2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

レベル完全体
種族天竜型
タイプワクチン種
必殺技ガリアフィッシャー、ドラゴニア、メテオルクス、グランノヴァ


公式プロフィール

燃え滾る心の炎がさらに激しさを増したことで高純度の白い体表となった、大翼を持つ天竜型デジモン。

パワーでもスピードでも正々堂々の勝負を好み、戦いが白熱するほどに歓喜の表情を見せる。しかし不正や非道な行いは許さず、それを踏み越える正道で相対する。戦いの中で限界を超越する力を引き出すと全身が白光に煌めき、別次元のデジタルワールドからも感知できるほどの光度になるという。

多彩な戦技を身につけており、強靭な爪が敵を切り裂く『ガリアフィッシャー』は低純度のクロンデジゾイドならば簡単に断ち割る威力を誇る。さらに羽を閉じて光弾のように突撃する『ドラゴニア』、広げた羽から輝きが流星群となって降り注ぐ『メテオルクス』など遠距離でも対応可能。

最大の必殺技『グランノヴァ』は全身の力を集め口から最光度の火球を放ち、究極体であろうとも焦熱の星で包み込む。

概要

デジモンゴーストゲームの新デジモン・ガンマモンが進化した姿である、天竜型の完全体デジモン。
容姿も能力も多彩だった成熟期達から一転して、ガンマモンのイメージカラーである白色に逆戻り、どっしりと構えた典型的で逞しいドラゴンの姿へと様変わりしている。

名実共にベテルガンマモンの側面を発展させた姿であるが、青黒い炎も帯びている事から、グルスガンマモンの要素も含まれている模様。

情熱を燃やすという点は、歴代主人公ではシャウトモンの説明に近い。
名前はカノープスりゅうこつ座α星)+ヴァイス(ドイツ語白い)と思われる。

アニメでは

デジモンゴーストゲーム

カノーヴァイスモン


「俺と正々堂々戦え。卑怯な真似は……許さん」

AnimeJapan 2022「デジモンゴーストゲーム」スペシャルステージにて、今後登場することが発表された。

そして第25話にて、強敵ヴァンデモンとの戦いにて、宙の「共に乗り越える」という言葉をトリガーにでグルスガンマモンに進化しかけたの抑え、ベテルガンマモンから『超進化』して登場。『ドラゴニア』の一撃で勝負を決めた。
直前にヴァンデモンの技でベテルガンマモンのダメージが宙にも影響する状態になっていたが…『デジモンのダメージがパートナーにも及ぶシンクロ』は『テイマーズでパートナーが完全体以上になった時』が初出で、完全体に進化する布石だったと思われる。

ウェズンガンマモン・カウスガンマモンからも進化できるが、進化に何らかの制限があるのか、第28話のアシュラモン戦では戦闘中にカウスガンマモンへ退化してしまっている。
前回の経験から次に進化した第30話のワルもんざえモン&エクスティラノモン戦でカノーヴァイスモンが「宙、この進化にはリミットがあるのかもしれない!」と発言している。
このリミットはカノーヴァイスモン特有のものではないらしく、44話ではラモールモンも同様のリミットによりジンバーアンゴラモンに退化している。

通常無印を始めとするデジモンアニメシリーズでは、完全体から一気に成長期(消耗しだいで幼年期)に戻るのに対し、完全体から成熟期に戻るという点はオメガシャウトモンシャウトモン キングverエンジェウーモンテイルモン以来である。

進化系統

幼年期1幼年期2成長期成熟期完全体究極体
クリモングリモンガンマモンベテルガンマモンカノーヴァイスモン???
カウスガンマモン
ウェズンガンマモン

余談

カノーヴァイスモンとラモールモンがリミットで退化した後どちらもかなり疲弊していたことから完全体を維持するのに相当のエネルギーを必要としているからと思われる。恐らくテティスモンにもリミットがあると考えられる

関連タグ

デジタルモンスター デジモン ガンマモン
完全体 ラモールモン テティスモン

キャラクターデザイン担当のやぶのてんやさんによる描き下ろしイラスト【カノーヴァイスモン&ヒロ】

関連記事

親記事

ガンマモン がんまもん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「カノーヴァイスモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20279

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました