ピクシブ百科事典

デジモンカイザー

でじもんかいざー

デジモンカイザーとは、デジモンアドベンチャー02の登場人物。
目次[非表示]

デジモンカイザーとは、「デジモンアドベンチャー02」の登場人物・一乗寺賢のデジタルワールドでの名称。声優は朴璐美。デジモンカイザーになった経緯及び正体である賢については「一乗寺賢」を参考のこと。

概要

「虫けらが……」

1話よりデジタルワールドを征服しようとする独裁者として登場。デジモンを意のままに操る「イービルリング」を使って、捕らえたデジモンたちを奴隷のように扱っていた。自分のパートナーデジモンであるワームモンも「虫けら」と呼んで邪険にしている。

太一のアグモンを暗黒進化させたが、完全体デジモンはイービルリングでは操れないため、新たに「イービルスパイラル」を開発して選ばれし子供達を苦しめた。また、デジモンの通常進化を阻害する「ダークタワー」を大量に建設したことが、のちのストーリーに関わっていく。

選ばれし子供達にはその正体は不明だったが、大輔との戦いに敗れた際にデジモンカイザー自ら一乗寺賢であることを明かす。
もっとも視聴者には3話の時点でバレることだが……。

ワームモンが弱いことと強さへの執着から、様々なデジモンの一部分を合体させたデジモン「キメラモン」を作り出すが、暴走により基地が崩壊。キメラモンとマグナモンの戦いの中でワームモンを失ったことにより、デジモンカイザーは一乗寺賢に戻ることとなる。

後にこのデジモンカイザーの服は光子朗の推測ではデジタルワールドのシステムによって賢が無意識の内に臨んだものによってなったのではないかと言われている。

余談

放映当時イービルリング型の指輪が実際に販売されていた。カイザー様のしもべになりたい大きなお友達向け商品だったと思われる。

関連イラスト

一乗寺さん
クロスウォーズでの賢ちゃんポジション担当はネネ




関連タグ

デジモンアドベンチャー02 ワームモン 本宮大輔 井ノ上京 火田伊織 高石タケル 八神ヒカリ
悪堕ち




デジモンアドベンチャーtri.


賢の改心と終盤で闇を乗り越えたことからもう登場しないと思われていたが、デジモンアドベンチャーtri.2章にてまさかの再登場。厳密には本編中にて一度も「デジモンカイザー」という単語は出ず本人も言葉を発しなかったが姫川やミミ、タケルが一乗寺賢の名を口にしていたことから本人である可能性が高いと思われる。

服装は02で纏っていた衣装と似ているが細部が異なるものを着用し、年相応の長身になっている。2章で使用しなかったことから暗黒デジヴァイスやダークタワー、イービルリングなどの保持不保持は不明。

劇中では感染したあるデジモンと戦うトゲモンを観戦している人混みの影に現れる(なお、あの目立つ格好の割に怪訝な表情をする人が居なかったことから普通の状態ではない可能性もある。そもそも賢のデジモンカイザーとしての衣装はD-3の能力でデジタルワールド内のみに発生するものなのでなぜカイザー衣装で現実世界に現れることができたのかも不明)、月島高校の学園祭中に校舎の屋上に佇むなどしていたがメイクーモンを狙って校舎の裏に現れたのが本格的な登場になる。

メイクーモンをさらって(この際仮にも成熟期であり感染したオーガモンに挑める程度の力を持っているメイクーモンが助けは求めたものの抵抗という抵抗はしていなかった)歪みに消えようとしたが駆けつけたパルモン、ゴマモン、レオモンが歪みに現れる。この際インペリアルドラモンを呼び出し交戦させ、究極体に進化した二体に敗れた後は一切の抵抗を見せずメイクーモンを離しどこかへと消え去った。

最後のデータのように消え去る描写、学園祭のシーンでの一瞬のうちに姫川の視界から消えるなど普通の人間では無い描写も見られ、不自然なほど言葉を発さないことから一乗寺賢本人では無い可能性もあるが現時点では不明。

tri.初登場の姫川を除いた登場人物の反応もミミの「一乗寺くん」タケルの「あいつ、何でまた」のみであり、それらの発言に対する発言が一切無い事もあり2章時点では存在そのものが謎と言っても良いほど謎の存在になっている。




























以下、「デジモンアドベンチャーtri.三章 告白」のネタバレにつき閲覧注意















三章では

前二章まで一切登場していないことからファンには予見されていたが、大輔たち2代目の選ばれし子供はタケル、ヒカリ以外連絡が取れていないことが判明した。さらに姫川の口から全員政府の監視下にあらず行方不明と語られた。なお、パートナーデジモンは二章に登場したインペリアルドラモン以外は現時点では未登場、言及も無い。
賢に至っては一家揃って留守にしていることが描写されたが、単に両親も留守だったのか両親もろとも行方不明なのかは不明。
選ばれし子供がデジタルワールドに向かうシーンでは賢のD-3とディーターミナルが登場。これは姫川の組織が解析したものと語られた。

子供達がデジタルワールドに渡った後、二章より登場したデジモンカイザーの正体がゲンナイ(もしくはゲンナイと同型のエージェント)である事が判明、さらに姫川と笑みを交わすなど何らかの関係があるかのような描写がなされていた
ゲンナイの老化はピエモンに埋め込まれた暗黒の種を抑えるためである事が無印の頃小説版で明かされ、続編02では説明なしに若返った姿で登場していたが果たして…?















以下、「デジモンアドベンチャーtri.四章 喪失」のネタバレにつき閲覧注意


四章では


再びデジモンカイザーの姿で空と芽心の前にムゲンドラモンと共に現れる。空にゲンナイ(もしくはゲンナイと同型のエージェント)である事を明かす。そして彼は黒幕と思われるイグドラシルの意志であり、デジモンの味方だと子供達の前で宣言している。その目的は「デジモンと人間という共存をなくす」ことであり、リブートはその目的の手段の一つであることが明かされる。はたしてイグドラシルとはいったい何者なのか・・・

pixivに投稿された作品 pixivで「デジモンカイザー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 111162

コメント