2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

レベル成長期
タイプ昆虫型
属性ワクチン
必殺技リンリンテラピー


公式設定

デジモンウェブ「デジモン図鑑」

蝶々の翅(はね)が耳や手に構成されているデジモン。自然を楽しむ感情を持ち、のんびりした性格。初めて見る者が安全かどうかを触れて判別し、安全で気に入ると懐いてついていく。耳の翅がよく動いている時はとても機嫌がよいらしい。
翅が揺れて舞う鱗粉『リンリンテラピー』には心身を癒したり、逆に体を痺れさせる効果があり、相手によって使い分けされる。

活躍

劇場版デジモンアドベンチャー LASTEVOLUTION絆

CV:谷口夢奈

圓夢


メノア・ベルッチのパートナーとして登場。

パートナーが大人になったことで進化の力の源である可能性を失い消滅してしまった。
が、後にメノアが生み出した人工デジモンであるエオスモンにはモルフォモンの因子が含まれていた。

デジモンゴーストゲーム


Morphomon


「嫌…怖い…」

CV:大和田仁美
第23話に登場。
ネットで遊んでいたところを仕事に伸び悩む人間の研究者に捕獲されてしまい、SOSとして月が真っ赤に染まる程に大量の鱗粉をアンテナや様々な端末を通して放出していた。
だが、極限の恐怖の感情で「敵意ある人間は攻撃すべき」と無意識の内に曲解して伝えたらしく、その影響で凶暴化したデジモンの人間襲撃事件に発展・多発化させてしまった(展開はtriのメイクーモンによる「感染」と類似している。)。

鱗粉が鼻に入って「感染」し、凶暴化したデジモンは頭にモルフォモンと同じ触覚が生えて目がオレンジ色に光り、虫の様にカサカサと四つん這いで高速で動き回る様になる。また、そのデジモンが元々持つ能力は失われないようで、ジェリーモンは壁の透過能力を、アンゴラモンは耳による飛行能力を感染前と同様に使用している。
感染したデジモンにはモルフォモンの感情が頭の中に流れ込み、時折その言葉を口にする。

クロックモンといった人間に対する穏健派のデジモン達はこの事件の対処に追われており、ガンマモン達も鱗粉を吸い込んだことで感染し凶暴化、達の対抗手段が一時的に失われる危機的な状況に追い込まれる。

マミーモンの協力で凶暴化の原因がモルフォモンであることが判明し、さらには今は使われていない人工衛星RMO-IIIが広域にデータ通信が出来るために感染経路になっていたことを突き止めた宙達は、片っ端に辛いものを食わせる荒療治で正気に戻したガンマモンが進化したウェズンガンマモンの『アルビオン』と清司郎の軌道計算の連携によって衛星を狙撃し破壊。
その後、逆探知の要領でモルフォモン本人の居場所である研究者の自宅の位置を特定すると、クロックモンがパソコン本体を回収。モルフォモンは解放され、アンゴラモンやジェリーモンら感染デジモン達は正気を取り戻した。

凶暴化したデジモン達のカサカサした動きから今回の騒動の原因をヤツと予測されたりもした。(余談だがデジモンペンデュラムZではモルフォモンはそのヤツに進化出来る。)
今回は悪い意味だが、研究者と縁のあるデジモンだったりする。

進化ルート

幼年期1幼年期2成長期成熟期完全体究極体
モルフォモンエオスモンエオスモン(完全体) エオスモン(究極体)
ボタモンワニャモンモルフォモンフーディエモン/ユニモン/ゴキモン

※上段がラスエボ版、下段がペンデュラムZ(分岐が多いので成熟期より先は省略)。

関連イラスト

モルフォモン
モルフォモン


モルフォモン
センシティブな作品



関連タグ

デジモン 成長期(デジモン) LASTEVOLUTION絆 メノア・ベルッチ
バタフラモン … 蝶モチーフデジモン繋がり。
フーディエモン … 蝶モチーフデジモン繋がり。「デジモンペンデュラムZ」において進化系統として登場。

関連記事

親記事

成長期(デジモン) せいちょうき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「モルフォモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26007

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました