ピクシブ百科事典

セフィロトモン

せふぃろともん

セフィロトモンとは、デジタルモンスターに登場するハイブリッド体のデジモン(メイン画像左側のキャラクター)。
目次[非表示]

概要

レベルハイブリッド体
タイプ突然変異型
属性ヴァリアブル
必殺技ランブルブレンドナンバー(1~10)


鋼のビーストスピリットによって進化した、ハイブリッド体デジモン。ヴァリアブル種。

セフィロトの木をモデルにしており、10個の球体から構成され、自由自在に形態を変える。
敵の弱点を徹底的に調べ戦うが、計算外の行動をされると焦り非常にもろい面がある。

球体には全闘士の属性に対応しており、それぞれの属性を吸収してしまう(しかし光の紋章によく似たマークからは技は出ない。なぜならその球体は彼の心臓であるから)。
頭部にはアルファモンクルモンにある「ケティルマーク」なる紋章が刻まれているが、関係は不明。

フロンティアでは悪の四闘士のトリを努め、その禍々しく異形じみた見た目から、ハイブリッド体の中では以降の作品でも悪役として登場することが多い。獲物を捕まえ監禁する、というそれだけでピンチ感を出せる設定もあって動かしやすいこともあると思われる。


公式設定

デジモンウェブ「デジモン図鑑」

伝説の十闘士の力を宿した、鋼の能力を持つデジモン。感情が一切排除された機械のような思考の持ち主。敵を瞬時に分析して的確に相手の弱点をつく。ただし、計算外の行動を取られると非常にもろい。
10個の球体は各々他の十闘士と同じ属性を持ち、同属性の攻撃をしたり、逆に同属性の攻撃を吸収することができる。不気味な口からは、敵の攻撃が外れた際や自分の攻撃が当たった際に、低音の気持ちの悪い笑い声があがる。
必殺技は球体をシャッフルした後に頭頂部で止まった位置の球体からランダムに十闘士と同じ属性の攻撃をする『ランブルブレンドナンバー(1~10)』。

活躍

デジモンフロンティア

闇の大陸を進む拓也達の前に突如現れ、自分の体内に閉じ込める。その目的は体内の各エリアで自分の手下やラーナモン達と戦わせ、彼等全員の技のデータをコピーする事であった(ベオウルフモンは初進化の際に一度も技を出さなかった)。

どうやったのかは不明だが、セフィロトモン内の「鋼のエリア」でメルキューレモンとしても登場。(※3)アルダモンにヒューマンスピリットをスキャンされ体外へ脱出されるも、今度はセフィロトモンとして上記のコピー能力を駆使し、アルダモン達を窮地に追い込む。

しかし互いの技を組み合わせた合体技のコピーは出来ない事、更に球体の中で一度も技を出していない箇所(上記の光の紋章によく似たマークの部分)があるのを見破られ、最終的に敗北した。

作中のセフィロトモンの体内のエリア

エリア場所対戦相手
土のエリア下から2番目・中央ボルケーモン(前半)、闇ブリッツモン⇔闇ボルグモン(後半)
風のエリア下から2番目・右側カラテンモン
火のエリア上から2番目・右側アシュラモン
雷のエリア中央・左側パロットモン
木のエリア一番下ジュレイモン
水のエリア下から2番目・左側ラーナモンカルマーラモン、3体のハニービーモン※1
闇のエリア中央(心臓)ダスクモン※2
氷のエリア中央・右側パンジャモン
鋼のエリア上から2番目・左側メルキューレモン※3
光のエリア一番上(頭部)ブラックセラフィモン

※1:カルマーラモンとシューツモンとの戦いの中で改心して、泉と共に脱出。その後の動向は不明。
※2:強制的にセフィロトモンの体内に侵入する。したがって本来の闇のエリアでの対戦相手に関する情報は不明。
※3:もしかしたら、部下に自身の人格や思考を植え付けてヒューマンスピリットを託したのかもしれない。あるいは土のエリアの闇ブリッツモンのようなコピーか。

デジモンクロスウォーズ~時を駆ける少年ハンターたち~

CV:岸尾だいすけ

バコモン遊園地の真のオーナー。遊具に化け乗り込んだ子供たちを閉じ込めていた。
しかしクロスハートに倒され、タギルにハントされる。

デジモンクロスウォーズ(漫画)

バグラ軍の一員で、最終戦争に複数体登場した。

デジモンアドベンチャー:

第46話に登場。
目の付いた球体の1つが太一ヤマト光子郎タケルのペアを取り込み、彼らがこれまで戦ってきたデジモン達のコピーを生み出して戦わせた。
テイルモン曰く、ミレニアモン復活のために、大陸中の強力なデジモンのデータを集めているようで、最終的にそれらを1つに融合させて最強の肉体を創造する事が目的らしい。最後はホーリーエンジェモンに切られたものの、雲の上から口の付いた球体がそのデータを取り込み復活させ、他の球体の元へと戻っていった。
その際折角収集したデータは破損したようだが、なんらかの形で修復した模様で、48話ではそれを基にムゲンドラモンを生成した他、最終的にセフィロトモンがキメラモンらしき姿に変化し、それをミレニアモンの魂が取り込むことによって、完全なミレニアモンとして復活を遂げることになる。

デジモンとスピリットが融合することでハイブリッド体に進化した例は過去にもあったが、地味にハイブリッド体から他のレベルのデジモンに進化した初の事例


ちなみに、内部で戦っていたデジモン達は、パートナーデジモン達の進化も含めキメラモンの素材となったデジモンが多く、10体の素材のうち、エアドラモンスカルグレイモンモノクロモンを除く7体が登場している(ただしモノクロモンはシードラモンスナリザモンらと共にシルエットで映った。また、ガルルモンとは対峙経験があるため、描写を省略された可能性があるだけでこいつとも中で戦っていると思われる)。
また、データを吸収されたアグモンは、かつてムゲンドラモンに暗黒進化した事があったが、キメラモンとムゲンドラモンが合体すると、ミレニアモンになる。
上述の目的を踏まえると、制作陣はある程度意識してチョイスしていると思われる。


余談

元となったデジモンがそうだったのもあって、設定や容姿に全く「鋼」の要素が見られず、おまけに他の闘士の属性を全部持っているとだけあって、十闘士のうちの1体としては他と一線を画したかなり異質な存在になっている。
ただし、敵を分析したりデータをコピーしたりする設定はスーパーコンピュータのようであり、鋼要素はそこから見られるといえばそうである。他の闘士の属性を持っているのも、データの分析やコピーを重ねていった結果なのかもしれない。



関連項目

メルキューレモン(ヒューマン体) ⇔ セフィロトモン エンシェントワイズモン

関連記事

親記事

エンシェントワイズモン えんしぇんとわいずもん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「セフィロトモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17070

コメント