ピクシブ百科事典

暗黒進化

あんこくしんか

暗黒進化とは、デジモンシリーズに登場する進化の一つである。
目次[非表示]

概要

暗黒進化とはデジモンシリーズに登場する邪悪な進化である。大抵の場合は暗黒進化したら制御できなくなって暴走したり、最悪の場合デジヴァイスが壊れたりデジモンが死んだりする

暗黒進化はそのデジモンのパートナーとなる人間が焦りや怒り・憎しみ等のネガティブな感情に捕らわれて発動する事が多く、フジテレビ系列日曜朝9時台で放送されていた『無印』~『セイバーズ』においては、一種の主人公の通過儀礼(ただし2作目4作目を除く)と化していた

原作ゲームにも天使型デジモンが堕天したり、ウィルス種に感染して変異したデジモンなどそれに該当する進化は随所に見受けられる。ちなみに歴代作品内の選ばれし子供の中で、天使型を暗黒進化させていないのは高石タケルのみである(一応、李小春ケルビモンに進化し得るロップモンがパートナーだが、究極体に達しないまま物語が終了した)。

作中での暗黒進化

デジモンアドベンチャー

敵が強力になっていく中で八神太一が焦りを感じ、間違えた勇気とされる行動をしてしまい、グレイモンアグモン)をスカルグレイモンに進化させ暴走させてしまった。

デジモンアドベンチャー02

デジモンカイザーがグレイモン(アグモン)を操り進化させる行為を暗黒進化と呼んでいる。イービルリングでは力不足だったため進化させてもスカルグレイモンになってしまったが、後に強力な力をもつイービルスパイラルを作りメタルグレイモン(ウィルス種)へ進化させることが可能となった。
また、前述のタケルがデジモンカイザーに怒りを爆発させ殴るシーンもあるのだが、そのシーンが一部のファンから「タケルの暗黒進化」とネタで言われる。

なお同作の主人公である本宮大輔は、『無印』~『セイバーズ』までの主人公で唯一、パートナーデジモンブイモン)を暗黒進化させなかった。ただし、仲間を思いやる気持ちが強すぎるあまり、暗黒進化させられたメタルグレイモンへの攻撃を躊躇い、フレイドラモンブイモンに退化させてしまった事はある。なお、設定上ではインペリアルドラモンのウィルス種版(邪悪な力に飲み込まれて暗黒進化した姿)が存在するほか、ドラマCDではむしろ彼本人が暗黒進化してデジモンカイザーになった


また、名言されてはいないが、劇場版ゲストのウォレスのもう一人のパートナーであるチョコモンが進化したウェンディモン系統は暗黒進化であった事が伺える。ラスボスであったケルビモン(悪)の登場から一転、物語のクライマックスで本来の進化系と思しきケルビモン(善)が現れている為であり、運命が違えばトゥルイエモンから進化するルートもあり得たのかもしれない。

デジモンテイマーズ

松田啓人(タカト)がベルゼブモンに仲間のレオモンを殺された事で怒りを爆発させ、メガログラウモンギルモン)をメギドラモンへ進化させ暴走させた。
その時、タカトのデジヴァイス(アーク)は力に耐えられず砕け散っていったが、後に真なる究極体デュークモンに進化した際に新生した。

その暗黒進化の引き金を引いてしまったベルゼブモンも、元はと言えばチャツラモンによって心の闇につけこまれたインプモンスーツェーモンとの契約によってタカトたちを抹殺することを条件に力を与えられた(彼も後にパートナーとの絆を取り戻して真なる究極体への進化を果たす)ものであるため、ある意味暗黒進化の連鎖と言えなくもない。

デジモンフロンティア

明確に暗黒進化したキャラクターとしてはケルビモンに洗脳され、ダスクモンと化した木村輝一がいる。
また主人公の神原拓也も、自信を喪失してフレイモンに退化したり(これは先述の、『02』で大輔がフレイドラモンをブイモンに退化させた一件に似たようなケースでもある。)、拓也・輝二純平友樹のビーストスピリット(ビースト進化)による暴走(厳密には闇堕ちではなく、野生の本能を制御しきれなかったことによるものだが)など、暗黒進化に近いものはある。

デジモンセイバーズ

大門大が仲間を裏切ったトーマ・H・ノルシュタインへ怒りを感じ(実際は裏切ってなどなく、を欺くための演技であった)、シャイングレイモン(アグモン)を不完全なバーストモード(ルインモード)へ進化させた。その後、シャイングレイモンは力を使い果たし、デジタマに戻ってしまった。

デジモンクロスウォーズ(漫画)

ダークナイトモンの策略により、自らの影にシェイドモンを植え付けられていた天野ネネがダークナイトモンの非道な所業に加担させられていたことを知らされて絶望し、その絶望の心を吸収したシェイドモンが羽化。後にネネはを吸収しようとしたシェイドモンを静止すべく、自らシェイドモンとデジクロスし、シェイドモンに意識を乗っ取られてしまった

この出来事は後に工藤タイキが、そのシェイドモンを弟であるダークナイトモンに託した張本人であるバグラモンに対し、ネネの絶望の心を糧にした暗黒進化というべきものだと指摘している。実際、仲間の説得によってネネが希望の心を取り戻した時―――。

デジモンアドベンチャーtri

戦いに心を痛める八神ヒカリの悲しみのエネルギーがテイルモンに流れ込み、オファニモン:フォールダウンモードにワープ進化させた他、メイクーモンが本編で見せた姿は暗黒進化と解釈出来るものであった。(本来ならメイクラックモン→ラジエルモンとなる所が、劇中ではメイクラックモン:VM→ラグエルモン→オルディネモンとなっている。)

デジモンアドベンチャー:

第24話で太一共々瘴気に侵食され暴走したメタルグレイモンが、ゼロ距離で発射したギガデストロイヤーで吹き飛ばしてしまった太一をダンデビモンに食われたショックでムゲンドラモンに進化し、襲い掛かった。
ムゲンキャノンが存在しない不完全な状態だったこともあってか、ダンデビモンに対しては一時的に追い込みこそすれど決定打まではいかなかったが、精神世界でエンジェモンの呼びかけにアグモンが自我を取り戻し、ウォーグレイモンへと再進化を果たす。


関連タグ

進化 悪堕ち 闇堕ち 暴走 覚醒
ワープ進化 ジョグレス進化 スピリットエボリューション デジクロス
みんなのトラウマ アニメにおけるみんなのトラウマ一覧

関連記事

親記事

デジモンシリーズ でじもんしりーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「暗黒進化」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 84793

コメント