ピクシブ百科事典

ムゲンドラモン

むげんどらもん

ムゲンドラモンとは、デジタルモンスターシリーズに登場する架空の生命体・デジタルモンスターの一種。
目次[非表示]

概要

レベル究極体
タイプマシーン型
属性ウィルス
必殺技∞(ムゲン)キャノン


デジモンワールドにてラスボスとして初登場。
携帯機での初登場はデジモンペンデュラム5。名前の由来は「無限」と「ドラゴン」。デザインは製作された時点で登場していたサイボーグ型デジモンのメタルパーツを継ぎ合わせたもので、ボディカラーは頭部、右腕、つま先が黒で、それ以外は銀色。クロスウォーズでは機械の部分の下に本来の体がある(赤黒いゾンビを思わせる)。

公式設定

デジモンウェブ「デジモン図鑑」

全身が100%フルメタルのデジタルワールド最強のデジモン。数々のサイボーグ系デジモンのパーツを組み合わせて造られており、今まで製造されてきたサイボーグ系デジモンはムゲンドラモンを完成させるための試作型だったと思われる。
他のデジモンを圧倒するほどのパワーと、桁違いの処理能力を誇る頭脳を持つが、自らの意思は持ち合わせていない純粋な機械デジモンである。そのかわり本体中枢にある電脳核(デジコア)に、何者かによって悪の意思が宿ったプログラムを植えつけられており、悪意に満ちた電脳核からは無限のパワーが供給されている。
必殺技は2砲のキャノンから発射される超弩級のエネルギー波『∞(ムゲン)キャノン』。

元となったデジモン

爆撃指令!ムゲンドラモン!


胸部パーツと左腕のトライデントアームを転用。
サイコブラスターをムゲンキャノンに転用。
肩のプロテクタを膝に転用。
頭パーツとメガハンドを転用。
下顎のパーツと腹部を転用。

活躍

初期ゲームではラスボスクラスだったが、年月が経つにつれて中盤辺りのボスへと格下げされている。

ゲーム

デジモンワールド

ラスボスとして登場。ムゲンマウンテン最深部にて、物語の黒幕・アナログマンの操る「究極最強デジモン」として主人公と戦う。「サンダージャスティス」「オールレンジビーム」などの強力な技を使用するほか、必殺技である「∞キャノン」は想像を絶する威力を誇る。
また、ゲームクリア後は「裏次元」と呼ばれる隠しダンジョンが出現するようになり、この最奥にてムゲンドラモンと戦うことが可能になる。このとき戦うムゲンドラモンはラスボスとして登場したものよりも強力になっているが、その正体はダンジョン近辺に住む一般の野良デジモンであり、アナログマンの呪いで意識を乗っ取られ、ムゲンドラモンに変化させられたものである(撃破すると元の姿に戻る)。

本作では敵キャラクターとして登場するだけでプレイヤーが育成することはできないが、ゲームクリア時にデータを保存することで、対戦モード内でのみプレイヤーが操作することが可能。

なお、前述した通り本作での登場が初となるが、本作に登場するムゲンドラモンは

  • 一部のパーツを除いて全身が白色
  • 赤い瞳を持つ
  • 通常時は∞キャノンが後方を向いている
など、後のデザインと外見上の違いが見られる。

デジタルカードバトル

こちらもラスボス。ファイル島の中枢であるムゲンマウンテンの守護者で、バグカードを巡る一連の騒動の黒幕だと言われているが。本人は事件との関与を否定している。
全てのセブンスカードを組み込んだデックを駆使し、主人公と対決するも敗北。更にロゼモンが動力炉を破壊したせいでムゲンマウンテンは爆発。足の遅かった彼だけがまともに爆発に飲み込まれ、住処も奪われてしまい(部下たちの住む下層部は無事)、ゲームクリア後はとある店の店員として働くようになる。ある意味、作中一番の被害者
ムゲンマウンテン戦では半ば眠っているような顔つきだったが、クリア後は全力の戦いを楽しむ一面も見せる。

また、ゲーム内のカードとしても登場。
暗黒属性のレベル完で、ステータスは最強クラスなのだが、出すのに必要な進化Powerが70と非常に多いため、ゲームクリア後に入手出来るチート級進化オプションカード「ダウンローダー」を使用しないと場に出すのは難しい。

アノードテイマー/カソードテイマー

後述のデジモンアドベンチャーで選ばれし子供達に倒された個体がなぜか復活。キメラモンと組んでかつての同胞だったピエモンを始めとする悪のデジモンたちを同様に復活させ、最終的に追い詰められキメラモンと融合し、ミレニアモンへと進化した。

デジモンストーリーサイバースルゥース

YUGO


ハッカー集団「ザクソン」のリーダーである、ユーゴパートナーデジモンとして登場。
物語の序盤に主人に協力したり、中盤の終わりにボスとして登場。
必殺技の「∞キャノン」の威力は相変わらず強力だが、充填と冷却で前後1ターン動けなくなるため対策は容易。

デジモンワールド-next0rder-

13年ぶりだね


なんとチュートリアルでいきなり登場し、味方側もオメガモンに合体するという最初からクライマックスな演出で始まる。

撃破後上記した『デジモンワールド』の呪いと似たような現象「異構築」で変化していた事が分かり、主人はその原因を探る事になる。

デジモンリアライズ

CV:上田麗奈
新海沙羅パートナーデジモンバクモンの究極体。他作品のような暗黒進化や異常が発した訳ではない正統進化なため、キャラ自体はバクモンのままで、重厚な風貌から発されることを想像すると驚くほどかなりノリや口調が軽い

アニメ

デジモンアドベンチャー

CV:江川央生
ダークマスターズの一角として登場。機械で構成されたエリアでメタルエンパイアー軍団を率い、選ばれし子供達と戦闘した。
必殺技・∞キャノンと桁外れた強度の装甲、サイボーグ型デジモンの統率のとれた軍勢の圧倒的破壊力、そして光子郎の作戦をことごとく上回る頭脳で太一達を追いつめたが、ヒカリの不思議な力によってアグモンウォーグレイモンに進化し、ドラモンキラーによって倒される。
余談だが、後に江川氏が演じた四天王系のキャラは、奇遇にもムゲンドラモン同様3番目に対峙するポジションになっている。

デジモンテイマーズ

クルモンのシャイニングエボリューションによって進化し、デ・リーパー討伐へと参戦した。

デジモンフロンティア

ケルビモンによるセラフィモン攻撃の際、ケルビモンの取り巻きの中にいた。

デジモンクロスウォーズ

赤ムゲンドラモンズ


サンドゾーンにてリリスモンの部下として登場。最初は何故かムゲンキャノンを装備していなかったこと以外従来通りの姿だったが、仲間のスコピオモンを吸収することでムゲンキャノンを装備した赤い体色のハイムゲンドラモンとなる。
圧倒的な戦闘力でデジクロスできないシャウトモン達を苦しめたが、最期は、バアルモンが転生したベルゼブモンとシャウトモンX4Kの攻撃により敗れる。


デジモンアドベンチャーtri.

第4章で登場。デジモンカイザーもといゲンナイと同じ顔の男が、メタルシードラモンと共に従えている。

デジモンアドベンチャー:

センシティブな作品


第24話に登場にて、ダンデビモンとの戦闘で太一共々瘴気に犯され暴走したメタルグレイモンが、ダンデビモンに太一が食われたショックで暗黒進化した姿として登場(ただし同話に登場したダンデビモンやパタモンとは違い名前が表示されていない)。
クロスウォーズ同様ムゲンキャノンを装備していない不完全な形態だったが、全身が発熱しているかのように赤いオーラをまとい尻尾の隙間からビームを乱射して攻撃した。
怒りに呑まれて進化したせいでダンデビモン同様自我を有しておらず、無差別に暴れまわるあまり怒りのきっかけとなるほど太一が守りたかったはずのヤマト達も巻き込みかけたが、精神世界でエンジェモンに宥められたアグモンが自我を取り戻した結果、ウォーグレイモンに内側から突き破られ消滅する。

以前からメタルグレイモンへの進化バンク時にグレイモンに噛みつこうとする青いグレイモンから一瞬だけ同じく赤いオーラを纏ったムゲンドラモンに変わり食らうようなイメージシーンが描かれている演出があったことから関連性は浮かんでおり、前述のペンデュラム5を始めルートとしては存在していたとはいえ(しかもペンデュラム5ではその手段が「他のバージョンのウイルス完全体とのジョグレス」という暗黒進化のようなもの)、無印の件を考えるとまさかの展開と言える。暴走状態とは言えアニメ版では初めて主人公側にムゲンドラモンが所属した事になる。
不完全な姿だったことについて一部ファンの間では、前述の進化バンクが見られたのがメタルティラノモン撃破以降だったこともあり、「元となったデジモンのうち、メタルティラノモンは第9~10話、アンドロモンが第12話で対峙し、メガドラモンとも第20話で遭遇したのに対し、キャノン担当のメタルマメモンのみ未登場でメタルグレイモンにデータがなかったため」と考察されている。(奇遇にも25話の次回予告ではマメモンビッグマメモンが大量に登場する旨が語られていたことからメタルマメモンも混じって登場して完成すると思われたが、実際は登場しなかった。せめて1体でもいいから、そいつらの文字通りの「親玉」として登場して欲しかったところである)。

実は、味方サイドのデジモンが自身の意思で暗黒進化する事例は今回が初(ヴリトラモンの場合はスピリットの力による暴走に近い)。

そして47話の次回予告にて、ついにムゲンキャノンを装備した正規仕様のムゲンドラモンが登場し子供達と対峙することが判明
セフィロトモンが回収したデータからベーダモンが生成したようで、曰く「最強の意味に対する1つの答え」。突如降下したクラウド大陸の撃墜に加え、ミレニアモンがパートナーデジモンに興味を有したことから、そのデータ収集も兼ねて襲撃し、リリモンアトラーカブテリモンズドモンガルダモンのデータを吸収する。
経緯不明ながらしっかり搭載されたキャノンの他、前述の太一のアグモンが暗黒進化した個体同様尻尾の隙間からのビームも健在で、尾端からビームを鞭状に伸ばしての攻撃も可能。また初登場のワールド同様目を光らせている。
ウォーグレイモンとの戦闘では1度はムゲンキャノンと尻尾のビームの相乗で押し切るも、叩き潰した尾を破壊され、トライデントアームで串刺しにしてかちあげたとこにメガハンドから熱線を放つも仕留め損ね、ドラモンキラーを投げ込まれ破損。両腕をパージし突撃の末喉を突き破られ、ムゲンキャノンを強制停止される。
だが、最終プランの発動で動力炉をオーバーロードさせ、乗っていた太一&ウォーグレイモンごと胸部を射出。クラウド大陸を崩壊させる。

初代同様エンジェウーモンから力を授かったウォーグレイモン一人によって倒されたが、当時の通りドラモンキラーで切り刻まれた他、同じダークマスターズだったメタルシードラモンのごとく口からブレイブトルネードを貫通されるシーンもある。

ただし、黒幕の片割れとだけあってピエモン以上の強敵となっており、初代と違って散り際に太一を道連れにした。後、tri.同様残念ながら江川氏のCVもなし。



前述のメタルグレイモンの進化バンクでの赤いムゲンドラモンの描写は、ムゲンドラモンに進化した後はめっきり登場しなくなったが、第54話で久々に描かれており・・・・・・・?せっかく暗黒進化を乗り越えたのに、また何かあるというのだろうか?



プラモデル

『Figure-rise Standard Amplified』シリーズにてプラモデル化され発売が決定した。
オメガモンウォーグレイモンメタルガルルモンブラックウォーグレイモンインペリアルドラモンに続く抜擢。
デジモンの中では人気や知名度はある方とはいえ、比較的立体商品化に恵まれている彼らと違い、これまではぼくらのウォーゲーム当時の食玩程度しかなかった中でのプラモ化だった。
選ばれた理由にはAs'まりあによればアンケートの後押しもあった様子。
発表時点では初となるアニメ作品のパートナーデジモン以外の新規プラモ化だったが、同月に前述のデジモンアドベンチャー:にて登場したので一応パートナーデジモンのプラモ化になった。

プラモデルオリジナルギミックとして胸パーツが共通することから「ギガデストロイヤー」をイメージした胸部開閉が可能になっている。
後にこのギミックは、最終フェーズ(自爆)のシークエンスに使われる形でアニメに逆輸入されている。

関連イラスト

ムゲンドラモン
機械皇帝 ムゲンドラモン


ムゲンドラモン
ムゲンドラモン


インフィニット・アウト



こんな展開が欲しかった(←「:」である程度実現している。)

ウォーグレイモンとムゲンドラモン
デジモンアドベンチャーtri 第∞章(嘘)



関連タグ

デジモン 究極体 デジモンワールド デジモンアドベンチャー デジモンストーリーサイバースルゥース デジモンワールド-next0rder-
ダークマスターズ 



スイジンモン

関連動画

関連記事

親記事

キメラモン きめらもん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ムゲンドラモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 310968

コメント