ピクシブ百科事典

フェアリモン

ふぇありもん

フェアリモンとは、デジタルモンスターに登場するハイブリッド体のデジモン。
目次[非表示]

概要

妖精型・バリアブル種のハイブリッド体デジモン。カードのフレーバーによれば『疾風の旋闘士』、『旋風の蹴撃手(ストライカー)』、『風のように楽天家、雲のように自由闊達な妖精姫』などの二つ名を持つ。
風の能力を持ち蜃気楼や真空状態(カマイタチ)など大気を自由に操る、蹴り技を主体とした戦い方が得意。前向きで強い精神力を持っており、情報戦にも長けているとされる。

容姿

バイザーで常に目が隠されていて素顔は分からない。豊満なプロモーションをしており、ピンク色の下着のようなものを身に付けたセクシーな見た目をしていて、女性型デジモンの中でも露出度はかなり高い部類に入る。

必殺技

ブレッザ・ペタロ
両手の指から小さな竜巻を起こし敵をなぎ払う。接近戦を主体とするフェアリモンの中では貴重な遠距離攻撃であり、アニメでは味方との同時攻撃に使用し威力の嵩上げ、基地内の警報装置を破壊するなど要所要所で活躍した。

カリーノ・アンカ
いわゆるヒップアタック。フェアリモンのヒップアタックを受けた相手を一定時間魅了する。アニメでは男性型(または♂と思われる)タイプのデジモンにしか使用しなかった。
初使用は第4話でウッドモンに使用し、魅了している間に後述のロゼオ・テンポラーレに攻撃を連携させた。
映画ではトルネード・ガンバに連携する形で、ダルクモンに使用した。その際フェアリモンのヒップが画面にでかでかと映し出されインパクト大、当時のちびっ子達の度肝を抜いた。
このように他の技への起点としたり、他の技と連携することで効果を発揮する技と言える。

19話では、カメレモンに直撃させたものの、技を使った後の隙を狙われ別個体のカメレモンに舌で捕らえられ地面に叩き付けられた。
35話ではオファニモンを捕らえられている光の壁を壊すために使用。しかし所詮はヒップアタックなので、一人だけ攻撃が通じず壁に弾かれてしまった。
単体で使うとあまり威力もなく技を使った後に隙も発生するので乱戦では効果を発揮しにくい技とも言える。

ロゼオ・テンポラーレ
空中で両足から交互に素早いキックを放ち最後に蹴り上げる。フェアリモンの攻撃の威力不足を補うかのようにとにかく手数で攻める技である。初使用したアニメ4話では硬い外皮を持っていたウッドモンにはキックの連打は通じず、最後の蹴り上げもかすり傷しか負わせることが出来ず、あげくウッドモンに「痛くも痒くもない」とまで言われてしまった。

トルナード・ガンバ
逆立ちした状態で手で体を高速回転させそのまま空中に浮かび上がりながら敵に繰り出す回転キック。主に相手デジモンの顔面を蹴りぬく。フェアリモンの技の中で最大の威力を誇っており、ビーストスピリットのカルマーラモンの顔に直撃させ吹き飛ばしたり、劇場版では味方のヒューマン体で唯一ダルクモンにクリーンヒットを与えたのもこの技である。

アニメ『デジモンフロンティア』での活躍

CV:石毛佐和
アニメでは伝説の十闘士の風のヒューマンスピリットとして第4話から登場。変身(進化)するのは紅一点で帰国子女の織本泉。味方のデジモンの中では貴重な空を飛べるデジモンであり戦闘では飛べないチャックモンを運んだりするなど中の人の泉が面倒見も良い為仲間のフォローにしばしば回っていた。劇場版で技を発動する際に下半身のズームアップされるなどセクシーな外見もありお色気キャラとして扱われることがある。

  • 第1話
本編にはまだ未登場だが、CM入り前の提供絵で登場。ケルベロモンと戦っているが地面に倒れピンチの状態で、アグニモンに救われている。

  • 第4話
初登場。泉が風のヒューマンスピリットを手に入れ初めて進化した。マッシュモン3体をトルネード・ガンバで蹴り飛ばし始めは優勢に立っていたが、マッシュモン達が合体してウッドモンになってから形勢が逆転。空中からカリーノ・アンカ→ロゼオ・テンポラーレの連携をウッドモン相手に決めるが、フェアリモンのキックはウッドモンの硬い外皮を敗れなかった。そして反撃のブランチドレインを躱すことが出来ずモロに喰らってしまい地面に激突、変身解除。初進化回だというのにフェアリモン(泉)は敗北してしまったが、ウッドモンは救援に来た輝二がヴォルフモンに進化して倒した。

  • 第5話
基地に潜入する他の子供達を助ける為、一人基地の外で戦う陽動役を買って出た。相手は多数の成長期のゴブリモン。最初は敵の数が少ないのもあって果敢に戦っていたフェアリモンだが、終盤になると疲れからか動きが鈍くなりゴブリモンの棍棒が顔面にクリーンヒットしてしまう。また周囲を多くのゴブリモンが包囲し始めた為、距離を取ろうと空中へ飛ぶがそこへゴブリモン達が数に任せゴブリストライクを大量に投げ放ちそれがフェアリモンの腹部に直撃。いくら伝説の風の闘士といえど、中身は子供であるし多勢に無勢であるのでこの状況を覆すことは出来そうになかった。フェアリモン(泉)は十分に敵の注意を引き付けた、そしてこれ以上の戦闘続行は無理と判断して戦線から撤退した。

  • 第10話
ビーストスピリットのギガスモン相手に五人掛かりでも歯が立たない子供達。そんなピンチの中チャックモンが狙われスピリットを奪われそうになってしまう。そこでフェアリモン(泉)は優しい性格な為チャックモンを庇うがギガスモンのラリアットが腹部に直撃してしまう。結果、泉はフェアリモンのヒューマンスピリットを奪われ進化出来なくなってしまった。

  • 第15話
他の子供達が変身出来ない状況で、取り返してもらったスピリットで久々にフェアリモンに進化する泉。戦闘場所が海な為ラーナモンに非常な有利な状況であったが、フェアリモンは空を舞い互角の勝負をしていた。しかし、ラーナモンがビーストスピリットを海底から手に入れてカルマーラモンに進化するとその圧倒的なパワーで触手の一振りで砂浜に叩き付けられピンチに陥る。トドメを差そうとするカルマーラモンだったが初進化ということで自分の力を制御出来ず、空中に飛び上がったまま明後日の方向へと消えていき、フェアリモンは九死に一生を得た。

  • 第16話
ラーナモンと再戦するが、レインストリームの直撃を受け海中に沈み変身解除してしまった。

  • 第19話
カメレモンにカリーノ・アンカを食らわせるフェアリモンだったが、別の個体のカメレモンが死角から舌を伸ばし、その舌に搦め捕られたフェアリモンは引っ張られ空中から地面に激突してしまった。

  • 第34話
光の壁に幽閉されたオファニモンを救出する為に他の子供達と共に攻撃をしかけるフェアリモン。カリーノ・アンカで攻撃するが、光の壁はフェアリモンのヒップアタックを弾かれてしまう。

デジモンクロスウォーズ(漫画)での活躍

クロスハートの一員。同じクロスハートのアグニモンとは元から仲間だった模様。
織本泉同様大食いである。

最終決戦ではシューツモンに進化する。

関連イラスト

Kazemon
フェアリモン


フェアリモン



関連タグ

デジタルモンスター デジモンフロンティア 十闘士 織元泉
エンシェントイリスモン→フェアリモン⇔シューツモン(ビースト形態)
ジェットシルフィーモン(融合形態) カイゼルグレイモン(超越形態) スサノオモン

pixivに投稿された作品 pixivで「フェアリモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 566279

コメント