2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

カイザーレオモン

かいざーれおもん

カイザーレオモンとは、デジタルモンスターに登場するハイブリッド体のデジモン。
目次[非表示]

概要

レベルハイブリッド体
タイプサイボーグ型
属性ヴァリアブル
必殺技シュヴァルツ・ドンナー、シュヴァルツ・ケーニッヒ


闇のビーストスピリットによって進化した、ハイブリッド体デジモン。ヴァリアブル種。

公式設定

デジモンウェブ「デジモン図鑑」

伝説の十闘士“闇のスピリット”を真に受け継ぐデジモン
ダスクモン同様、“闇のスピリット”はケルビモンの呪いによりベルグモンの姿へと変えられていたが、カイザーレオモンはこの魔力から解き放たれた真の姿である。

“漆黒の獅子”と呼ばれ、そのボディはクロンデジゾイドの一種で、漆黒に輝く「オブシダンデジゾイド」と呼ばれる特殊な金属で覆われている。
そのため、防御能力が高いだけでなく、装甲自体が鋭利な鋭さを持っている。カイザーレオモンが駆け抜けた後は、一陣の黒い風により、全てが切り裂かれると言われている。

必殺技は黒色の気弾を放つ『シュヴァルツ・ドンナー(:黒い雷)』と、全身に纏った黒のオーラで敵を激砕する『シュヴァルツ・ケーニッヒ(独:黒い王)』。

活躍

デジモンフロンティア

木村輝一が進化した姿。
輝一の思いに反応して真の力を目覚めさせた本来の姿。ベルグモンになった事があるためか、最初からビーストスピリットの制御に成功している。

物語の終盤で進化できるようになったため、作中ではスライドレボリューションでレーベモン(ヒューマン形態)から進化したのみで、輝一が直接スピリットエボリューションでカイザーレオモンに進化するシーンはなかった。

関連タグ

デジタルモンスター デジモンフロンティア 十闘士
エンシェントスフィンクモンレーベモン(ヒューマン形態) ⇔ カイザーレオモン
ライヒモン(融合形態) マグナガルルモン(超越形態) スサノオモン
レオモン ドイツ語

関連記事

親記事

レーベモン れーべもん

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14445

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました