ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

ヤツらは、君のそばにいる…


概要

2021年8月1日のデジフェス2021で発表された新作アニメ。

2021年10月3日から2023年3月26日までフジテレビ系列(ただし福島テレビテレビ大分沖縄テレビを除く)にて放送された。TVシリーズとしては『アプリモンスターズ』以来5年ぶりの完全新作アニメであると同時に令和最初のデジモン新作アニメ。愛称は『ゴスゲ』。


シリーズが連続して放映されるのは『デジモンフロンティア』以来で、キャラクターデザインはかつて『デジモンアドベンチャーVテイマー01』を連載していたやぶのてんや

バンダイの育成ギア『バイタルブレス』シリーズと連動しており、劇中で「デジヴァイス」として登場する。


これまでのアニメシリーズがおおよそ「怪獣もの」として作られていたのに対し、その前に怪奇」「ホラーを置く作風としており、キービジュアルやOPから感じられるおどろおどろしい雰囲気や、時間が奪われミイラ化していく人間が描かれるなど、タイトルに違わぬホラーテイストが感じられるのが特徴。

制作陣曰く、様々なホラー映画のパロディが詰め込まれているとのこと。


それを彩るナレーション「ゴーストナビゲーター」として俳優の竹中直人が出演し、5月8日の放送では本人が顔出しで総集編を解説した。


主要の6人を演じる声優はいずれもデジモンシリーズ経験者である他、ゲストキャラやデジモンの声を当てる声優もシリーズ経験者が多く、前作『デジモンアドベンチャー:』からの続投者も多い。その一方、デジモンシリーズ未経験者の声優も積極的に起用している。


2022年3月には東映アニメーションへの不正アクセス事件によって制作の遅延が発生。20日からは第1話を皮切りに当面の間「デジモンゴーストゲームセレクション」を放送、同年4月17日より新作エピソードの放送を再開。

この一件が放送期間・話数にどのような影響を与えたかは、公表されていないため不明。


逃走中グレートミッション』に後を託す格好で2023年3月26日放送分を以て終了(なおガンマモンの声の沢城みゆき以外のメインキャラを担当したキャストとエスピモンの声の小林由美子はこちらに引き続き出演)。前作と合わせて2シリーズ・3年間放送されたデジモンシリーズのアニメは再び休止期間に入り、『THE_BEGINNING』が事実上の次回作となった。

話数は特別編1話を含めた全68話となり、フジテレビ系列で放送されたデジモンシリーズのアニメとしては現状最長記録。


あらすじ

新しいテクノロジーが発展した、ほんの少し先の未来。

そんな中SNSでは、「ホログラム・ゴースト」と呼ばれる真偽不明の怪奇現象の噂が飛び交っていた。


中学1年生の「天ノ河宙」は、父が残した「デジヴァイス」という謎のデバイスを起動したことで、普通の人には見えない未知の生き物「デジモン」たちの姿が見えるようになる。


父から預けられたやんちゃな「ガンマモン」と出会ったその日から、宙は様々な怪奇現象に巻き込まれ、仲間たちとともに、デジモンたちが生きる不思議な世界に足を踏み入れていく。


人間の時間を盗む「口縫い男」や、夜な夜な徘徊して人間をさらう「ミイラ男」。

ホログラム・ゴーストは、すぐそばで私たちを狙っているのだ。

ここから先は、誰も知らない世界の裏側の物語。


主な登場人物

log

メインキャラクター

本作の主人公。皆から頼りにされるしっかり者の男子中学生。

探究心が強く、デジモンの世界にも惹かれていく。


本作のヒロイン。SNSでも人気を博している、活発で社交的な女子中学生。

自分探しに余念がなく、何にでも首を突っ込みたがる。


海外の大学院を飛び級で卒業したという、天才肌な男子中学生。

不遜な性格だが、同時にかなり臆病な面も。


パートナーデジモン

デジモンカードゲーム

宙のパートナーデジモンで、小さな恐竜のような姿をしており、頑強なボディが自慢。

何にでも噛み付くやんちゃな性格。好奇心も旺盛。


瑠璃のパートナーデジモンで、モフモフした大きなウサギのような姿をしており、大きな耳で空を飛ぶ事ができる。

温厚かつ大人っぽい性格。豊富な知識を持っておりデジモンの事にも詳しい。


清司郎のパートナーデジモンで、クラゲのような姿をしており、半流体の体を持つ。

気位の高い女王様気質な性格。清司郎をダーリンと呼び、彼を怖がらせるのが趣味。


その他は、デジモンゴーストゲームの登場人物一覧を参照。


用語

デジモン達が人間界で引き起こす、常人には理解不能な怪事件。デジモンの多様性に比例する形で、その動機や被害度も千差万別。

詳細はリンク先を参照。


本作のデジヴァイスで、アニメでは初の腕に巻くタイプ(もちろん普通に腕時計としても使える)。

従来の様にパートナーデジモンを進化させられる他、本作特有の様々な機能を備えている。

第51話にてアップデートされた。

詳細はリンク先を参照。


  • 宙のデジモン調査ファイル

第33話から追加された、各話に登場したデジモンを紹介するミニコーナー。物語内でアンゴラモン等が解説した際に表示されていたデジモンデータ画面をコーナー化したもの。


前作『アドベンチャー:』の類似コーナーは泉光子郎が単独で解説を行っていたが、今作では一同の掛け合い形式。

宙&アンゴラモンが解説→瑠璃orジェリーモンがそのデジモンに関係する都市伝説などを話す→清司郎が怖がって締め、の流れが基本。


初代『デジモンアドベンチャー』のデジモンアナライザー以来できちんと「データ/ウィルス/ワクチン/フリー/ヴァリアブル」の属性が表示され、『:』で「???」と分類不明にされていた「アーマー体」や後で追加された「ハイブリッド体」もしっかりレベル欄に書かれている。


作風

「メインキャラ3人のパートナーがワクチン、データ、ウィルスに分かれ、主役格がウィルス」「現実世界が主な舞台で、そこに実体化するデジモン達を追う」など、『デジモンテイマーズ』や『デジモンセイバーズ』、『時を駆ける少年ハンターたち』との共通点が多々見られる。

ホラーテイストや近未来的な世界観も踏まえると、『アプモン』を『サイバースルゥース』に寄せた作風とも見れる。


また『デジモンクロスウォーズ』程ではないが、今作は人間側の主要キャラが少なく、新たなテイマーも増えずにアニメシリーズ最小だったこともあり、パートナー以外の仲間デジモンが多く、状況次第では頼もしい支援をしてくれる場面も多い。


基本的には登場人物達がデジモンが起こす怪事件に巻き込まれながら、それを解決していく物語なのだが、専ら人間界を舞台とした1話完結式の日常(?)回がほぼ全てを占めるのが最大の特徴。

大筋としての起承転結の内、転結にあたるのはラスト数話のみで、核心的な謎についても完結と同時に明かされた程だった。

パートナーデジモン達が究極進化に至るエピソードでも上述した「これまでの日々の尊さ」を意識しており、最終的な結末も「これからもデジモンのいる日常は続いていく」ことを示したものである。


コロナ禍を意識しているという背景もあったのだろうが、『アドベンチャー:』でも一貫した敵対勢力は登場しており、似た構成のXW3期が後日談のような側面もあった作品である事を考えると、かなり思い切った作りである。


もう一つの特徴として、各話毎の怪異の正体=メインエネミーとなるゲストデジモンの掘り下げを行う傾向が強いことが挙げられる。

前作同様に極力、公式のイラストデザイン・図鑑設定で描かれており、長年披露していなかった能力を今作で初めて披露したデジモンや、元ある設定が別の形で活かされているデジモンも多い。

アーマー体やハイブリッド体も一個人として普通に登場するものの、その分ラインナップもより取り見取りで、過去作で大役を勤めたデジモン含め、意外なチョイスも少なくない。


その上で次回予告ではメインのゲストデジモンを極力映さないorシルエットを多用するなど、なるべく当日までネタバレ防止を心掛けており、登場デジモンの予想を立てて楽しめるのも今作の魅力である。


今作のデジモンは大半が人間界の文明や利器を理解・使用できるほど知能が高く、中には人間の姿に化けて社会に溶け込み生活する個体もいる。

また怪獣並みに巨大な事が多い従来と比べ、現実味があるサイズに設定されており、作風と相まって人間界の身近にいるモンスターだと言う毛色がより際立っている。


そうした方針もあってか、気付かない間に被害が出ていることもザラであり、主要メンバーが不意打ち気味に巻き込まれて無力化され、満足に進化して戦えない展開も多い。

中には都市伝説では済まないような大騒ぎになった話も多いのだが、一部のデジモンは記憶操作能力などの社会を騒がせない隠蔽工作も会得しており、このことから『セイバーズ』の記憶消去装置じみたアフターケアが存在していたとも受け取れる。


一方で、ホラーが題材の割にはデジモンを斃して解決することは少なく、戦闘の決着は「逃げられる」「和解する」「懲らしめる」「怒りを鎮める」など、比較的穏便な結末が多い。

今作のデジモン達は弱肉強食の価値観が強い分、戦闘後の説得で分かり合える事が多く、明確な悪意の元に行動している者ばかりでもない。

無節操に被害をばら撒く輩は同じデジモンからも忌避されやすい傾向にあるようで、そうしたデジモンには穏健派のデジモンによる監視下におかれたり、最悪粛清や強制逮捕といった措置が下されることもある。

この方向性は物語の根幹になっている。


また、デジモンとは無関係の怪異や心霊現象、人間の霊魂やあの世の概念も存在しており、デジモン側がその悪影響を受けてしまったエピソードも描かれている。


主題歌

デジモンゴーストゲームの楽曲一覧を参照。


余談

今作のパートナーデジモンは必殺技名を叫ばず、かわりに人間側が技名を指示し、初めて技を発動させた時は人間側のキャラの頭の中に技名が浮かび上がる演出が入る。他のデジモンは当初は必殺技の名を叫ばなかったが、第3話以降から普通に叫んでいる


何気にパートナーデジモン全員が浮遊・飛行能力を持っており、その進化系は陸海空それぞれに特化した進化をしている。


これまでのシリーズで「デジヴァイス」を育成ギア化した事は何度かあったが、『アドベンチャー』〜『セイバーズ』までの作品では究極体をネタバレしてしまうという事が度々あった(『テイマーズ』や『セイバーズ』の場合はOPのシルエットで登場を予告していたが)。

本作のバイタルブレスはDimカードによるある種のDLC制を採用していながら、主役3人のパートナーの進化系で発表されたのは完全体までであり、究極体は既存デジモンで構成されている。


過去に『セイバーズ』にてデジヴァイスが「デジヴァイスバースト」などの後期仕様を販売したように、今後の商品展開で発表されると予想していたファンもいたが、実際に2022年秋、バイタルブレスBEの発売が決定し、ガンマモンの新たな進化系が先行公開され本編にはしばらくしてからデジヴァイスVVとして登場することに。

一方で、本作ではデジモンデータ画面を除くと、デジモンの進化レベルについては作中で一切触れられていない(なお、ビーストスピリットのハイブリッド体はバイタルブレスと同じく完全体相当の模様)。


アイキャッチは前作同様に片方だけなのだが、近年のアニメ・特撮に増えているBパート固定というわけでもなく、Aパートのラストにアイキャッチが挿入される(その場合はBパート冒頭がタイトルロゴのみ)こともある変則パターンになっている。


オマージュ

時折、これまでのデジモンアニメシリーズを意識したような展開や演出がなされることがある。

  • 挿入歌「First Riders」の歌詞「オソレさえ愛せるハズBrave Hearts (中略)合言葉はevolution」。(無印)
  • 新挿入歌「MAKUAKE」の登場で、成熟期・完全体の進化曲は同じ、究極体だけ曲が違うという演出になった(テイマーズ)。更にその曲の歌詞に「沸き立つ勇気無限大」というものが含まれている。(無印)
  • 進化バンクをよく見るとデジモンが横回転している。(無印、02)
  • アルケニモンの擬態能力の設定及び彼女やヴァンデモンの担当声優。(02)
  • 宙のパソコンに光子朗のノートパソコンと同じパイナップルのマークが。因みに宙と光子朗(tri)は声優も同じ。(無印/tri)
  • ナノモン回の展開。消滅しかけたデジモンが人間に取り憑いて再生、人間に『種』を植え付けるなど、全体的にベリアルヴァンデモンのオマージュととれる。(02)
  • ピエモン回の双陣営の布陣(人間側は最大レベルが完全体、敵側の親玉が究極体、配下にメフィスモン及び複数のアーマー体)。(劇場版テイマーズ)
  • ムシャモンの刀に乗っ取られて暴走したデジモンの1体に、フロンティアで炎のビーストスピリットに取り込まれて暴走したシャーマモンの近縁種のゴブリモンがいた。(フロンティア)
  • デジヴァイスが人間が作ったものであり、更に開発者がデジタルワールドで行方不明になっている『主人公の父親』。(セイバーズ)
  • ジンバーアンゴラモンがズバモン武器として装備して戦った。武器に変形できる設定のデジモンが実際に装備されたのはXW以来。(:のスカルナイトモン/ダークナイトモンのデットリーアックスは「技」なので除外)(クロスウォーズ)
  • ギュウキモンリュウダモンに戻す際の展開(演出)が、ダークボリューモンをバリスタモンに戻す際のものと良く似ている。(XW2期)
  • パートナーデジモン達の初超進化の際の展開。

各話リスト

ホログラム・ゴーストの記事内ホログラム・ゴースト一覧が実質的に各話リストを兼ねているため、そちらを参照のこと。


デジモンドリーマーズ

本作と同時期に最強ジャンプで連載中の漫画作品。

作者はやぶのてんや。今作とは登場人物が異なるオリジナルストーリーであり、デジモンシリーズの漫画オリジナル作品は『デジモンネクスト』以来13年ぶり。


登場人物


関連動画


関連タグ

デジモン 2021年秋アニメ ゴースト

心霊現象 ホラー 都市伝説

ホログラム

公式サイト



  • デジモンサヴァイブ:今作放送中に発売されたゲーム作品であり、こちらも怪奇色を押し出している。ただし非常にハードな作風が特徴であり、むしろ対照的。

  • 妖怪ウォッチシャドウサイド:ストーリーとしてはこれのデジモン版に近い。宙役の田村氏は主要キャラの声で出演しており、作風の割にあまり敵を屠らない点も同様。
  • 6期鬼太郎:ダーク&ホラー重視という点から、キャッチフレーズや雰囲気が酷似している。ガンマモン役の沢城氏は主人公の鬼太郎の声で出演している。


  • ONEPIECE:後番組にして、今作に出演する一部の声優が共通。

関連記事

親記事

デジモンシリーズ でじもんしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4541614

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました