ピクシブ百科事典

スサノオモン

すさのおもん

スサノオモンとはデジタルモンスターに登場する全てのスピリットを使い進化した究極体デジモン。
目次[非表示]

概要

レベル究極体
タイプ神人型
属性ワクチン
必殺技天羽々斬(あまのはばきり)、八雷神(やくさのいかづち)


公式設定

デジモンウェブ「デジモン図鑑」

東方の伝承に伝えられる最強の破壊神にして再生を司る神。ネットワークシステムの異常時に降臨し、既存のシステムを無のものとし、新たなシステムを創造すると伝えられる。
必殺技はゼロアームズ:オロチより放たれた光の剣が、天下のあらゆるものを切り刻み突き刺る『天羽々斬(あまのはばきり)』と、天上に向けて(ゼロアームズ:オロチより)放たれた光の剣が、破壊の稲妻となって地上に降り注ぐ究極技『八雷神(やくさのいかづち)』。

活躍

デジモンフロンティア

スサノオモン



十闘士全てのスピリットを使い進化した究極体デジモンであり、俗にいう超究極体の一雄。
その力は強大であり、デジタルワールドを焼き尽くす力を持ったルーチェモンサタンモードの撃破に成功している。

デザインはオメガモンを意識しているのか、両腕にカイゼルグレイモンマグナガルルモンそれぞれの顔があり、そのほかの部位も両方のパーツを使った物になっている。
なぜ、エンシェントグレイモンエンシェントガルルモンの頭部ではないのかに関しては、実際に合体したのがカイゼルグレイモンとマグナガルルモンだからだと思われる。
なお、余ったパーツはゼロアームズ:オロチになっている。

名前は日本神話に登場する神「須佐之男(スサノオ)」から。
また、必殺技とゼロアームズの名前も日本神話に関連している。

余談

クロスウォーズカメオ出演した時が一番イケメンだったという意見もあるが、真偽は不明。
また、「本気ならばロイヤルナイツを単騎で殲滅出来るのではないか?」とも言われている。

名前の元ネタは日本神話の須佐之男であるものの、設定面での元ネタはインド神話(ヒンドゥー教)のシヴァである。
名前の由来である須佐之男は八岐大蛇を倒した伝承を持ち、デジモンの中にも八岐大蛇をモチーフとしたオロチモンが存在する。オロチモンは古代デジタルワールドで神の遣いに封印された設定を持ち関連性があるように見えるが、現在公式設定ではスサノオモンだと言及はされていない(設定で言えばルーチェモンの可能性が高い)。

実はオメガモンと同様に、公式でもデザインが定まっていないデジモンの一体。登場初期から渡辺けんじデザインとアニメデザインで異なっており、特に頭部周りが顕著である。

関連イラスト

東方
コミケ 二日目 東マ10a


スサノオモン
破壊と再生を司るもの



関連タグ

デジモン デジモンフロンティア 十闘士 超究極体
須佐之男 シヴァ

関連記事

親記事

十闘士 じゅっとうし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スサノオモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 116958

コメント