ピクシブ百科事典

加藤樹莉

かとうじゅり

加藤樹莉とは、アニメ『デジモンテイマーズ』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:浅田葉子

淀橋小学校5年生。1990年度生まれ(『テイマーズ』の時代設定は2001年。つまり『02』の井ノ上京と同い年である)。
実家は小料理屋を経営している。実の母親を幼い頃に亡くしており、部屋にはその母親の写真が飾ってある。
現在は、父・肇、継母・静江、異母弟・昌彦との4人家族。

タカトが好意を寄せているクラスメートの女の子。
独特な感性の持ち主で、ギルモンに初めて出会った際にも、驚愕するどころかその存在をすんなり受け入れている。繊細で思い込みが激しく、他者とのコミュニケーションの際には相手のペースを大きく狂わせるといった面もある。
犬のハンドパペットを常に所持しており、キッカケがあれば腹話術をして場を和ませている。

ワン♪



彼女自身もまたタカトのことを好いており、タカトやギルモンとの触れ合いからデジモンに強い興味を示すようになる。
こっそりデジモンのカードを大量に集めていたり、クルモンが自分のパートナーではないかと期待したりと、テイマーへの憧れを募らせていく(インダラモンとの死闘の際にも、ただ見ていることしか出来ない自分の無力さを嘆いていた)。

そんな中、突如リアライズしたレオモンに遭遇。彼こそ自分の元に現れてくれたパートナーであると惚れ込み、執拗に追い回すが、レオモンには一蹴されてしまう。しかしその後、レオモンがスーツェーモンの攻撃により重傷を負った際、彼を心から救いたいという想いが通じて、目の前に黄色のデジヴァイスが現れる。その力でレオモンの傷を癒し、以降は正式なパートナー同士となった。レオモンもやはり彼女の個性的な振る舞いに振り回されることになるが、徐々に互いを信頼し合うようになっていく。
なお、カードスラッシュの動作はタカトとほぼ同じ。デジモンカードについての知識はルキから教わっており、ルキとはそれが縁で親しくなっている。

しあわせな記憶
いいからいいから




前述の通り幼くして母親を亡くした事で、普段は明るく振舞っているがそれだけに心中では様々な思いとトラウマが常に鈍く蠢いており(母が亡くなった際、医者から「運命だった」と言われた事や、いつしかその事で泣かなくなった自分に対する罪悪感など)、両親とは不仲とまではいかないが溝が出来ていた。
それを決して表に出すことはなかったが、レオモンがベルゼブモンに殺害された際、大切な人を二度も喪った悲しみから心を深く閉ざしてしまうことになる。そこをデ・リーパーにつけこまれるようにして囚われ、人間のデータ解析に利用され、その力の源とされてしまう。

泣かないでクル!!



最終的には、レオモンの死を乗り越え、ベルゼブモンことインプモンや両親とも和解した。

『よかった……もう誰も、誰ひとりだって、いなくなってほしくなかった』

関連イラスト

わん!
じゅり


おててつないで。
笑顔は戻るよね



関連タグ

デジモン デジモンテイマーズ レオモン クルモン ギルモン
松田啓人 李健良 牧野留姫 塩田博和 北川健太

タカジュリ

関連記事

親記事

デジモンテイマーズ でじもんていまーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「加藤樹莉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 336836

コメント