケモン図鑑には、そのシリーズの舞台となる地方を対象とした地方図鑑と、それまでの全シリーズに登場した全てのポケモンを網羅するための全国図鑑が存在する。


第3世代から第6世代においては、ストーリーの後半や一度EDを迎えた後で地方図鑑から全国図鑑へのアップデートが行われており、第4世代からは全国図鑑のコンプリートが「地方図鑑を埋め終わった者への新たな目標」という位置付けになっていた。

第7世代からは全国図鑑がポケモンバンクポケモンホームといった玄人向けコンテンツ限定の機能となり、ゲーム本編内ではその存在が語られなくなった。これらの全国図鑑は各コンテンツと紐づいているので、そのコンテンツ内に持ち込めない特殊個体の情報は登録されない(例えばHOMEの図鑑にはおきがえピカチュウが登録できない)。

BDSPなど一部のリメイク作品では全国図鑑が存在するが、収録ポケモンはリメイク元に準じている(そもそもBDSPにはニンフィアなどの後発の進化系がそもそも実装されていない)。


地方図鑑の中でさらに細かく分類されるケースもあり、XYの舞台となるカロス地方では図鑑がセントラルカロスコーストカロスマウンテンカロスの3つに分かれており、サン・ムーンの舞台となるアローラ地方ではそれぞれの島に対応した図鑑が存在する。


ポケモンに振られている番号は地方図鑑ごとに異なっており、例えばカントー図鑑のNo.001はフシギダネだが、アローラ図鑑のNo.001はモクローである。

一方、全国図鑑では赤・緑(001~151)→金・銀(152~251)→ルビー・サファイア(252~386)→ダイヤモンド・パール(387~493)→BW(494~649)→XY(650~721)→サン・ムーン(722~807)で追加された順に番号が振られている。


ポケモンGOでも似たような扱いだが、「第7世代に到達しても全国図鑑がデフォルトの機能として存続する」「地方図鑑内の分類がない」などの細かな違いがある。


全国図鑑の割り振りについて

全国図鑑の登録順は基本的に御三家が最初に来て伝説のポケモンが終盤、幻のポケモンが最終盤に配置という路線が定番であった。


第1世代と第2世代では禁伝の間600族が挟まったり、第5世代では幻のポケモンであるビクティニが最初に来るという例外はあれど、第6世代までは概ねこの路線を貫いていた。

第7世代でも同様になるかに思われたが、『USUM』で新規禁止級が4体も幻のポケモンの間に挟まった上に続く第8世代ではDLC商法を導入した事で完全にこの路線は終わりを告げる。


第9世代に至ってはかなり変則的であり、570族のパラドックスポケモン→600族コレクレー準伝590族のパラドックスポケモン禁止伝説レイド限定種DLC追加一般ポケモンDLC追加準伝&禁伝DLC追加一般ポケモンDLC追加パラドックスポケモンDLC追加禁伝となっている。


とはいえ、ヒスイ地方を除いて御三家が最序盤に来るという法則は現在に至るまで続いている。


完成の特典

シリーズによって異なるが、地方図鑑を完成、或いはその地方に生息する全てのポケモンを発見するとまるいおまもりが、全国図鑑を完成させるとひかりおまもりがご褒美としてもらえる。

まるいおまもりは育て屋でポケモンのタマゴが見つかりやすくなり、ひかりおまもりは色違いのポケモンに出会いやすくなる。

また、ゲーム中のどこかにいるゲームフリークのスタッフに完成した図鑑を見せると、そのスタッフが主人公を表彰してくれる。


なお、サン・ムーンとソード・シールドには全国図鑑が存在しないため、おまもりの入手方法も異なっている。


スカーレット・バイオレットでも完成特典が存在するが、そこに至るまでに規定の数のポケモンを登録するとボールや進化用のアイテムなどが貰えるシステムが存在する。


アニメでのポケモン図鑑

CV:三木眞一郎(無印・AGバトルフロンティア編・DP(コトネ・カズナリ用))/林原めぐみ(AG)/川上とも子(DP前期)/雪野五月(DP後期)/石塚運昇(BW・XY)/浪川大輔(サン&ムーン・新無印(コハル版))/マリナ・アイコルツ(新無印(ゴウ版))/堀内賢雄(新無印(サトシ版))/大谷育江(新無印(ロケット団版))/山下大輝(リコロイ編・所有者に関わらず一律である)


アニポケにおけるポケモン図鑑は、主人公が空白を埋めていくゲーム版とは違ってサトシたちが手にした時点で研究者たちが集めた大半のポケモンのデータが入力されており、図鑑を起動させると音声でそのポケモンの解説をしてくれるなど、文字通りの“ポケモン図鑑”としてトレーナーをサポートするためのアイテムとなっている。ゲーム版と同じく自分で操作して検索する事も出来るが、ポケモンに向けると自動で検索してくれる。ロケット団のニャースが違うポケモンに変装していても、瞬時に見分ける事が出来るほどの機能性を持っている。解説は原作ゲームと全く同じとは限らず、アニポケ図鑑が初出の設定も多い。

他にも手持ちポケモンのステータスや覚えている技、アイテムの情報、トレーナーの心得なんかも収録されている。

伝説のポケモン幻のポケモンについてはデータが入力されていないか、ごく僅かなデータしか入っていないことが多い。この他、他地方のポケモンのデータに至ってはそもそも内蔵されていない事すらある。

メタ的にはゲームに実装されているポケモンのデータのみ掲載されているので、サトシはシリーズが更新されるごとにポケモン図鑑を機種変している(無印1話でホウオウに、AG最終回でエレキブルに図鑑を向けても反応がなかったのはその為である)。

現実世界と同じように端末には更新プログラムが内蔵されており、新種のポケモンが発見された時は、公衆型テレビ電話などで情報をアップデートする事が出来る。


またこの図鑑は身分証明書も兼ねており、ポケモンセンターなどの公共施設の利用や、ポケモンリーグの参加登録の際に役立つ。再発行は不可である。

所有者によってボディの色が異なる場合がある。


ちなみにポケモンからの干渉を受けて電源が切れる事もあるらしく、ヒトモシが自分たちの目的を悟られない為に電源を切るという芸当を披露した。


ロケット団は該当する機器を持っていない為、コジロウの持っているポケモンカードで情報を探るというシーンがDP編で見られた。新無印編では新たにスマホロトムを得たため、ポケモンの情報に不自由する事はなくなった。


初代で図鑑の音声を担当した縁からか、ポケモンKidsTVの「おやすみポケモンずかん」では三木眞一郎氏が読み聞かせを担当している。


ポケスペでのポケモン図鑑

機能は概ね他のメディアと同じだが、オリジナル設定として指紋認証機能、波動を放ち進化をキャンセルさせる機能、ポケモン達の感情の機微を見る機能が付いている。

また、現地図鑑から全国図鑑にアップデートするという流れも原作と同じである。

ただし、アニポケのように多数のトレーナーが持っているものというわけではなく、博士に認められた子供達が所有する一点物という扱いで、所有者を総称して「図鑑所有者」と呼ぶ。

この点で言えば、デジモンにおけるデジヴァイスに近い役割だと言える。

因みに、表示された画面はゲームのものが使われている。


余談

図鑑の説明文に書かれている内容はビルでもぶっ壊すだのタンカーでも沈没させるだの近代兵器の攻撃でも平気だのとんでもない内容であることが多い。本当だったらクサイハナは出した瞬間敵も味方も失神し、カイリキーに殴られればジムの壁にめり込み、バンギラスが暴れた後にはが無くなっているポケモンの企画がウルトラセブンカプセル怪獣のオマージュという事もあって、怪獣じみた解説になるのは当然の成り行き…なのだろうか?中には伝承や噂の類を紹介している物もある為、信憑性が疑わしい時があるのはご愛嬌。


図鑑解説にやたら馴れ馴れしかったり、曖昧な表現が使われていたり、内輪ネタくさい文があるのも、昔の怪獣図鑑ではよくある事。いにしえの特撮ファン御用達の勁文社の図鑑の例を挙げてみよう。モスゴジラの頂ではすみれの予言通りに現れた巨大蚊害獣。こんなのに血を吸われたら1回で干からびるぞ!という文が出てきたり、サビムシラーの頂では人間の体内で成長する、迷惑な奴。糸縛りとサビ菌を使って攻撃を仕掛けてくる怪物28号。という解説が出てきたりするので如何にポケモンがそういった文化の影響を受けているかがわかる(英知出版刊「全怪獣怪人大事典上・中巻」(2003)より。原文ママ)。


ポケモンに必ず設定されている分類や足型も同様に特撮にルーツがあると考えられる。

というのも怪獣図鑑に記載されている各怪獣に個体名とは別に別名(種別)というものが設定されているからである(一部を除く)。

例えば、バルタン星人には「宇宙忍者」、ゴモラには「古代怪獣」などそれぞれの特徴や出自を表すものが付けられていると説明すればお分かりいただける事であろう。


初代の図鑑テキストの記入を担当したのはポケモンの生みの親である田尻智氏であり、曰く、実際にショッカー怪人ウルトラ怪獣を参考にしたと言う。鳴き声なども参考にするべく、古本屋で関連書籍やソノシートを探し回ったとの事。やはり、特撮ものに大きな影響を受けたのは間違いない様子。


参考までにテキストの元ネタと思われるものをいくつかピックアップして解説する。

  • 「みみが よくて 1キロ はなれた ところで おとした はりのおとを みごとに ききわけられる。」
    • 赤緑のピクシーの解説。「100メートル先に落ちた針の音をも聴き取る男!」(東映版スパイダーマンより)など「遠くで針が落ちた音を聞き取る」という設定は怪獣やヒーローの聴覚スペックを解説する際の表現として定番である。
  • 「カラが ひじょうに かたく ナパームだんでも こわせない。こうげきするときだけ ひらく。」
    • 赤緑のパルシェンの解説。地底怪獣テレスドン「ナパーム弾をうちこまれても平気。」という設定が元ネタと思われる(『ウルトラ怪獣手帳』より)。
  • 「うすい ガスじょうの せいめいたい。ガスに つつまれると インドぞうも 2びょうで たおれる。」
    • 赤緑のゴースの解説。毒ガス怪獣ケムラー「インド象でも三秒で死んでしまう。」という設定が元ネタと思われる(『ウルトラ怪獣手帳』より)
    • インドゾウは破壊力の指標として用いられるなど怪獣図鑑では定番の存在であった(参考までに初代ウルトラマンのパンチ力はインド象50頭分)。
  • 「あたまは わるいが ちからが つよく こうそうビルも たいあたりで コナゴナに ふんさいする。」
    • 赤緑のサイホーンの解説。地底怪獣テレスドンの「足の力は30階のビルもけたおす」とされるなど昭和期の怪獣図鑑では破壊力の指標として高層ビルが持ち出されることがあった(『ウルトラ怪獣手帳』より)。
  • 「スーパーコンピュータより すばやく けいさんする ずのうを もつ。ちのうしすうは だいたい5000。」
    • 青のフーディンの解説。メフィラス星人が知能指数がおよそ1万本郷猛の場合は知能指数600とされたりと怪獣図鑑などでは知能指数がインフレしつつあり、そこから着想を得た設定と推測される。

(参考)。


また、近年の作品にはより現実の生物じみた解説というかブラックすぎる解説がなされる事もあり、賛否両論の的になることがある。ポケモン図鑑はあくまでポケモンの一側面を切り取った物である以上、解説がそのポケモンの全てという訳ではないという事には留意したい。(図鑑では凶暴なポケモンとされるポケモンでさえ、トレーナーの指示をきちんと聞く。)


一部ではそうした図鑑説明は概ねその地方の文化やシリーズのテーマに合った内容になるがゆえではないか?という考察がある。(例えば第7世代であれば「生態系」に重きを置く、第5世代であれば「人とそのポケモンの関係」に重きを置くなど。それでもやりすぎ感が否めない解説があるのも事実だが…。)


また、ゲーム内の図鑑以外にも、小学館のコロタン文庫などから発売されているアニポケ寄りの内容になった書籍版のポケモン図鑑も存在しており、そちらではゲーム内では明かされなかった設定を公開する事もしばしば。


シリーズが進むにつれてポケモンの数が900種類以上も増えているため全種類集めるのは一苦労なのだが、pixivには全種描いてやろうじゃないかという猛者がいるので、そちらも併せてみていただきたい。


ポケモンSV以降となると登録数が1000の大台に乗ると予想されたが、その通りとなりポケモンはSVの新規ポケモンを含めると1008種類になった。

記念動画もオフィシャルで作られている。


RTA種目にはポケモン図鑑完成というものもあるが、後発の作品では地方図鑑完成だけでも世界記録を狙うなら丸1日近くかけることを覚悟しなければならない大仕事となる。


関連イメレス

暇な人はポケモン492匹挑戦すれば良いじゃない


関連タグ

ポケットモンスターポケモン

ポケモン(架空の生物)

ポケモン一覧

フシギダネ:全国図鑑で一番初めに来るポケモン。


怪獣図鑑

デジモン大図鑑

インドぞう タンカー

一部の図鑑で犠牲になっている。


外部リンク

ポケモンずかん

関連記事

親記事

ポケットモンスター ぽけっともんすたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 627884

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました