ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

属性データ
世代完全体
種族パーフェクト型
必殺技エニグマ、ナイトメアシンドローム


概要

全ての始まりであり、終わりの姿であるデジタマの姿をした究極のデジモン。

見た目はたまごだけれど完全体で、卵のような外骨格は全ての攻撃を防ぎ切る無敵の防御力を持ち、必殺技の「エニグマ」は相手の精神を破壊、「ナイトメアシンドローム」は受けたデジモンの生命活動を停止させると言う、攻守共々チート級の能力を備える。

初登場作品は「デジタルモンスターVer.4」。育成失敗枠であるナニモンからのみ進化できる、もんざえモンポジションのデジモン。
デジタマモンには別次元のデータを持つデジモンでないと進化できないという設定があり、あの世界からの侵略者であるナニモンだからこそ成せる進化と言えよう。
また「ウィッチェルニー」出身のウィザーモンからも進化できる。
…のだがゲームでは設定が形骸化していることが多く、特に近年はオーガモンタイタモンを繋ぐさなぎのような扱いで採用される。しかし、「デジモンクルセイダー」によればタイタモンが猛威をふるった世界は別次元の「デジタルワールド・イリアス」とされている為、矛盾はある程度解消されている。

ちなみにオーガモンナニモンはゴブリモンから進化できる為、彼らの共通の完全体ということになる。

アニメでの活躍

アニメ版の活躍を見ると、何かと「料理」や「食事」を絡ませて登場している事が多い。卵そのものの姿をしているからなのであろうか…?

デジモンアドベンチャー

CV:堀川仁
ベジーモンと営む、レストランの経営者として登場。
ただ、この店は日本円ではなくドルにのみ対応している店であり、ドルを持っていなかった城戸丈を金額分働かせていた。しかもピコデビモンから賄賂を受け取っており、規定の期間を過ぎても延々と働かせるつもりだったという。最終的にワーガルルモンとの戦いでカイザーネイルを食らって吹っ飛ばされ、敗北した。なおPSP版ではダークマスターズ編で食料を探していた所太一たちに遭遇し、協力者となるが、アニメでは丈たちが廃墟となった店で身を休めた程度で当人は登場していない。

デジモンアドベンチャー02

上記の個体が再登場。改心しており、引き続きレストランを経営している。ドルにしか対応していないのは相変わらずであったが、今回はマイケルが大輔たちの代わりに支払ったことで金額分働くことは避けられた。
しかし、ゴリモンの攻撃を防いで吹っ飛ばされた先で体内に埋め込まれたイービルスパイラルに支配され、大輔たちと戦う羽目になる。フレイドラモンのナックルファイアやディグモンのドリルが通用しない硬い装甲を活かして優位に立ち回るが、シュリモンの草薙を殻に覆われていない眉間に受けたことでイービルスパイラルが破壊され、カイザーの支配から解放された。
後に中華街ではバクモンと料理店を経営する別個体(当人曰く上記の同族の従兄弟)が登場している。なお、これらの作品では殻の中身に宇宙空間があるという設定になっている。

デジモンクロスウォーズ

2期で登場。ゴールドランドの住人デジモン。

デジモンゴーストゲーム


「アンゴラモン、キミも昔と変わってないね。いつも僕の事を気に掛けてくれる。また昔のように、2人で色んなことを学べると良いね」
「はぁ〜、こんなに喋ったのは久しぶりだ。少し“お腹が空いてきたよ”」

CV:釘宮理恵
第26話に登場。
デジタルワールドにいた頃のアンゴラモンの親友。
好奇心が旺盛で、アンゴラモンと一緒にデジ文字を解読して世界の歴史を学んだり、プラチナヌメモンといったデジモンの生態を調べたりとよく探求の旅をしていたとか。
人間にも興味を持っているが少し怖がっており、半年前に人間界に来てからはとある空き家を棲家にして引きこもっているとのこと。
しかし、彼が住み着いている空き家にはどういうわけか、家に立ち入った人間が忽然と姿を消すという「人喰い屋敷」の噂が立っており…。

人間界に来て久し振りに親友と再会したアンゴラモンは瑠璃をデジタマモンの屋敷に招くことになり、その瑠璃に誘われ清司郎も屋敷へ赴くことに。
屋敷では一足先に来たアンゴラモンと瑠璃と一緒にデジタルワールドでの思い出話に花を咲かせた。

やがて小腹が空いてきたので、瑠璃はお土産のお菓子をデジタマモンに勧めたが、彼はあまり興味を示さず、どこか不審な様子でアンゴラモンを書斎に案内して残し、瑠璃を2階に誘うと隠した両手を伸ばして彼女を捕らえようとする。
異変を察知したアンゴラモンに制止されて外へ飛び出し、先程の行為を咎めるアンゴラモンに自ら真実を口にした。

「精神を吸っただけさ。でも人間は砂になっちまった…。人間の精神は僕の腹を満たした…今までにない満足感だった…」
「人間だって、生きるために別の生命を食っているじゃないか」

実は彼こそが、この「人喰い屋敷」事件の元凶。
人間界にやってきて間もなかった頃、実体化して空腹で食べ物を漁っていた所、以前の空き家の持ち主であっただろう人間達に見つかった時に驚きと怖さのあまり、そのまま飲み込んでしまう。
吐き出した人間は砂と化してしまったが、同時に吸収した精神がどれだけ自分の空腹を満たす「美味なもの」だと知ってしまう。
この時を境に「知識の探求者」であった彼は、甘美な人間の精神を味わおうと食人を繰り返す「食欲の権化」に成り果ててしまったのだ(以前の話にでてきたアルケニモンと共通する部分も多い)。
その頭脳ゆえに、人間とデジモンが異種族と理解しており、自分の食事は「人間が動物や植物といった他の生命を食べるもの」と捉え、一方で昔と同じく同族である他のデジモンを傷つけるつもりはない。
あれだけ好奇心を持ち知りたいと思った人間を、自分の食糧としか見れなくなってしまったようだ。

「久しぶりの食事だ…3人も!ありがたい…!」
「デジモンに危害を加えるつもりはないよ。仲間だからね」
「僕は…ただ食事をしたいだけさ」

「オオオ…」
「腹ガ 空イタァァァ‼︎」

全てを知ったアンゴラモンは、一線を越えて暴走する親友を止めるべくジンバーアンゴラモンに進化し交戦するも歯が立たない。
さらにウェズンガンマモンテスラジェリーモンも加わった全員の猛攻を、その無敵に近い外殻でびくともせず『ナイトメアシンドローム』や『エニグマ』といった即死級の攻撃を連発してくる。
しかし、ウェズンガンマモンが超進化したカノーヴァイスモンの攻撃で上空に吹き飛ばされ、『ガリアフィッシャー』で撃ち落とされたことでついに大ダメージを受け、卵の外殻にもヒビが入る。

完全に食欲に取り憑かれたデジタマモンはそれでもまだ宙達を食べようとし、ジンバーアンゴラモンの説得も聞かずに襲いかかろうとするが、やむを得ずジンバーアンゴラモンは、せめて呪縛から解き放とうとヒビに目がけ『レントライザー』でトドメを刺し、致命傷を受けたデジタマモンは、自分と同じようにアンゴラモンも昔と変わったのを実感した言葉を呟きつつ死亡・消滅した。

「オマエも…変わったんだな…」
「アンゴラモン…オマエはデジモンか?人間か…?」

仕方なかったとはいえ親友を手にかけてしまい(グルスガンマモンを除く味方側がデジモンの殺害に至ったのも、ジンバーアンゴラモンがバトルのフィニッシャーとなったのもこれが初)、結局誰も救われない後味の悪い結末になってしまった。
なお、この時ジンバーアンゴラモンは気遣いからか瑠璃に必殺技名を宣言させていない
また、今回はアンゴラモンの「詩」は無く瑠璃のセリフで終わっている。

瑠璃「あのお屋敷は、今もひっそりと立っているのです。まるで、何事もなかったかのように…」

声を担当した釘宮氏は前作ではファンビーモンを演じている他、『セイバーズ』ではイクトを演じていたが、仲間を殺戮された側が、今度はそれをする側、しかもある意味あの倉田の主張通りともいえる「人間に害を及ぼす『デンジャラスな生物』」を演じることになるとは…。

余談だが(先述通り回想とは言え)この話でゴーストゲーム初の究極体(プラチナヌメモン)が登場している。

関連種

デビタマモン

プロフィール

属性データ
世代究極体
種族突然変異型
必殺技ブラックデスクラウド


デジタマモンが暗黒進化した姿で、デジタマモンの殻から不気味な怪物の体が生えている見るからに凶悪そうなデジモン。「パンドラの箱」そのものと称される存在であり、失われた古代魔法を使い、破壊の限りを尽くす。
必殺技は精神を蝕み、対象を分解してしまう暗黒の霧「ブラックデスクラウド」。


関連タグ

デジタルモンスター
完全体(デジモン)
ナニモン
デジタマ
デビタマモン

関連記事

親記事

ナニモン なにもん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「デジタマモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 99644

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました