2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

属性データ
世代・レベル成熟期
種族・タイプ植物型
所属ネイチャースピリッツ、ジャングルトルーパーズ、ウィンドガーディアンズ


手足の生えたサボテンといった外見で、顔は埴輪に似ている。
その腕には、赤いボクシンググローブがはめられており、モデルとなったサボテンよろしく砂漠などの食料に乏しい環境に強いが、『デジモンストーリーサンバースト・ムーンライト』ではパレットアマゾン、『デジモンストーリー超クロスウォーズ』ではフラワーそうげんに生息しており、意外と生息範囲は広い。
見た目通りに普段の性格は大人しいが、一度怒ると手が付けられない。

カードゲームではドクネモン(Bo-582)、アグモン(St-10)、アルマジモンネーモンアルラウモン(Bo-988)と意外な事に植物型からの進化に乏しい。X抗体はプロットモンから進化するルートもある(Bx-95)。

「カードゲームα」ではカード化されなかった為、イガモンコウガモンがその代わりとなっている。

X抗体

ポンチョモンを思わせるメキシカンスタイルに身を包んだ姿に変化。
厳しい環境で過ごしていた為かコミュ障気味であり、怒りっぽい性格になってしまった。
必殺技は怒りのエネルギーを込めたパンチ「チクチクバムバム」
実はベーダモンが作った生物兵器というトンデモ説が囁かれており、放浪癖も侵略兵器としての本能に目覚めたからではないかと言われている。

必殺技

  • チクチクバンバン

高速回転、または直立した状態で全身のトゲを発射。
公式設定ではグローブで殴る技となっている。
この事からトゲを発射する技と殴る技を総称してチクチクバンバンと呼ぶ可能性もありうる。
『デジモンバトルクロニクル』ではグローブを発射する技となっている。

得意技

  • マッハジャブ

素早くジャブを放つ。

  • ココナッツパンチ
パンチ技の一つ。アッパーカット版は「ココナッツアッパー」となる。

  • ココナッツカウンター
物陰から奇襲し、パンチを浴びせる技。

  • ニードルスプレー
『デジモンバトルクロニクル』で登場。
ハリネズミよろしくトゲを周囲に突き立て、敵の接近を許さない。


各メディアでの登場と活躍

デジモンアドベンチャー

太刀川ミミのパートナー、パルモンが進化した姿で、間延びした野太い声で話す。

パルモン怒りの進化!


初登場は第6話でのもんざえモン戦で、完全体相手に引けを取らないパワーを持っている。
リリモンに超進化する際には目と口が発光し、頭に咲いた花からリリモンが誕生するという演出になっており、『アドベンチャー:』でも踏襲された。

またOPの映像でも美味しいところで目立っていたりする。

デジモンアドベンチャーVテイマー01

ヴァンデモンの城に姿が確認できる。

デジモンフロンティア

デジモン小学校で幼年期デジモンたちの先生をしている。
またモブキャラクターとしてもたびたび登場。

デジモンセイバーズ

9話に登場。トーマ憧れのボクシング選手早瀬翼の娘早瀬まなみの心を読み取って早瀬の対戦相手を闇討ちしていた。トゲには様々な体調不良を起こさせる毒があるという設定になっている。
常にまなみを大事そうにおんぶしながら移動しており、まなみの指示に従順に従っていた。

当初は早瀬選手が不正をしたのではないかと疑われていたが、実際は過去に不正をされて、リハビリに追い込まれた過去から不正を著しく嫌っており、トーマもそんな彼の曇りのない目を信じて次の対戦相手であるムアンチャイを襲撃しようとした折にまなみとトゲモンが犯人だという事を突き止めた。

リング上でガオモンと戦い、ラッシュとハイライズアッパーのコンボを食らって吹っ飛ばされると何倍もの大きさに巨大化、ガオガモンのスパイラルブローでチクチクバンバンを吹き飛ばされて倒される。

この回における早瀬選手が残した「人間の記憶はそんなヤワじゃない」というセリフは後の伏線となる。

デジモンネクスト

バトルステージで戦う男性テイマーのパートナー、客席での観戦者、砂漠化した森の住人、最終決戦に駆けつけたデジモンたちの1人と多くの個体が確認できる。

デジモンクロスウォーズ

第1話にてクロスハートのメンバーとして登場。
第3期のOPではパルモンピコデビモンと共に登場していたが、本編には未登場。

デジモンクロスウォーズ(漫画)

レインゾーンの戦いのあとクロスハートに参加。
最終決戦ではリリモンに進化し、元から仲間にいたリリモンを驚かせた。

デジモンアドベンチャー:

第1作目同様ミミのパートナーであるパルモンの進化先で、こちらも第6話がデビュー戦(対戦相手はドリモゲモン)
映像技術の進歩によって戦闘ではこれまで以上に派手なアクションを見せている。

進化

進化ルートユラモンタネモンパルモントゲモンリリモンロゼモン

採用されやすい進化ルートが以上になる。でかいサボテンから美少女に進化するという不可思議な現象はまさにデジモンならではと言えるだろう。
ちなみに、アーマー体ポンチョモンはトゲモンが不慮の事故で死んでしまった場合になるという噂があるらしいが、トゲモンから進化した例は確認されていない。

その他の進化元


進化元(X抗体版)


その他の進化先


ジョグレス進化


デジフュージョン


関連タグ

サボテンダージャボテンダー…他作品におけるはにわみたいな顔したサボテンモンスター。

関連記事

親記事

パルモン ぱるもん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 113571

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました