ピクシブ百科事典

ワープ進化

わーぷしんか

ワープ進化とはデジタルモンスターに登場する進化の1つ。
目次[非表示]

ワープ進化とは、本来なら通過する進化段階を飛ばし、より上の形態へと一足飛びに超進化することである。

概要

初出はアニメ版デジモンアドベンチャー
主役デジモンではアグモンとガブモンが獲得した進化方法で、それぞれ、

と、間の二段階をすっ飛ばして進化している。
恐らく完全体からさらに究極進化することになると間に成熟期への進化のバンクも挟むため、テンポや尺の問題からワープ進化が採用されていると思われる。

その他にも、
がワープ進化を披露している。

また、劇場版「ぼくらのウォーゲーム」に登場したディアボロモンも進化の過程で成長期ケラモン)から一段階飛ばして完全体インフェルモン)へと進化しており、成熟期クリサリモン)を経由していない。劇中での言及こそなかったが、これもワープ進化の事例のひとつと言えるだろう。

当時販売されていた変形玩具「超進化シリーズ」との連動もこの進化方法の成立背景にあったと考えられる(ちなみにこの玩具の大人向け版である「超進化魂シリーズ」にはドルモンケラモンブラックアグモンがラインナップされており、それぞれの究極体にワープ進化させることが出来る。ただし、ドルモンの出典はtri.ではなく、「DIGITAL MONSTER X-evolution」となっている。)

他にもデジモンテイマーズの主役三体とベルゼブモン、デジモンセイバーズの主要デジモンなど「ワープ進化」という名称がないものを含めれば多数の事例が存在する。

デジモンアドベンチャーtri.」シリーズでは、全員が究極進化に統一されているため、ワープ進化は行われていない。

デジモンアドベンチャー:」ではウォーグレイモンが正式に進化した際にはメタルグレイモンからの究極進化を経ており、ワープ進化は使用されていない。ただし、Vテイマー01とのコラボではワープ進化も披露している。
また、第二話にてグレイモンとガルルモンが合体しオメガモンが登場している。これもある意味ワープ進化と言えるかもしれない。

アニメ以外の媒体において

カードゲームでは「Bo.557 ザンバモン」が進化条件に成熟期のムシャモンヤシャモンを指定している等、一部のカードが進化段階を飛ばして指定していることがある。
武者型デジモン同士等、モチーフが似通っているが進化段階が離れている場合等に設定される事がある模様。

TVゲーム等では採用されないことの方が多い。これはゲームバランス上仕方がないことだろう。
採用されていることもあり、ストーリー追体験が主題の「PSP版デジモンアドベンチャー」では当然使用可能。それどころか原作ではワープ進化出来なかった残り6体のパートナーまで習得可能となった。
「デジタルカードアリーナ」ではそのものズバリ「ワープ進化」という進化オプションカードがある。進化段階を飛ばせるが進化エネルギーを貯めるまでレベルⅢで耐えなければならないというやや難しいカードだが、なんと八神太一がこれをフル投入したデックを使う。
「デジモンストーリー」シリーズではまれに進化段階が飛ばされて設定されているデジモンがいる事がある。

pixivでは

  1. ワープ進化したデジモンのイラスト
  2. 同じように間をすっ飛ばして進化しているポケモンのイラスト
  3. 絵柄の推移を比較しているイラストのうち、上達がすっげえ早いもの

の3種類に付いている。
最後の意味でよく使われているので、このタグの絵を見る際には嫉妬に駆られないように注意すること。

関連動画



関連イラスト

1

ウォーグレイモン



2

Xの隠しキャラ。



3

これまでのあゆみ
Pixiv新旧デジ絵比較



関連タグ

デジモン デジタルモンスター
新旧比較 成長記録 pixiv新旧デジ絵比較
2010絵師進化録 10年進化録
劇的ビフォーアフター なんということでしょう
進化 暗黒進化

関連記事

親記事

デジモンシリーズ でじもんしりーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ワープ進化」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1162105

コメント