ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

リュウダモン

りゅうだもん

バンダイの育成バトルゲーム『デジタルモンスター』に登場するデジモンの一種。
目次 [非表示]

データ

レベル成長期
種族
タイプワクチン種(Va)
必殺技兜返し、居合刃
所属ネイチャースピリッツ

公式設定

デジモンクロニクル

額に旧式なインターフェースをもつ為、デジモンが発見される以前の実験用の“プロトタイプデジモン”ではないかと推測されている獣型デジモン。

防御力の高い和風の鎧を身にまとっているが、動きは軽快で、敵の懐に果敢に飛び込んで戦う。戦うほどに戦いの業を修め、強大な敵デジモンをも恐れない魂と潔さ、武士気質(ぶしかたぎ)を持っている。


実験の時、デジコア(電脳核)の最も深い部分に隠されたと言われるデータは、日本の神話における“竜”や“武将”などの猛々しい戦闘データであり、強大なデジモンに成長する可能性をもつと言われている。


得意技:敵の攻撃を鎧兜で受けて反撃する『兜返し』。必殺技は敵の懐に飛び込み鉄の刃を口から放つ『居合刃(いあいじん)』。


概要

携帯機の『デジモンペンデュラムX2.0』に初登場。

背景ストーリーである「デジモンクロニクル」には「武者ユージ」のパートナーデジモンとして登場しており、最終的にオウリュウモンに進化する。

相方のドルモンが鉄の球を放つのに対し、こちらは刀を放つ。関係性でいえばガブモンに対するアグモンポジ。


つまりはもう一人の主人公として用意されたデジモンなのだが、同期のドルモンと比べてリュウダモン系譜はメディアでの出番が圧倒的に少なかった。


デジモンクロニクルが原作の『DIGITAL_MONSTER_X-evolution』にすら登場せず、最終進化系であるオウリュウモンが変化したという設定の王竜剣こそ登場しているものの、この作品以降はアルファモンの単なる手持ち武器としてオウリュウモンに関係なく召喚される事が多く、『デジモンストーリー』シリーズに至っては『デジモンストーリーサイバースルゥース』になるまでリュウダモン系譜は全く登場していなかった。

『デジモンクロスローダー』ではオウリュウモンがデジクロス形態として登場したが、リュウダモンは影も形もない。


『デジモンペンデュラムver.20th』や、『デジタルモンスターカードゲーム』(αや令和版にも登場)など出番がある作品がないわけではないが、如何せんロイヤルナイツであるアルファモンの方がメディア露出が多い分、影の薄さは否めないのである…(そもそもオウリュウモンがアルファモンのような巨大勢力に属していない事も原因か…)。

おまけに近年ではブシアグモンという侍系ドラモンの亜種まで登場する始末である。


バイタルブレスと連動する「Dimカード-V3- エスピモン&リュウダモン」では久々にピックアップされ、アニメ『デジモンゴーストゲーム』への登場がアナウンスされている。リュウダモンdimには同作に登場済みのズバモン/ムシャモン系譜も収録されている為、今後の活躍次第では知名度が向上する事であろう。


アニメでの活躍

デジモンゴーストゲーム

CV:菊池正美

第39話「感染孤島」から登場。ようやく念願のアニメ作品の出演を果たした。


倒した相手を同族に変えるギュウキモンに襲われた事で、自分もギュウキモンに暗黒進化してしまい、宙たちを頼ってきた形で出会う。

経緯はそちらの記事を参照とするが、紆余曲折あって無事リュウダモンに退化できた。


その後は葉櫻学院の寮に時折遊びに来ており、第45話の再登場時にはガンマモンとチャンバラをしていた他、清司郎と一緒にノリノリでアイドル「D★topics」のメンバー・真由里のポーズを取っている。


第48話ではシャンブルモン達に宙達が誘拐された事を知り、今度は自分がガンマモンを助ける為にギンリュウモンへと自力で進化を果たした。


進化系統

作品幼年期1幼年期2成長期成熟期完全体究極体超究極体
-フフモンキョキョモンリュウダモンギンリュウモンヒシャリュウモンオウリュウモンアルファモン王竜剣(アルファモンとのジョグレス)
ゴーストゲームフフモンキョキョモンリュウダモンギンリュウモンギュウキモン--

関連タグ

デジタルモンスター デジモン

成長期  ワクチン

ドルモン

デジモンクロニクル

X抗体 Xデジモン

デジモンゴーストゲーム

関連記事

親記事

キョキョモン きょきょもん

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23976

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました