ピクシブ百科事典

エンシェントグレイモン

えんしぇんとぐれいもん

エンシェントグレイモンとは、デジタルモンスターに登場する十闘士に属する究極体デジモン。
目次[非表示]

概要

レベル究極体
タイプ古代竜型
属性ワクチン種
必殺技ガイアトルネード、オメガバースト


古代の十闘士であり、かつてデジタルワールドをルーチェモンから救った伝説の究極体であるデジモン。不滅の炎を体に纏い天変地異を引き起こすとされる超竜闘士の異名を持つ。
「炎」のスピリットを残しており、劇中の時代では故人(龍)。スピリットですら、獄焔にも耐えるケルベロモンを焼く神秘の炎を宿している。

必殺技は「オメガバースト」で得意技は「ガイアトルネード」。オメガモンに見られる「オメガ」やガイアフォースに繋がる「ガイア」の系統はここから始まったのだろうか。背中にある武器(おそらく「ルードリー・タルパナ」)は使用するのかは知らない。

グレイモンの亜種の中でも4足歩行であったり鳥のような翼があったりとかなり独特な姿をしているが、実はエンシェントグレイモンこそがグレイモン系統の祖であり、グレイモン系統が究極体に近づくにつれて「恐竜」から「龍」になっていくのは先祖帰りとも言えるのだ(この事を踏まえると、彼こそが「グレイモン」と名付けられても不思議ではない)。
外見はアグニモンの『ヒューマン』的な要素が強いアルダモンに比べ、ヴリトラモンの『ビースト』的な要素が強い(この点ではエンシェントガルルモンベオウルフモンも同じである)。

各媒体の強さを考慮すると、究極体どころか超究極体レベルに迫る実力を持っていることもある(おそらくコンディションによって強さが変動する)。

公式設定

デジモンウェブ「デジモン図鑑」

“火”の属性をもつ、古代デジタルワールドを救った伝説の十闘士デジモン。遥か古代に存在した初めての究極体で、その強さは現在の究極体をも凌駕すると伝えられており、正に“究極”の存在である。エンシェントグレイモンの能力は、その後グレイモン種等の“竜型デジモン”に引き継がれていった。
先の聖戦ではエンシェントガルルモンと共に最後まで生き残り、ルーチェモンを封印したと言われている。
必殺技は大地の気を集め竜巻にして敵を巻き込み吹き飛ばす『ガイアトルネード』と、強烈な閃光とともに周囲数キロにわたって超爆発を引き起こす『オメガバースト』。

活躍

デジモンフロンティア

TV本編ではOPと回想シーンでシルエットのみ登場。
パートナーデジモンがいない今作では、厳密に言えばエンシェントグレイモンが神原拓也のパートナーである事になるが、既に他界しているためか、そのような関係性を強調する場面はなかった。

その後劇場版でエンシェントガルルモンと共に、アストラル体的な限定状態で現代に復活し、自身の必殺技・得意技には含まれていない強烈な火炎放射でオニスモンを倒した。
エンシェントガルルモン同様、オニスモンには劣るが凄まじい巨体を誇り、登場時間は僅かではあるものの「フロンティア版インペリアルドラモンと言っても過言ではない威容を持つ。

  • なお、ゲームではヴリトラモンもインペリアルドラモンに進化する。

関連イラスト

에인션트_그레이몬
My Other Digimon Fanart


Ancientgreymon
古代暴龙兽



関連タグ

デジモンフロンティア 十闘士 伝説の十闘士 アグニモン ヴリトラモン アルダモン カイゼルグレイモン スサノオモン 龍神
インペリアルドラモン 同じ古代竜型・究極体デジモンで『デジモンアドベンチャー02』の主役デジモン。

関連記事

親記事

伝説の十闘士 でんせつのじゅっとうし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エンシェントグレイモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18623

コメント