2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

アンゴラモン

あんごらもん

バンダイの育成バトルゲーム『デジタルモンスター』に登場する新デジモンの一種。
目次[非表示]

概要

2021年秋に放送された新作アニメ『デジモンゴーストゲーム』に登場する新デジモン。

ビックフットイエティを彷彿とさせるクリーム色の獣人のような姿をしており、メカクレアホ毛が生えている。アホ毛の下の素顔はつぶらな瞳の可愛らしい顔立ちで、本体は細身のフォルムをしている事が判明している。
その体躯は成長期デジモンの中でも有数の大きさを誇り、両肩に黒いベルトをかけている他、頭の二本の耳もベルトで縛りポニーテールにしている。

名前の由来は動物繊維の一種であるアンゴラ繊維で、アンゴラヤギの毛や、アンゴラウサギの毛、またはそれを織った布のことをいう。飛び跳ねる技を使う事をはじめ、意外と身軽なことや、長い耳を持つ事から恐らくモチーフはウサギの方だと思われ、アニメ本編でも「大きいウサちゃん」と呼ばれているシーンがある。

データ

レベル成長期
種族獣型
タイプワクチン種
必殺技ダブルラリアット/プチトルネード/ピョンダンプ


長い耳全身を覆う体毛が特徴的な獣型デジモン。
戦いを好まない穏やかな性格を持ち、長い耳で遠くから敵の接近を察知して戦闘を回避する。また、長い耳を回転させることで、ゆっくりと飛翔することもできる。一方、大きな体格を維持するために食欲旺盛で、空腹でおなかの音が鳴るときだけは敵を察知する超聴覚が失われてしまう。

必殺技は、大きな両腕の回転で周囲の敵をなぎ払う『ダブルラリアット』、両耳のプロペラ回転で巻き起こす小型竜巻『プチトルネード』、そして高空へとジャンプして巨体で敵を押し潰す技『ピョンダンプ』を使う。

アニメでの活躍

デジモンゴーストゲーム

「キミはボクが守る」


「ぼくを…実体化してくれ。守る。絶対にを、守るから!」

CV:中井和哉
月夜野瑠璃のパートナーデジモン。いつからか瑠璃が弾いていたピアノの演奏に惹かれ、他のデジモンのちょっかいから彼女を守る守護霊として付き添っていた。
 
しかし瑠璃が悪辣なドラクモンに呪いをかけられた事で状況は一変。そのすばしっこさから自分では捕まえる事が出来ず、手をこまねいている中でとも出会う。事情を聞いた彼が持ってきたデジヴァイスにより、瑠璃とも邂逅を果たし、自身を信じる事にした彼女とリンクして実体化。そのまま上がったスペックでドラクモンを撃退できた。

一人称は「ぼく」で、設定どおりの穏やかかつ紳士的な性格。知識量豊富で含蓄もあり、収束した事件を詩人めいた格言で〆る事がしばしば。
デジモンの事にも詳しく、宙や瑠璃は彼から色々なことを聞くことになる他、本作におけるデジモン解説の役割も担っている。

その知識量の豊富さは、デジタルワールドにいた時から親友と共に世界の歴史を学んだり、デジモンの生態を調べようとフィールドワークに赴いたりと熱心に勉強した長年の賜物であり、人間界でも同じく人間界に飛ばされて来たデジモン達の集会に積極的に参加し、情報収集や関心を深めている。

また、モルフォモンの鱗粉やムシャモンの持つ妖刀「白鳥丸」に影響された回では、他のデジモンがあっさり洗脳される中、アンゴラモンだけはかろうじて意識を保って抵抗していたりするなど、精神力は人一倍強いようである。

アンゴラの「詩」

前述の通り、殆どの話はラストに彼の詩人めいた格言で〆る事で終了する。

話数アンゴラモンの詩
3罪と罰は…ぬかるみ晴れて固まるんだね
4魔除けの祭り、悪魔呼び寄せ、カボチャ去りぬ
5龍神礼堂し、クラゲが1匹。さすれば世は事もなし
6真実とは知るべきか知らざるべきか、それを知るのは知る人ぞ知る
7籠の鳥は自由を慕い、日向の鳥は共を慕う
8速きこと風の如く、静かなること林の如く、そして…逃げること最速で最強か如し
9時は悠久に流れ過ぎ去る。抗うべからず。触れるべからず。食うべからず
10を合わせてみれば、海月開花の音がする。酒飲みは一文の徳なし
11膝を交え腹を割れば、心を以て心を伝う
12不幸の鎖を断ち切れば、雑草無情の響きあり
13哀しき別れ、乗り越えし時。これ即ちデジモンの真の歩みの始まりと為す
14巡る縁(えにし)は味なもの。最初の一歩は小さきもの。明るい未来に旅はつきもの
15案ずるより産むが易く、人間万事めでたしが馬
16驕れる年輪久しからずや、老兵は風に舞う落ち葉が如く消え去るのみ
17真の職人たるもの、言葉少のうしてよく仕事す。無言は時に迷惑なれど、職人の鑑たるもまた真なり
18人生旅の如し、苦あり楽あり成り行き次第
19美しき夕方は三日で飽きる。忙しない昼には三日で慣れる。曰く、どちらもあるから尊きもの
20飛んで火に入る雪うさぎ。九死に一生を得たり
21朝の蜘蛛は福が来る。夜の蜘蛛は盗人が来る。そしてデジモンの蜘蛛はもう来るな
22春眠、進むも地獄、引かぬも地獄の永劫の檻。されど開かない檻は無し
23一寸先は赤い闇。さりながら晴れぬ闇もまた無し。今宵は春の良い月よ
24は花か徒花か。美しく咲くか無惨に散るか。その道、ままならず
25大義なき王国、これ即ち砂上の楼閣の如し。蟻がつつけば崩れ去ることいとおかし
27美しきもの風花雪月。されど、肌の潤いは儚きこと水滴の如し
28顔は心の窓なり。窓なき家は家にあらず。其は外すべからず。入れ替えるべからず
29不遜クラゲも時には女神。あゝ、世は事もなし
30君子、熊人形に近寄らず。されど心開けば、肝胆相照らし、生涯の友得るかも
31あしたはあしたの風が吹く。風が吹かねばケセラセラ。凪もまた良し
32瞳に映し姿、偽り真実か知りたくば、心を以て触れ合うべし
33人間十五年、生死の狭間を彷徨えば、これまさに夢幻の如し。友作りたし、命は惜しし
34心頭滅却すればもまた涼し。空腹絶頂なれば鉛筆もまた旨し
35伝説も迷信も空中楼閣。真実は深き闇の中
36埴輪供えど憂いは消えず。泣くよりも笑うえば、福来たるかも
37死してなお肉体に宿る強き本能。それすなわち、悲しき業
38道中、ありしも、終わりよければ全てよし
39失敗と反省は成功の卵。今日の緩み忘れずべからず
41勝負は時の運。されど、テントに飛び込ばずんば兎を得ず
43獲物腫れ物迷惑千万。雀の魂百まで忘れず
44熱し過ぎた鉄はよく打てず。時に頭冷やさねば、肝冷やす
45嘘から育つ真実あれども、記者の嘯えは天が許さず

進化ルートの一例

作品幼年期1幼年期2成長期成熟期完全体究極体
ゴーストゲームピョンモンボサモンアンゴラモンジンバーアンゴラモンラモールモン
バイタルブレスアヌビモン/サーベルレオモン/グリフォモン


余談

ガオモンとアンゴラモン


アニメにて演じる中井氏は「デジモンセイバーズ」でガオモンを演じており、2度目のパートナーデジモン役となる。
パートナーを守ろうとする騎士道精神も含めてガオモンとも通じ、成熟期形態で竜巻状の攻撃を持つのもガオガモンと似ている。ピアノ演奏に惹かれるという展開は同作のララモンを彷彿させる。

また、3人組の内の獣タイプとして立ち位置が近いテリアモンガオモンと比べて、成熟期への進化が圧倒的に遅かったガルゴモンガオガモンはそれぞれストーリー開始前にその進化を会得していた)。
そしてやっぱり完全体への進化も一番遅かった

ちなみに彼が紹介するデジモンのデータ画面では、初代のデジモンアナライザー以来久々に「データ」「ウイルス」「ワクチン」「フリー」の属性表示がされている。…というか02以降なぜ消えたのか。

演者の中井氏は30分後の世界にも出演しており、第45話でゲスト出演した山口勝平氏とも共演をしている。

関連タグ

デジタルモンスター デジモンゴーストゲーム
ガンマモン ジェリーモン エスピモン リュウダモン

ビットモン(デジモン)ロップモン系列、キュートモン:うさぎデジモン仲間。

ベイマックス:白くて大柄で太っていて、そして「守る」という精神が強い、紳士的で穏やかで優しいヒーロー。
ティッピー:アンゴラウサギキャラの先輩。

関連記事

親記事

成長期(デジモン) せいちょうき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アンゴラモン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アンゴラモン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 126673

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました