2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

世代究極体
属性ウィルス種
神人型
必殺技クック・オブ・ザ・ヘル、パーティー・オブ・ザ・ヘブン、リバース・オブ・ザ・デッド
所属オリンポス十二神族、アンノウン


概要

オリンポス十二神族の一体で、モチーフはギリシャ神話の酒神ディオニュソス(バッカス)。
鳥山明の漫画に出そうなが特徴で、外見のモチーフは恐らくはディオニュソスに関連が深い葡萄の実(首飾りもブドウを模している)。どことなく蛇っぽい気もするが、蛇は既にミネルヴァモンに採用されたモチーフである。

自称・デジタルワールド1の酒豪で、デジモンを集めて宴会を開くなどその姿に反して、面倒見が良い。
宴会で仲良くなったデジモンのリクエストに応じて、体内であらゆる種類の酒を精製して振舞っている(原料はケレスモンの果実)。なお、その酒をどこから出してるのかについては触れないように。
デジモンカードの解説によれば酒食をエネルギーに変化させる大食漢とのこと。
なお、モードチェンジとして体に何やら禍々しい紋が走る泥酔モードがある。

必殺技は両手で包み込んだ敵を酒のつまみにして食べてしまう『クック・オブ・ザ・ヘル』、様々な症状を引き起こす毒を盛った酒を敵に浴びせる『パーティー・オブ・ザ・ヘブン』。泥酔モード時には取り込んだデータを吐き出す『リバース・オブ・ザ・デッド』を放ち、敵を倒すたびにそのデータを取り込んで強くなっていく。

元ネタのデュオニュソスと毒に関するエピソードはディオニュソスの項目にて。

活躍

デジモンコレクターズ

イベント『断罪の仮面女王』で登場。
ユピテルモンとは飲み友だが、ユノモンからの嫉妬が怖くて最近は誘っていないらしい。

デジモンクルセイダー

ストーリーイベント「バッカスモンの酒宴」で登場。
こちらの世界でもユピテルモンとは飲み合った仲で、彼がアイギオモンに退化してもなお、酒が強い余りにメモリーが破損しかけた事を覚えていたほど。
アイギオテュースモン:ホーリーとの手合わせに付き合った。

デジモン新世紀

詳しくは後述。明確に成長期からのルートが構築された。
なお、本作でのCVは菊池こころ氏だが、バッカスモンにはアニメへの出演経験はなく、アニメ媒体への出演経験のない十二神の中では珍しい仕様である。
本作では義理堅い性格となっている。


進化ルート

進化ルートはカードゲームではピッコロモンデジタマモンが挙げられるが、明らかにピッコロモンだけネタで入れたとしか言いようがないような…。

海外で配信されているデジモン新世紀では、次の進化ルートが採用された。

幼年期Ⅰ幼年期ⅱ成長期成熟期完全体究極体
バブモンピョコモンキュートモンユニモンピッコロモンバッカスモン

まさかのキュートモンが成長期である。完全体までがかわいい/ファンシー系で統一されている事がわかるが、あの可愛らしくて回復技を使うキュートモンが毒を盛る飲兵衛になってしまうとは誰が予想した事であろうか(何気にユニモンとバブモン以外は体色がピンク系である)。

考察

デジタマモンが配置されているのはタイタモンとの関連性が一つ、カードゲームでの所属がアンノウンとなっている事が理由だと考えられる。
このアンノウンという勢力はいわゆる汚物系が多数所属しており、デジタマモンは勿論、その進化元であるナニモンもまた所属している。つまり、親父が飲兵衛になるイメージといった所か。
デジタマモンは進化次第でデビタマモンやタイタモンのような災いを齎す存在にもなり得、バッカスモンは秩序を守る側に進化した姿とも解釈できる。

ピッコロモンに関してだが、体色以外にも有害なデータを凝縮する必殺技を持っている(ピッコロモンなら「ビットボム」、バッカスモンなら上述の通り)という共通点を持っている。

これらの事からカードゲームで採用された進化元は意外と筋が通っているのかもしれない。

関連タグ

デジモン 究極体 オリンポス十二神族
タイタモン:当初のバッカスモンのデザインが流用された。
オロチモン:酒をモチーフにした技を持つ。
ケレスモン:上記の関係性ゆえか、仲が良い。

関連記事

親記事

オリンポス十二神族 おりんぽすじゅうにしんぞく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「バッカスモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 600

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました