2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ホログラム・ゴースト

ほろぐらむごーすと

ホログラム・ゴーストとは、『デジモンゴーストゲーム』に登場する架空の怪奇現象である。
目次[非表示]

幽霊とはちょっと違うんだって
いわゆる ホログラム・ゴースト
都市伝説だよね!


ホログラムをはじめとする、新テクノロジー。
ほんの少し先の未来、頻発する怪奇現象。
それは、人間達にこう呼ばれ始めた。

『ホログラム・ゴースト』と…

概要

デジモンゴーストゲーム』に登場する用語。
新しいテクノロジーが発達し、リアルなホログラム技術が至るところに普及するようになった劇中の世の中。
しかし2、3年前辺りから真偽不明の怪奇現象が各地で発生するようになり、それはノイズ混じりのホログラムとして目撃されていた事から、いつしかネット上では「ホログラム・ゴースト」と呼ばれされるようになった。

人間の時間が盗まれミイラ化する、夜な夜な人を縛りさらっていく…等、その内容は様々。
一般人には理解出来ない未知の事件であるが、その正体は電子生命体・デジタルモンスター達が引き起こしていたものなのである。

作品自体が都市伝説や怪奇現象(=本来なら人智の及ばない事象)をモチーフとするためか、パートナー達のレベルに対し格上、特に完全体が登場することが多い。
逆に事件を起こすような力がない幼年期は確認されていない。
アーマー体に至ってはメインデジモンの仲間や手下、ただのモブとしての登場が多かったが、パートナーデジモンが完全体になった中盤で漸くメインとして登場した。同時にハイブリッド体究極体のデジモンも確認され始めている。

今作のデジモンは人間界の適応力や文明の利器を理解・使用できるほど知能が高く、中には人間の姿に化けて社会に溶け込み生活する個体もいるので、人間の身近にいるモンスターという毛色が従来に比べて強い。
デジモンはさながら妖怪の延長線上にいるような描かれ方をされてはいるが、妖怪とデジモンを関連付けるという発想は『デジモンアドベンチャー02』の頃には既に存在していた。

事件の動機もデジモンによって様々で、自分の欲望や悪意のままに行動する者もいれば、良かれと思ってやった事が人間にとっては害悪になってしまった者もいるなど千差万別。中には実際に死傷者を出したケースもある。
基本的に弱肉強食の価値観を主とするのがデジモンであり、適応できても人間界の常識が無知だったり、自分のやり方が正しいと信じて疑わず正当化しようと問答無用で襲いかかってくるので、初めから説得して止める事は不可能に近い。

一方、ホラーが題材の割には02同様デジモンを斃すことは少なく、戦闘の決着は「逃げられる」「和解する」「懲らしめる」「怒りを鎮める」など、比較的穏便な結末が多い。
過去作のデジタルワールド以上に人間文化の影響を受けている為か、アンゴラモンの話からすると、利己的に殺しを重ねる輩は同じデジモンからも忌避されやすい傾向にある模様。そういう人間やデジモンに危害を加えるデジモンは最悪、穏健派のデジモンによる「粛清」あるいは「逮捕」が行われる事もある模様。

どのデジモンも透過能力を持っており、基本的にデジモン同士にしか姿が見えない。
共通して現実世界へ干渉した際はリング状の電子バグ「サークルノイズ」が発生するが、干渉具合はデジモンによって個体差が大きい。
これについては第9話にてボコモンから説明されており、初めは物体をすり抜けたりと物理的な干渉ができないが、ある程度段階が進むと体にノイズが現れ、人間にも可視化・接触が可能となる。

それらデジモンの実体化には感情が関係しており、人間で言う「喜怒哀楽」のような複数の異なる感情が心の中から溢れ出すことで実体化するという。この性質を悪用し、ドラクモンブギーモンのように負の感情により実体化を早めようとする悪質なデジモンもいるらしい。
なお、一度実体化した後は無条件に物体にぶつかる様になるが、ある種のコツを掴めば透過状態との任意切り替えも可能となる。
切り替えを使えるようになると初期段階のノイズが発生しない完全透過状態になるが、その気になればボコモンが披露したようにノイズが現れた半透明状態にも切り替えできる模様。

またデジモン達は致命傷を受けたり寿命が尽きると、セイバーズと同様デジタマに戻って生まれ変わる。
尚、人間文化の影響を受けて感受性が豊かになっている為、ダークリザモンギガスモンの様に一度死んだら蘇らない人間の事を憐れむデジモンもいる。

これまでのホログラム・ゴースト

該当話のメイン格

サブタイトルの現象そのもの、もしくはその原因に当たるデジモン。
※実質的に各話リストを兼ねる
※サブタイトル(副題)の仮名文字はカタカナ
※異名は予告などで紹介されたり作中で呼ばれたりしたもの

話数サブタイトル異名正体のデジモン発生した怪奇現象
第1話口縫男口縫男クロックモン狙われた者は時間を奪われ、急激に老化しミイラと化す
第2話博物館ノ怪ミイラ男マミーモン狙われた者は包帯でぐるぐる巻きにされ、何処かに攫われる
第3話ラクガキ赤くしゃドラクモン狙われた者は写真に赤いラクガキを描かれ、ラクガキを描かれた部位に異常をきたす
第4話人形ノ館-パンプモンある建物に入った者はカボチャ人形に襲われ、自らもカボチャ人形にされる
第5話神ノ怒リ-マジラモン天罰を下すべく電子障害を発生させながら、地割れより呼び出した白蛇や眷属と進軍する
第6話呪ワレタ歌-セイレーンモンカラオケで特定の歌を歌った際、別の歌声が聴こえ、激しい頭痛や画面から現れた黒い腕に苦しめられる
第7話-ヤタガラモン大量のカラスとともに、鳥を飼っている人間を襲撃し、鳥を解放していく
第8話百鬼夜行-シスタモンシエル他のデジモン達を強引に付き合わせたデスレースに興じ、高速道路を荒らしながら爆走する
第9話捻レタ時口縫男クロックモン狙われた者は時間感覚を狂わされ、やがて空間認知も出来なくなる
第10話死ノ遊戯-キンカクモン&ギンカクモン格闘ゲームで20連勝して現れるキャラクターに負けると、戦利品としてゲームの中に引きずり込まれる
第11話カマイタチ-レッパモン謎の声が聞こえた後、突風と共に切り裂かれる
第12話不幸ノ手紙-ザッソーモン不幸のメールを送りつけ、メールを削除した者のネット媒体で増殖し、現実世界に侵食する
第13話処刑人デア・シャルフリヒターシールズドラモン無差別にデジモン達をナイフの投擲で暗殺する
第14話座敷童-コエモン旅館に住み着き、夜に手毬を投げた相手にいたずらを仕掛ける
第15話占イノ館占いの館「メフィスト」フェレスモン占いにやってきた相手の願いを叶える代わりに恐怖させ、石化させる
第16話人喰ノ森霞さまの神隠しジュレイモン森に迷い込んだ者を木の幻で誘い込み、生きたまま貪り喰らう
第17話極寒地獄-フロゾモン辺り一面を極寒へと変え、僅かな熱源や邪魔者も徹底的に排除する
第18話子供ノ国-ピーターモン理想の世界を作る為に夜に子供を誘拐し、その近辺に記憶障害をかける
第19話逢魔ガ時-ピッコロモン夕暮れ時に謎の呪文が聞こえるや過去に飛ばされ、謎の影に取って代わられる
第20話炎ノ監獄-セーバードラモン&ダークリザモン突如人間が黒い炎に包まれ、その外に出ると焼滅してしまう
第21話蜘蛛ノ誘惑-アルケニモン狙われた者は蜘蛛の糸で捕縛され、頭から食い殺される
第22話悪夢-ピロモン黒い泡に触れ夢を見ると突如として悪夢を見せられ、怪我を負う
第23話ウメク蟲真っ赤な月モルフォモン赤い月が出た夜に、デジモン達に触角が生え蟲の様に変貌・凶暴化する
第24話歪ンダ愛-アヤタラモン特定の人物に近づいた者を襲撃し、手足を蔦に変化させる
第25話紅ノ饗宴吸血CEOヴァンデモン狙われた女性は吸血鬼に変えられ、彼の同胞を増やす為の下僕にされる
第26話飢餓屋敷人喰い屋敷デジタマモンとある空き家に立ち入った人間は、忽然と姿を消してしまう
第27話美妖液水に呼ばれるスプラッシュモン水音を3回聞いた者は飛び散った水と共に姿を消す
第28話顔取リ仮面ののっぺらぼうアシュラモン狙われた者は面妖な仮面をつけられ、顔と生気を奪われる
第29話妖花粉-トロピアモン怪しげな毒の花粉を吸った者は、緑色の炎を吐きながら意識を失う
第30話悪友-エクスティラノモン&ワルもんざえモン友好的なデジモンに成りすまして人間に近づき、その人間が嫌いな相手を人形に変える
第31話辻斬リ-ムシャモン妖刀を握ったデジモンの意識と命を奪い、辻斬りを繰り返させる
第32話オマエハ誰ダドッペルゲンガーベツモン自分と同じ姿をした何者かが現れ、人生そのものを乗っ取られる
第33話死霊ノ囁キ-セピックモン臨死から蘇ると不気味な声が聞こえ始め、死ぬような場面に遭うようになる
第34話壁這ウ者ヤモリ人間サラマンダモン唾液を垂らされた人間はヤモリのような異形にされる
第35話人狼ひとおおかみマンティコアモン100年に一度集落に現れるという伝説になぞらえ、各日時に毒の尻尾で特定の人数を襲う
第36話嘆キノ迷宮ビル消失ギガスモンビルが突如地面に沈み、啜り泣きを聞いた者は石化する
第37話死霊ノ群レスケルトンゾンビレアレアモン緑色のヘドロを注入された生物は、理性なきゾンビと化す
第38話陰陽師北条に仕えし陰陽師ドウモン北条氏復権のために式神を操り、人間を呪符に変えて尖兵にする
第39話感染孤島-ギュウキモン※1相手が仕掛ける一方的な勝負に負けると、毒液を流し込まれてギュウキモンにされる
第40話螺旋海岸-カルマーラモン彼女が放つ特殊な音波の影響を受けたものは、螺旋状にギュルルルと捻れてしまう
第41話道化師嘆きのトランプピエモン招待状を受け取り、参加を名乗り出た者はその晩危険なサーカスをやらされ、結果問わずトランプにされる
第42話人狩リオボロモン毎晩夜道に現れ、要求した色の物品を提示できないと拐われてしまう
第43話赤目赤目アイズモン様々なものを詮索できる目が身体に発生し、そのまま目が増え続け最後は肉体が滅びる
第44話赤錆ごほうびエルフアンティラモンあるサイトに欲しい物を書き込むと、すぐに手に入る代わりに建物がじわじわ劣化していく

その他

サブタイトル等で直接言及はされないが、作中に登場したデジモン達。
話のメインを張らなかったというだけで、彼らも人間にとっては「ホログラム・ゴースト」であることに変わりはない。

上記のデジモン達程ではないが小規模な事件を起こす者、人間界に溶け込み平凡に暮らす者、メイン格デジモンの子分として活動する者など多岐に渡る。

話数デジモン参考
第2話チューモンただ茂みにジャンプしただけ
アンゴラモン後に瑠璃パートナーデジモンとなる
第4話キャンドモンパンプモンの子分
エカキモン
第5話ジェリーモン清司郎を脅かして楽しみ、後に彼のパートナーとなる
クアトルモンマジラモンの配下
ゴートモン
ビットモン
第6話ヨウコモンお婆さんの財布を拾ってあげて以来、お稲荷さんとして巡礼対象に
第8話エレファモンデスレースの参加者
フライビーモン
サンダーボールモン
ユニモン
コクワモン
キウイモン
コカトリモン
メタルファントモンデスレースの鬼役。捕まえたデジモンを鎌に吸収し閉じ込めてしまう
第9話ボコモン人間界の事も研究すべく、ある大型図書館に逗留している
バクモンボコモンの助手。資料集めを手伝うも、ドジで怪奇現象を起こしてしまっていた
第11話ムーチョモン現実世界にきたデジモンの集会の参加者
フローラモン
エレキモン(赤)
ドクネモン
ポテモン
ラブラモン
第13話ゴリモンシールズドラモンに暗殺されたターゲットの一体
サラマンダモン
フライモン
モノドラモン
モニタモンサラマンダモンの殺害映像を記録して宙たちに警告した
サンフラウモンジェリーモンの知り合いで着物が欲しいとせがんでいた
第15話ブギーモンフェレスモンの手下。人間を恐怖させ、実体化を目論む
ファングモン※1ブギーモンが変身した姿
ピコデビモン※1ブギーモンの幻覚に登場
第16話モリシェルモン森の元々の持ち主。ジュレイモンと敵対している
第17話ユキダルモンフロゾモンの仲間で隊長と呼び慕っている
アイスモン
ペンモン
スワンモン
第18話ホークモンオルカモン誘拐されたカズマという少年の友達
マッシュモン誘拐されたデジモンの友達
カメモン→ガワッパモンピーターモンに拐われたデジモンの一体
ガジモンハヌモン
ハグルモンガードロモン
エレキモン(紫)→サンダーボールモン
ベアモングリズモン
オタマモン
ツカイモン
キャプテンフックモンピーターモンを連れ出しに来た
第21話ドクグモンアルケニモンの部下として大量に登場
第22話スカルグレイモン※1ピロモンが悪夢から生み出した幻影。襲った人間に実際に傷を負わせてくる
第23話ヌメモン凶暴化したデジモンの1体
ポテモン
第25話サングルゥモンヴァンデモンの眷属として登場
マタドゥルモン
第26話プラチナヌメモン※1アンゴラモンの回想に登場。劇中初めて登場した究極体。
第27話ムースモンスプラッシュモンを回収するためにブラックテイルモンUver.が寄越した
第28話コンゴウモンアシュラモンの信者
マッシュモン第18話のものとは別個体。顔狩りを行うアシュラモンに嫌々付き合わされていた
第29話コドクグモントロピアモンに寄生しており大量に出現
エリスモン地下道を住処にしていた
第30話もんざえモンエクスティラノモン達を止めるために行動していた
第31話ゴブリモン妖刀を握らされてしまったデジモンの一体
ハヌモン
ズバモンムシャモンに借りを返すため追っていた
第32話メイクーモンベツモンの被害者
ゴツモン※1ベツモンの変装レパートリーの1つ。ガンマモンを騙した。
第35話ダルクモンマンティコアモンの主人
第38話エスピモン自称さすらいのデジモン
エアドラモンクロックモンに紹介されたデジモン
第39話リュウダモンギュウキモンの進化(感染)前
第41話フレイウィザーモンサーカス団員の一人
トブキャットモン
オポッサモン
メフィスモン
ランクスモン
※1 幻覚や夢、回想といった実体を持っていない形で登場したので、厳密には「ホログラム・ゴースト」ではないが便宜上ここに記す。

謎の存在

前途のデジモン達とは逆に宙達の前に突如現れたり、様子を見て暗躍する謎のデジモン達もいる。
歴代パートナーデジモンのブラック版が多い傾向にある。
ブラックテイルモン以外はグルスガンマモンが現れた時にその様子を監視しているような素振りで登場している。

話数デジモン
第1話ブラックテイルモンUver.
第13話ブラックアグモン
第21話ブラックガルゴモン
第42話ブラックグラウモン

他シリーズとの共通項

彼らも現実世界に迷い込むことがあり、出現するとデジタルフィールドと呼ばれる空間が発生する。

人間の感情に左右されてリアライズしては、不可解な事件を起こすなどの共通点が見られる。
単純な破壊活動のような例もあれば人間を利用したりされたりして悪事を働く例もある。

デジモンの活動が現実世界で怪奇現象を起こすという意味では一番近い。
こちらもデジモンへの対処は基本的には不殺であり、改心エンドも多い。
また、現実世界からは姿が見えないという共通点も持っている(こちらはクロスローダーのレンズ機能を通して視認する)。

ストーリーやサブクエスト中に起こる事件はデジモンの仕業とされており、タイトルが都市伝説風であったり、ホラーテイストなものも多い。中には人間への恋善意から起きた事件も見受けられる。

関連タグ

デジモン デジモンゴーストゲーム 
怪奇現象 ホログラム
都市伝説 妖怪

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪ウォッチ

関連記事

親記事

デジモンゴーストゲーム でじもんごーすとげーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された小説 pixivで「ホログラム・ゴースト」の小説を見る

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました