ピクシブ百科事典

デジヴァイス

でじゔぁいす

デジモンシリーズにおける重要アイテム
目次[非表示]

概要

デジモンシリーズにおける、「選ばれし子供達」や「デジモンテイマー」が所持する、パートナーデジモンをパワーアップさせるデバイスである。
デジモンの進化機能」や「デジタルワールドへのゲート展開」等の能力を持っている(個々の性能の違いがあり、ゲート展開能力が無いものもある)。

デジヴァイス

太一とヤマトのデジヴァイス。と。


デジモンアドベンチャーの選ばれし子供達が所持。
デジモンの進化機能や邪悪な力の浄化能力(何故か時計機能も)がある。
アドベンチャーと02の間に活躍した2001年の選ばれし子供達が所持するのも、このタイプである。
レオモン曰く、聖なるデヴァイスでデジヴァイスだそうだ。
単独での進化能力は成熟期まで、完全体への進化はタグと紋章が必要で、一部のみワープ進化によって究極体に進化できる。

最終回でタグはアポカリモンに破壊され、紋章はデジタルワールドの修復に使用された為に、02では完全体進化に大幅に制限が付いてしまった(究極体へのワープ進化、ジョグレス進化はエネルギーが十分ならば可能な様子)。

D-3

D-3


デジモンアドベンチャー02の選ばれし子供達が所持。
初代デジヴァイスの機能に加えて、デジメンタルによるアーマー進化、テイマー二人でのジョグレス進化、単独でのゲート展開が可能(ゲートにはテレビやパソコン等の媒介が必要だが、大輔達以外のD3所持者ではゲートを開けないと02ドラマCD 2003年-春-では語られている)。
DIGIMON DETECT&DISCOVERの頭文字をとってD-3と言うほか、初代デジモン、デジモンペンデュラム、デジヴァイスの3つの機種の融合という意味を持つ。
暗黒の力で誕生した一乗寺賢のD-3がオリジナルのD-3であり、大輔たちのものはそれを模した物。
出所が出所なため、賢のD-3はデジヴァイスの聖なる力だけでなく闇の力を扱う機能もある。

ディーアーク

終


デジモンテイマーズの選ばれし子供達が所持。
側面にデジモンカードをスロットすることで、デジモンにカードの能力を付加することが可能になり、デジモン図鑑の解析機能もついている。
進化能力は、パートナーの気合や「超進化プラグイン」等のカードをスロットすることで可能。
完全体への進化は「ブルーカード」という特殊な進化が必要。最大の特徴はテイマー自身をデーターに変換してデジモンと融合させ、究極体へと進化する「マトリックスエボリューション」。
本編では「デジヴァイス」もしくは「アーク」と呼ばれている。

ディースキャナ

ディースキャナ


デジモンフロンティアの選ばれし子供達が所持しており、各子供たちの携帯電話がディースキャナーに変化したものである。
内部に十闘士のスピリットを格納可能であり、子供達の「デジコード」をスキャンしてスピリットと融合させることが可能。
また複数のスピリットを同時に使用することで、ダブルスピリットエボリューション、ハイパースピリットエボリューション等の、上位レベルへの進化が出来る。

デジヴァイスiC

デジモンセイバーズのテイマーが所持。
アニメ・漫画では初の『人間が創ったデジヴァイス』であり、量産されている機械なので所持に制限は無く、老若男女関わらず使用可能。
内部にデジモンを格納可能な端末で「〇〇モン、リアライズ!」と呼ぶ事でパートナーデジモンを外に呼び出す事が可能となった。
「デジソウル」を込めることが全てであり、込める量によって進化段階が決まる。
敵側のバイオデジモンも専用のものを持つ。

デジヴァイスバースト

アニメ29話でデジヴァイスicが進化した形態。
テイマーのデジソウルが一定以上まであれば、究極体をも超えた「バーストモード」に変化させることも可能。

クロスローダー

デジモンクロスローダー


デジモンクロスウォーズのジェネラル及びハンター(XW3期)が所持する端末。
内部にデジモンを軍団レベルで格納可能で、内部でダメージを癒やすこともでき、呼び出す時は「リロード」と叫ぶ。
所持者はデジモン同士を合体させるデジクロスが使用可能であり、効果的な運用に当たってはジェネラルには部隊指揮官としての能力も求められる。
元々デジクロス自体が、敵であるスカルナイトモンが発見したシステムであり、それをバグラモンがシステムとして完成させた物である。つまりシリーズ唯一敵が作ったデジヴァイスである。

第三期デジモンクロスウォーズ~時を駆ける少年ハンターたち~では、ラスボスであるクオーツモンに対抗するべく、時計屋の親父(正体はバグラモン)によって大量生産され、多くのデジモン ハンターが所持している(1・2期とは違いジェネラルでは無くハンターと呼称されている)。

後述するように漫画版ではウィザーモンが作成したクロスローダーが後にタイキの物になったり、アカリゼンジロウの物にもなった。

アプリドライヴ

アプリモンスターズのアプリドライヴァーが所持している端末で、アプモンチップというアイテムでアプモンを呼び出す。
またバディアプモンによってアプリドライヴのカバーカラーリングが異なる。
デジヴァイスでは珍しく喋るアイテムでCVは高木渉
なんとデジヴァイスシリーズでは初にして唯一のゲーム機能がないアイテム。

アプリドライヴDUO

アプリドライヴの進化版で指紋認証スキャン機能が搭載。
タッチと共にアプリアライズする事で、アプリドライバーの生体(体力)パワーが加わり、全てのアプモンのステータス数値が1.5倍に強化。
またアプリドライヴでアプリアライズされた極アプモンは60秒の時間制限があったが、DUOでは無制限になっている。
当初はアニメ27話でアプリドライヴァーとなった大空勇仁&オフモンペアしか持っていなかったが、アニメ39話にて主人公 新海ハル達、アプリドライヴァーもアプリドライヴからアプリドライヴDUOに強化された。
掛け声は『○○注入!』と変更されており、バディの体力が低下すると本体がタッチを促しアプリドライヴァーの生体パワーが加算される。


ゲーム内のデジヴァイスについて


デジモンワールド

初期型育成ギア デジタルモンスターをデジヴァイスとして使用。
デジモンワールドの初期作でデジモン育成が得意な少年がデジモンワールドに召喚され、世界を救うストーリーである。
デジモンストーリーnext orderではマメオとして大人になった主人公が登場する。


秋山遼VSミレニアモンシリーズ

デジモンアドベンチャーシリーズのパラレルワールドの作品シリーズ。
このシリーズではデジヴァイスを使用している。

デジモンアドベンチャーアノードテイマー&カソードテイマー

デジモンアドベンチャーの冒険が終わり、『選ばれしこども』達に平穏な日々が戻ってきた。
しかし、彼らに倒された敵の生き残り・ムゲンドラモンとキメラモンが互いに生き残るために融合し、ミレニアモンとして復活、時間を操る能力を駆使してかつての強敵デジモン達(デビモン、エテモン、ヴァンデモン、ピエモン)を復活させ、こども達を異空間へ幽閉してしまう。
大晦日にチャットを楽しんでいた主人公・秋山リョウがアグモンに助けを求められ、デジタルワールドで冒険をすることになる。

デジモンアドベンチャー02 タッグテイマーズ

アノードテイマー・カソードテイマーの続編。
アニメのデジモンアドベンチャー02のキャラクター・一乗寺賢と、主人公の秋山リョウの二人が別々の世界を冒険していく

デジモンアドベンチャー02 ディーワンテイマーズ

四聖獣達の覇権争いを止めるためにデジタルワールドに呼び出されたリョウが、いくつもの大会を制覇していく。
またパラレルではあるが乗寺賢がデジモンカイザーになる決定的な出来事が描かれている。

デジモンテイマーズブレイブテイマー

前作のラストシーンで過去の世界に飛ばされ、記憶を失ったリョウ。
一方、未来の世界に飛ばされたミレニアモンは歴史を改竄するため過去の世界へ刺客を送り出してきた。
秋山遼のパートナーデジモンがモノドラモンになる。


デジモンストーリー

テイマーユニオンに所属するテイマーでデジヴァイスicが使用されている。
またクエストでセイバーズメンバーも登場する。

デジモンストーリーサンバースト・ムーンライト

「ライトファング」・「ナイトクロウ」のテイマーユニオンに所属しており、デジヴァイスバーストを使用している。
また、ランク昇格試験等にセイバーズメンバーと漫画 デジモンネクストのメンバーが登場する。

デジモンストーリーロストエボリューション

テイマーユニオンが大分前に消滅した世界観で、デジヴァイスバーストを使用している。
進化ツリーが壊され化石をはめる事で進化ツリーを戻しデジモン達を進化させていく。
このゲームではセイバーズメンバーとの関連性は無い。

デジモンワールドRe:Digitize デジモンワールドRe:Digitize decode

スマートフォン端末型デジヴァイス。
この世界観ではデジモンはデジタルモンスターと言うアプリゲームである。

デジモンストーリーnext order

初期型育成ギアのデジタルモンスターをデジヴァイスとして使用、主人公が1つのギアで究極体を2体育成してる事からデジタルモンスター20thだと思われる。
デジモンワールドと世界観が繋がっており、教師になった初代主人公 マメオも登場している。

デジモンストーリーサイバースルゥース デジモンストーリーハッカーズメモリー

サイバースルゥ-ス


正式名称:「デジタル・デジュリスタンダード・デヴァイス」
電脳空間「EDEN」利用者が使うスマートフォン型端末で、主人公達のものはゴーグル型。
「デジヴァイス」を現実世界にある専用の接続ブース「EDENスポット」で接続することでEDENにアクセスすることができる。
EDEN一般ユーザーはスマートフォン型端末やPCを使用しログインしている。


漫画版のデジヴァイスについて


『デジモンアドベンチャーVテイマー01』

デジヴァイス01は選ばれたテイマーが所持しており、腕時計の様に腕に装着して使用する。
デジモンのステータススキャンやコマンドのアップリング機能を持つ。
ネットオーシャンの守護者ホエーモンが管理している「世界を救うワクチンのための支援プログラム」であり、進化には関わらず、データの送受信が主な機能となっている。
二つ所持すればデジモンを合体・分離する「ジョグレス」と「パーティション」が行える。

デジモンネクスト

初期はデジモンミニがデジヴァイス化したデジヴァイスicを使用していたが、終盤にツルギ達が対神器を会得しデジモンツインに変化する。

デジヴァイスX

携帯ゲーム機 ペンデュラムエックスの付属漫画 デジモンクロニクルに登場するX抗体専用のデヴァイス端末。
現代世界 ベルサンディターミナルを冒険する堂本コータ&ドルモンペアと、過去世界ウルドターミナルを冒険する武者ユージ&リュウダモンペアがこのデジヴァイスXを使用している。
デジモンカードでは「デジヴァイスX」と明記されている。
また海外版では機能は同じだが、二つ折り携帯式の「D-CYBER」に型が変更されている。

漫画 デジモンクロスウォーズ

デジモンクロスウォーズのコミカライズ版。
クロスローダーをデジヴァイスとして使用しているが、アニメと漫画では製作者の経緯等が違っている。

デジモンワールド リ:デジタイズ エンコード

スマートフォン型端末をデジヴァイスとして使用。
この世界観ではデジモンはアプリゲームとして存在している。
全3巻予定だが作者急病の為、現在2巻までしか出ていない。

pixivに投稿された作品 pixivで「デジヴァイス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 89571

コメント