ピクシブ百科事典

カルマーラモン

かるまーらもん

カルマーラモンとは、デジタルモンスターに登場するハイブリッド体のデジモン。
目次[非表示]

概要

レベルハイブリッド体
タイプ水棲型
属性ヴァリアブル
必殺技ネーロコルソ、タイタニックチャージ


水のビーストスピリットによって進化した、ハイブリッド体デジモン。ヴァリアブル種。

イカのような触手を持つ水棲型デジモン。水中戦だけでなく空中戦も得意とし陸上では10本の触手でヤドカリのように移動する。

必殺技は「タイタニックチャージ」(デジモンフロンティアでは、最初は上手く制御ができず空の彼方へ飛んで行ってしまっていたが、セフィロトモンの体内では制御ができるようになっていた)と、「ネーロコルソ」。

公式設定

デジモンウェブ「デジモン図鑑」

伝説の十闘士の力を宿した、水の能力を持つデジモン。半人半獣の姿をしており、触手は高速回転して敵を攻撃したり、収束して壁となって本体をガードしたりと攻守に使用される。触手での攻防で勝負がつかないとなると、本体は胴に収納されて巨大イカの姿でパワーアップした攻撃をする。胴部の弾力性は触手に勝り、対外の物理攻撃は無効。
水中あるいは空中での行動の方が得意だが、陸上では十本の触手を器用に操り巨大なヤドカリのように動く。性格は魔女のようにずる賢くて短気。
必殺技は口から溶解性の墨を吹く『ネーロコルソ』と、胴部を硬化させドリルのように回転させて敵にぶつける『タイタニックチャージ』。

活躍

デジモンフロンティア

第15話にて、ラーナモンが水のビーストスピリットを入手して進化した。
初登場時にはラーナモンの頃の面影が全く見られないその外見で皆(視聴者含む)を愕然とさせ、特にラーナモンのファンクラブだったトーカンモン達はあまりのショックに、「アイドルの素顔なんて、所詮こんなもんだよな…」と言い残し、ファンクラブを脱退した。公式設定通り、煽り耐性はラーナモンより低く、「スルメ女」「イカスミ女」「一生彼氏できない」だのボロクソにこき下ろされた為に折角捕らえたシューツモンを逃してしまったほど。ちなみに化粧をしているらしく、第16話では禿げてしまった。

必殺技の「タイタニックチャージ」は最初は上手く制御ができず、使おうとする度に空の彼方へ飛んで行ってしまっていたが、セフィロトモンの体内で使用した時は制御できるようになっていた。

第26話にて、セフィロトモンの「水のエリア」でと三度目の対決を行う。シューツモンのウィンドオブペインを食らい怯んだところにギルガメッシュスライサーが直撃し断末魔の絶叫とともにデジコードを放出した。最初にビーストスピリットを取り除かれ、ヒューマンスピリットもフェアリモンにスキャンされる。

デジモンアドベンチャー:

第20話に先行してシルエットで姿を見せ、翌21話で本格的に登場。
無数のアルゴモン(幼年期Ⅰ)を使役して航行管理システムからデータを搾取し、灯台型オブジェを介してデビモンの元に転送するとともに、マラッカ海峡で操作を掌握したタンカーを港に衝突させようとした(同時にこの騒動で報道やSNSに溢れたデータも収集していた)。
22話でバードラモンカブテリモントゲモンイッカクモンの一斉攻撃を受け撃破されたかに見えたが、保護色で周囲に身を晦ませていただけで生き延びており、23話でイッカクモン以外の3体を捕縛し、『ネーロコルソ』で痛めつける(不意を突こうとしたイッカクモンもこれで撃ち落とした)も、完全体に進化されると脱出を許し、リリモンの『フラウカノン』をイカの胴体部分に受けて怯んだところにガルダモンの『シャドーウィング』とアトラーカブテリモンの『ホーンバスター』で撃ち抜かれ消滅。データを転送していたオブジェもズドモンに粉砕された。
なお人型部分はアルゴモンを指揮するときくらいしか露出しておらず、移動や戦闘の際は終始収納したままだった。


関連項目

ラーナモン(ヒューマン体) ⇔ カルマーラモン 
エンシェントマーメイモン:首元のエラや半獣半人型という特徴からカルマーラモンの要素が強く出ているものと思われる。
デジモンフロンティア

関連記事

親記事

エンシェントマーメイモン えんしぇんとまーめいもん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「カルマーラモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 268840

コメント