ピクシブ百科事典

メルキューレモン

めるきゅーれもん

メルキューレモンとは、デジタルモンスターに登場するハイブリッド体のデジモン。
目次[非表示]

概要

レベルハイブリッド体
タイプ突然変異型
属性ヴァリアブル
必殺技ジェネラスミラー、オフセットリフレクター


全身に鏡を持つ、突然変異型ハイブリッド体デジモン。
知性派だが流儀にうるさい性格。

公式設定

デジモンウェブ「デジモン図鑑」

伝説の十闘士の力を宿した、鋼の能力を持つデジモン。悪の闘士の中では参謀格で知恵を授ける存在。貴族趣味で何かと自分の流儀にこだわる性質で、戦闘においてもこだわりは発揮され、自分の戦法や使用する武器の素晴らしさをいちいち説明したりする。同時に幾つもの作戦を思いつくほど頭の回転が速いため、いつも早口の独り言で議論をしたりもする。
両腕の鏡は強力な“イロニーの盾”と呼ばれ、相手の攻撃で受けたダメージをそのまま返す。自分自身を鏡の中に映し、そのまま鏡に入って姿を消してしまう奇怪な技も使う。
必殺技はイロニーの盾で相手の攻撃をそのまま跳ね返す『ジェネラスミラー』と、相手の攻撃の性質を反転させて相殺してしまう『オフセットリフレクター』。

活躍

デジモンフロンティア

CV:増谷康紀

鋼のヒューマンスピリットが実体化した悪の闘士。悪の闘士のリーダー格。
表向きはケルビモンに忠実に従うように見せかけていたが、その実態は野心家で世界の支配を目論んでいた。一人称は初めはセフィロトモンと同じく「オレ」だったが、後に「私」になる。

第13話で倒したセラフィモンのデータをケルビモンに献上せずそのまま隠し持ち、セフィロトモン内の「光のエリア」でアグニモンと対峙した際にそのデータを取り込み、ブラックセラフィモンと化す。
圧倒的な力でアグニモンを苦しめるが、彼がアルダモンへと融合進化を果たした事で敗れ、自分の有利な鋼のエリアに逃げ込んで体制を立て直そうとするが、アルダモンのブラフマシルによりフィールドを融解され、イロニーの盾を構えようとした所に腹パンを浴びせられて倒された。セラフィモンもデータを取り戻し、パタモンに転生する。次はセフィロトモンとして戦うもチームワークには敵わず、アルダモンにスキャンされた。

ルーチェモンとの戦いでは他の3体の闘士と共に実体化し、拓也達に味方した。

ヒューマンスピリットは基本的に成熟期から完全体相当の力しか持たないが、デビュー戦ではその防御力を活かして究極体の中でも上位の存在であるセラフィモンのセブンズヘブンズを跳ね返して勝利している。

デジモンクロスウォーズ

ディスクゾーンのリーダー。チーム・ブルーフレアに敗れ消滅する。
デジモンクロスローダーの玩具版では「ガワッパモン」×「ルカモン」の組み合わせでイロニーの盾が生成できる。

余談

名前の由来は、ローマ神話の商いと泥棒の神メルキューレから。ぶっちゃけこの人と元ネタが被っているが登場はメルキューレモンの方が先であるし、所属も異なる
しかし、メルキューレモンが鋼の闘士である事を考えると、名前の由来は水銀を意味する方のMercuryかもしれない。

あまり「鋼」要素が見られないセフィロトモンやエンシェントワイズモンと比べると、こちらは全身に金属や鏡を纏っている分、鋼属性としての側面が強めになっている。

公式サイトのデジモン図鑑では、あくまでデジモンの能力や生態の解説でアニメ設定が反映されないはずなのに「悪の闘士」の存在が言及されている。ビースト形態のセフィロトモンがフロンティア以降も悪役ばっかりなことや、実際お世辞にも主人公側やヒーローサイドとは言い難いデザインを考えると、元々十闘士の中では本当に謀反を起こしたか、そうでなくとも他の闘士と意見が対立していたのかもしれない。それか、闇の闘士悪堕ち形態があることを考えると、彼もまた「悪」の鋼の闘士であり、本来の鋼の闘士は別にいるのだろうか・・・・・・?

関連記事

デジモン デジモンフロンティア 十闘士
エンシェントワイズモン → メルキューレモン ⇔ セフィロトモン(ビースト形態)
ブラックセラフィモン 金属性

関連記事

親記事

エンシェントワイズモン えんしぇんとわいずもん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「メルキューレモン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「メルキューレモン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12825

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました