ピクシブ百科事典

柴山純平

しばやまじゅんぺい

柴山純平とは、「デジモンフロンティア」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:天田真人(現在は四反田マイケル

12歳の小学6年生で、最年長である。また、デジモンシリーズでは稀代の「太め」の体型。
青&黄の色のディースキャナと雷のスピリットを手に入れ、ヒューマンスピリットでブリッツモン、ビーストスピリットでボルグモンに進化する。

純平とブリッツモン



金持ちの息子(公式HP、ベストヒットパレードのブックレットより)。家族構成は不明だが、一人っ子(拓也の発言より)。
明るくおっちょこちょいなムードメーカーであるが、時々最年長らしく冷静な意見を出すこともある。普段は雷は苦手だが、デジモンに進化すると怖がらない。
手先が器用で手品が得意であり、様々な知識も持っている(手品に関しては、純平がクラスの中で自分をアピールするために身につけたものだが、友情を何かと交換しようとする卑屈な態度がかえって周囲との壁となってしまい、今まで本当の友達と呼べる仲間はできなかった)。
また好物のチョコレートを、いつもどこからともなく取り出す。

ポケットにチョコ入ってるとか萌えるww



渋谷駅に向かったに一目惚れし、以後アタックするようになるが、なかなか報われない。無実ではあるが、泉の着替えを覗いた犯人と疑われた事もある(15話より。覗きに遭った事で被害を食らった拓也からも疑いの目を向けられたが、「純平さんは僕達と一緒に泳いでいたから」と言う友樹の発言により容疑は晴れた)。
最初は自己中心的な性格、態度が目立っていたが、仲間がデジモンに進化する中、自分だけスピリットが無く進化できないという無力さを知り、自分の出来ることで仲間の力になることを決意。スピリットを手に入れた後でも仲間を信頼するようになる。
見かけに似合わず繊細な一面と、上辺だけの友達付き合いしか出来ないというコンプレックスに悩み、その点をボルケーモンに利用されるが、拓也達の助力により切り抜ける。

冒険に通じて年長者としてのリーダーシップを見せるなど人間的に成長し、みんなの輪に入ることができるようになった。それと同時に本気で助け合える仲間を得たことにより、自信を身に着けていくようになる。

余談

『フロンティア』(2002年放送)の劇中時代設定は不明だが、仮に『無印』(放送年および劇中時代設定は1999年)や『テイマーズ』(同じく2001年)と同じく、放送年=劇中時代と仮定した場合、純平は『02』(放送年は2000年だが、劇中時代は『無印』から3年後の2002年)の登場人物である井ノ上京や、『テイマーズ』の主人公である松田啓人たち(いずれも1990年度生まれ)と同い年ということになる。

関連イラスト

20140829
チョコでも食って元気出せよ。な?


『雷』の十闘士
【純平~】



関連タグ

デジモンフロンティア ブリッツモン ボルグモン
神原拓也 源輝二 織本泉 氷見友樹 木村輝一


関連記事

親記事

デジモンフロンティア でじもんふろんてぃあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「柴山純平」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 292753

コメント