ピクシブ百科事典

ワームモン

わーむもん

ワームモンとは、デジタルモンスターに登場する成長期デジモン。
目次[非表示]

ワームモンとは、デジタルモンスターに登場する成長期デジモンで、古代種。

概要

タイプ:幼虫型 段階:成長期 必殺技:ネバネバネット シルクスレッド

活躍

デジモンアドベンチャー02

CV:高橋直純
第1話から登場する一乗寺賢のパートナーデジモン、成長期。
一人称は「僕」で、デジモンには性別の概念は一部の例外を除いて基本的にないが男子寄りの人格。
リーフモン(幼年期Ⅰ)→ミノモン(幼年期Ⅱ)→ワームモン(成長期)→スティングモン(成熟期)

パートナーの賢を溺愛し、賢ちゃんと呼んでおり、時折嫉妬することがある。
賢の優しい性格を好んでいると同時に、その優しすぎる性格から自分を追い詰めてしまうことを危惧し、賢に強くあるよう、逃げずに立ち向かうよう説いていた。
再会した賢が黒幕の陰謀によりデジモンカイザーに変貌してしまってもつかず離れず彼に尽くし、一度は賢を救うため命を落とした。
はじまりの町で復活してからは、彼とともにデジタルワールドの危機を救う為に尽力した。
また、賢がデジモンカイザーの時の暴走を止められなかったことに責任を感じていた。

仲間関係に苦労していた賢とは違い、ワームモンとデジモンたちの仲は良好だった。
またアーマー進化がメインだった前編では敵側にいたため、作中の進化の種類が極端に少ない。
ワームモンと賢の出会いと初めての冒険はゲーム『デジモンアドベンチャー02タッグテイマーズ』などで語られているが、ゲームとアニメはあくまでパラレルであり矛盾する設定が見られる。
また当初は賢のことを賢と呼び捨てだった。(アニメでは回想シーンも含めて賢ちゃんと呼んでいる、ただし進化した姿では賢と呼ぶ事もある)
また賢のもとには優しさの紋章があるが、タグがなく、ワームモンが単独で完全体になれるかどうかは分からずじまいである。

能力に関しては成長期までは大して強くないが潜在能力が非常に高いデジモンで、アーマー進化や成熟期以降でその真価を完全体にも引けを取らない程発揮する大器晩成型のデジモンであり、スティングモンの段階でも大きく仲間を支え、本宮大輔エクスブイモンとのジョグレス進化によってパイルドラモンに、更にインペリアルドラモンへと進化を果たした。
ドラマCDでは優しさのデジメンタルでプッチーモンに進化していたが、ワームモンの面影は殆ど残っていない。
それどころか声優さんの熱演により、声がもはや女の子のそれになっている。

デジモンワールド デジタルカードアリーナ

こちらでもデジモンカイザー(一乗寺賢)のパートナー。性格等もほぼアニメ02と同じ。
いくつかのシティに現れ、度々対戦することになる。

また、暗黒属性レベルⅢのカードとしても登場している。独自システムである「パートナーカード」のうちの一枚。
ワームモン本人とその進化系、及びデジモンカイザーと改心後の賢がデックに投入している。

パートナーカードは最終的に2種類(ブイモンのみ3種)のアーマー進化が出来るようになるのだが、これはアニメでデジメンタルを持たないためにアーマー体が登場しなかったワームモンも例外ではない。
最終的に暗黒属性のシェイドラモンと氷水属性のクアトルモンに進化出来るようになる。

尚、賢の改心後に発生するパートナーカード取得イベントでワームモンを選択すれば、プレイヤーも使用可能になる。

デジモンストーリーサイバースルゥースハッカーズメモリー

CV:石原夏織
ヒロイン御島エリカのパートナーデジモンで女子寄りの人格。
デジタルワールドからEDENに迷い込み、ドジで他のデジモンを怒らせて追い回されていた所をケイスケとエリカに助けられる。
性格は臆病だが好奇心旺盛で、度を超えたドジで周囲をかき回すトラブルメーカー。
後にエリカと記憶を共有することで急速に精神が成長するが、根は変わらない為思いつきで行動してはエリカのお仕置きを受けている。

余談

D3での究極体はグランクワガーモンであったが、グランクワガーモンの進化前にあたるのがエクスブイモンスティングモンのジョグレス体であるディノビーモンであるので、ジョグレス進化で究極体に進化する固有の進化ルートは定められていなかった。
しかし近年、バンチョースティングモンが登場した事により、ワームモン単体の進化ルートはワームモンスティングモンジュエルビーモンバンチョースティングモンである事が判明した。
こうした背景にはディノビーモンの進化条件がパイルドラモンと被っていたり、その進化先であるインペリアルドラモンのフォームチェンジの多様さなどでディノビーモンと進化先であるグランクワガーモンが登場しにくくなった事などのいわゆる大人の事情が関係していると思われる。

これにより、02組のパートナーの中では、唯一確定した進化ルートを持っていることになる。(ホークモンヒポグリフォモン説などもあるがイマイチ定まっていない。ブイモンブイドラモンルートはある程度固まっているものの、エクスブイモンから先は未だ不明である。アルマジモンは言わずもがなお察し。)

進化ルート

単体進化

バンチョースティングモンルート

幼年期Ⅰ幼年期ⅱ成長期成熟期完全体究極体
リーフモンミノモンワームモンスティングモンジュエルビーモンバンチョースティングモン


フーディエモンルート

幼年期Ⅰ幼年期ⅱ成長期成熟期完全体究極体
リーフモンミノモンワームモンフーディエモン--


ジョグレス進化

インペリアルドラモンルート

幼年期Ⅰ幼年期ⅱ成長期成熟期完全体究極体
リーフモンミノモンワームモンスティングモンパイルドラモンインペリアルドラモン


グランクワガーモンルート

幼年期Ⅰ幼年期ⅱ成長期成熟期完全体究極体
リーフモンミノモンワームモンスティングモンディノビーモングランクワガーモン


タイガーヴェスパモンルート(ロストエボリューション)

幼年期Ⅰ幼年期ⅱ成長期成熟期完全体究極体
-ミノモンワームモンスティングモンディノビーモンタイガーヴェスパモン


アーマー体

勇気友情愛情知識純真誠実希望優しさ奇跡
シェイドラモントゲモグモンアウルモンノヘモンサーチモンアーケロモンブルモンクアトルモンプッチーモンコンゴウモン


関連タグ

幼虫 デジモンアドベンチャー02
一乗寺賢 本宮大輔 ブイモン スティングモン
エクスブイモン パイルドラモン インペリアルドラモン フーディエモン

関連記事

親記事

成長期(デジモン) せいちょうき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ワームモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 403210

コメント