2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

レベル究極体
タイプサイボーグ型
属性ウイルス
必殺技マッハスティンガーV(ビクトリー)
得意技ギアスティンガー
所属ジャングルトルーパーズ、ウィンドガーディアンズ、メタルエンパイア


デジモンペンデュラムX 3.0」で登場。マフラーを巻いた昆虫ヒーローのようなXデジモン
モチーフはスズメバチ

本来は下記のようにファンビーモン系の究極体として登場したデジモンだが、『デジモンストーリーロストエボリューション』ではグランクワガーモンクワガーモンの究極体として持っていかれた為に、ワームモンの究極体として進化前全てを差し置いて参戦、ディノビーモンから進化する(おそらく当時はバンチョースティングモンがいなかった事や、敵を刺し貫く技を持った究極体の昆虫型デジモンがコイツしかいなかった事も理由だと思われる)。
図鑑の説明から、ヴェスパモンなるデジモンの中でもエリートがそう呼ばれるという設定のようだが、未だにそのヴェスパモンは登場していない。
得意技は電気を纏ったニードルを連続で飛ばす「ギアスティンガー」

公式設定

デジモンウェブ「デジモン図鑑」

謎の“空中秘蜜基地「ローヤルベース」”を守るサイボーグ型デジモン。
ヴェスパモンは見た目の細く鋭いシルエットからは想像が出来ないほど驚異的なスタミナを誇り、戦闘中に決して動きを止めることはない。中でもトップ0.08%というエリート中のエリートは、“秘蜜部隊「ローヤルコマンド」”となり、コードネームを与えられる。単独での戦闘能力がずば抜けていることから“タイガー”のコードネームを持ち、“秘蜜武器「ローヤルマイスター」”を虎の牙の如く2刀流で扱う。
必殺技は2刀流「ローヤルマイスター」で敵を突き刺す『マッハスティンガーV(ビクトリー)』。

進化ルート

成長期成熟期完全体究極体
ファンビーモンワスプモンキャノンビーモンタイガーヴェスパモン


その他の進化元


ジョグレス元


デジフュージョン


進化先


活躍

デジモンストーリー超クロスウォーズ

「スピーディー・エリート」の異名を取るバルバモン配下のシャドウガードでぐるぐるシティのコンデンサタワーを占拠した。「ギヴィトゥミィ!」が口癖ののハイテンションなオネエ口調の戦士(女性人格かもしれないが)で、「ティグレス」あるいは「ティギー」と呼ぶ事を要求してくる「ヘンなやつ」。
配下にヴァジラモンブライモンといった二刀流のデジモンを引き連れており、素早さと攻撃のステータスが高い強敵である。
自分が嫌われ者であることを悲しんでおり、自分の唯一の理解者(だと思い込んでいる)バルバモンにその身を捧げた。

デジモンストーリーサイバースルゥース

ハッカーチーム「ザクソン」の幹部、フェイのパートナーデジモンとして登場。
元々はユーゴから与えられたデジモンで、ユーゴに対しては、フェイと出会わせてくれた事について感謝の念を抱いており、フェイ、ユーゴの二人と深い絆で結ばれている。
主人公が育成できるタイガーヴェスパモンは男性ボイスだが、フェイのタイガーヴェスパモンは女性人格。

デジモンリアライズ

「燃えろ!炎の食材探し」で登場。
森林地帯で蜂蜜を管理しているデジモンで、蜂蜜をラーメンの素材にしようと考えているフレイドラモンと対決。彼の思いを認め、蜂蜜を持っていく事を許可する。
最初はラーメンではなく、カレー向きではないかと指摘するが、ブイモンの真っ直ぐな意志に不安を感じつつも確かな説得力を覚えていた。

「駆けろ!友情の青き稲妻」でも再び登場。ワームモンを蜂蜜泥棒ではないかと疑い、彼をかばったライドラモンと対決するが、ライドラモンが進化を解除してブイモンだという事を示した為、矛を収めた。
ワームモンと協力して犯人を探す事となり、のちに合流してブイモンのラーメンをご馳走になった。

関連タグ

デジモン 究極体 デジモンストーリーサイバースルゥース

関連記事

親記事

キャノンビーモン きゃのんびーもん

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1510

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました