ピクシブ百科事典

イデオンガン

いでおんがん

『伝説巨神イデオン』に登場する大迷惑兵器。

概要

 『伝説巨神イデオン』に登場するイデオンの使用する兵器
 第28話で初登場した際には「波動ガン」という名称だが、某名作SFアニメと似ているため後にこの名称に変更された。
 イデオンの母船・ソロシップの機関部から発見された。イラ・ジョリバが持っていた解析図を見たユウキ・コスモは「グレンキャノンと同じ」と発言した。名称はガンだが腰だめに抱えて放っており、バッフ・クラン側では「大砲」と呼ぶ。
 砲身後部から伸びる2本のエネルギーチューブを、イデオンの腹部のシャッター内にあるプラグ接続し、砲身の左右にあるグリップをイデオンの両手で保持して使用する。グリップは垂直に握るようになっているが、テレビシリーズのオープニングでイデオンが使用している大型火器は、グリップは水平に握る描写となっていた。
 発射時は誘導ビームが伸びていった後、暗灰色の超重力渦巻きが放射状に広がって行き、影響範囲のすべての物質を崩壊させる。事実上、防ぐ手段はないに等しい。亜空間飛行で回避することもできるようだが、『発動篇』では、通常空間から亜空間飛行中のバイラル・ジンを半壊させたことがある。
 波導ガンに限らず、イデオンは設計の通りではない威力を発揮することが多い。簡単な例では、3機のメカのジェネレーターの出力を合計してもイデオンはを飛ぶ事はおろか歩く事もままならないと小説版において言及されている。
 波導ガンは最大パワーで発射されたことはなく、射程は無限。半分以下のパワーでバッフ・クランの大艦隊を消滅させる。地表近くで発射した際には、地形を変えてしまうほどの大被害を与え、第32話では太陽系第6惑星リングを4分の1ほど消失させている。『発動篇』では、迫りくるバッフ・クランの大艦隊や重機動メカの大軍を薙ぎ払い、更には射線上にあった惑星を打ち抜いてその向こう側の大艦隊を全滅させた。
 波導ガン自体に4つのスラスターがあり、イデオンまたはソロ・シップの遠隔操作によって、短距離の移動が可能だった。

 『スーパーロボット大戦F完結編』および『第3次スーパーロボット大戦α』では前方90度射程距離無限大というSRPGにあるまじき超絶性能で描かれ、黒幕搭乗機を、その護衛ユニットごと超長距離から瞬殺するバランスブレイカーとして君臨した。



関連項目

MAP兵器 やりすぎ チート イデオンソード

pixivに投稿された作品 pixivで「イデオンガン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29285

コメント