ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
本宮大輔とは、『デジモンアドベンチャー02』の主人公。

「子供には夢を叶える力があるんだ!!」


概要

CV:木内レイコ(本編)、片山福十郎(LAST EVOLUTION)。


お台場小学校5年に在籍する男子生徒。1991年生まれ(本作の時代設定は前作『無印』から3年後の2002年であるため。Vテイマー01でも言及あり)。性格は熱血で、気が短い部分がある。


サッカークラブに所属し、前作の主人公であった八神太一(3歳年上)を尊敬しており、太一からゴーグルを譲り受けた(第1話では自分のゴーグルを着けていたが、操られていたモノクロモンの攻撃で失っている)。

パートナーであるデジモンはブイモン。青いD-3(ジョグレス進化時は青&緑)の持ち主。勇気と友情のデジメンタルを手に入れ、またデジモンカイザーとの最終決戦時には一時的に奇跡のデジメンタルを手にした。

デジタルワールドでは衣装がをイメージしたものに変わる。


8話ではサッカーの試合で天才少年として知られていた一乗寺賢の所属するチームと対戦し、「全国のサッカー少年の憧れ」であった賢との戦いを前に非常にワクワクしていた。その試合には完敗したものの、大輔は賢に強い憧れの念を抱いていたが、一方の賢は大輔とのプレー時の接触で自分の右足を傷つけられたことを根に持っており、大輔は直後に彼に関する辛い事実を知ることとなる…


八神ヒカリ高石タケルとは同じクラスメートであり、ヒカリに好意を寄せているが、ヒカリは他者に自分を見せるのを恐れる余り、タケルと仲が良いように見せる形でわざと距離を置こうとしているために、あまり相手にされていない(しかし、第10話ではヒカリを押しのけながら太一に意見をしていた)。


タケルに対しては嫉妬を向けてはいるが、本心では大切な仲間として見ており、本気で憎んだり嫌ったりはしていない。彼やヒカリ達がデジモンカイザーに捕らわれた時には迷わず全員を助けようとしていた。


後半では賢の事を気にかける事が多くなり、ヒカリの事を意識する描写が減っていき、終盤では描かれなくなった(このため単にヒカリへの意識は恋心というより「クラスの可愛い子に夢中」なだけという可能性もある。最終回では別の人と結婚している)。


家族は割りかし大輔に容赦がなく、姉の本宮ジュンとはお互い遠慮が全くないため仲が悪かったり、父親にはサッカーばかりしていて勉強してないためバカ息子呼ばわりされたりしている。第4話では兄弟喧嘩をした事がない仲間たちの前でジュンの愚痴を言ってしまい、それが原因でトラブルになってしまったことも…(事の発端はタケルだが…)


しかし、ジュンとの姉弟関係は決して険悪なものではない上に、大輔はそんな父に対しても育ててくれている事を感謝しているようなので、言いたいことを言いあう家庭なのだろう。


というより八神兄妹とヤマトタケル兄弟が事情があるとはいえ依存しすぎているだけで、本宮家の距離感が普通だとも言える(同じく兄弟がいる京も、日常シーンを見れば本宮家ほどじゃないにしてもバランスのいい距離感をしている。なお、上記の騒動に京は不在である)。


ちなみに、歴代主人公としては唯一の「」でもある。他作品ではいる太一)、がいる兄(拓也)、一人っ子タカトタイキタギルハル)といったパターンが見受けられるが、いずれも長男であり、兄のいる(次男以下の)主人公はいない。


また、仲間思いで情に厚く、いざという時には勇気を振り絞って困っている仲間を手助けする事もあり、デジモンカイザーの指示に苦戦している仲間の為に、敵デジモンを操っているデジモンカイザーを妨害した他、仲間の為に自身を犠牲にする度胸もある。

ブイモンレッドベジーモンの拷問にかけられた際には「代わりに俺をやれーっ!」と言ってトゲつきのツルから庇ったり、上述のようにヒカリ達がデジモンカイザーに捕らわれた際には「俺だけをデルタモンの餌にしてくれ」*と言ったりもした。(実際にはデジモンカイザーに洗脳されたバケモンたちが化けた姿で、大輔たちは完全に騙されていたが)。


なお、かつてデジモンカイザーだった賢が選ばれし子供たちを助けた際には誰よりも賢を信じており、時には檄を飛ばす事で、当初は仲間入りに反発していた子供達と和解するきっかけを作っている。反発する彼らの言い分を無視するのでは無く、きちんと気持ちを汲み取った上で彼なりの最善を尽くそうとしているところがポイント(デジモンカイザーの件で賢に不信感を抱いていたタケルも、大輔の言わんとしていることを心の中で共感していた)。

また、世界中に発生したデジモン騒ぎの中で賢のことが心配になり、選ばれし子供たちが光子郎の家に集まる中、1人賢を助けに向かった。最初は反対した太一だが、大輔の賢を思う気持ちと、先輩の自分にハッキリと物申した大輔の意志を汲み取り、送り出している(実際、賢はダークタワーで進化できない中を完全体のトリケラモン相手に孤軍奮闘していたので、大輔の判断は正しかった)。


デジモンカイザー事件後のデジタルワールド復興の際は、プニモン達の世話を押し付けられ最初は嫌々だったが、得意のサッカーですぐに打ち解けた(誰とでも仲良くなる性分を、ヒカリに「ガキ大将」と例えられている。もちろん良い意味で)。


しかし、時にはその仲間を大切に思う心が悪い方向へ行ってしまう事もある。


特に顕著なのが友情のデジメンタルを手に入れるエピソードで、への情ゆえに戦意が鈍った事で、太一のアグモンがデジモンカイザーによって暗黒進化させられたメタルグレイモンへの攻撃を躊躇し、パタモンがカイザーに囚われた時も攻撃を躊躇い、タケルと激しく対立してしまう。

この時の大輔は「敵に回った仲間と戦う勇気」が低下していた為なのか、フレイドラモンの進化が解けてしまう。


この一件から大輔は闇堕ちした仲間と本気で向き合う(戦う)心、自分や仲間を信頼する心を学んだと思われる。

賢に対して寛容に振る舞えたのはこの経験が活きているからだろう。友情のデジメンタルに選ばれるのも納得である。


統括すると良くも悪くも子供らしい目先の考えで行動するタイプで、年の割に大人びている仲間におっちょこちょいな面をからかわれたりする事もあるが、それは悩みを持たず(全く悩まないというわけではないが……)毎日を全力で生きている事の現れであり、(悩みはあっても悩みを打ち明けられるということもあり)普通の人間なら2~3日は悩むところを短時間で消化していつも通りのスタートを切る事が出来る逸材といえる。

ベリアルヴァンデモン戦でも凶悪な殺戮に心折れず立ち向かい、自らの理想の幻覚に捕らわれること無く仲間達を救い出した。


1999年のヴァンデモンのお台場襲撃の際、ヴァンデモンに捕らわれた子供の一人でもある。


欠点らしい欠点があるとすれば、勉強が苦手なことと騙されやすいこと。よって良いことを言おうとしても言い間違いや言葉の誤用などをやらかし、周囲から突っ込まれる面がよく見られるほか、上述のようにデジモンカイザーに騙されただけでなく、タケルヒカリが恋人っぽく撮った写真を見て勘違いしたりしたこともある。後述のVテイマー01とのコラボ漫画では、ブイモンに「大輔があんな作戦を思いついたのが一番の奇跡」とまで言われるほど。

しかし、それに加え激しい戦いで挫折を味わうものの、精神的に大きな成長を遂げ、その成長は過去にとらわれて自暴自棄になっていたを改心させたほどである。


かなりコミュ力があり、劇場版でアメリカに行った時、英語がわからず苦戦する京や伊織に対し、ボディランゲージも駆使して現地民とあっさり会話し、通訳している。そのため、ファンの間では帰国子女ではないかと囁かれている。

海外ドラマ・映画が好きなようで、憧れのハリウッドスターがマイケルの父親だと知って驚いていた。


普段はあまりそういった面は見せなかったが、実は将来の夢はラーメン屋になって世界一美味いラーメンを作る事(ちなみにラスエボのボイスドラマでは「漠然としたラーメンへの想い」と語られている)。

エピローグではその夢を実現させ、アメリカで始めた屋台のラーメンが大成功し、世界中にチェーン店を持つ実業家となる。


息子がおり、太一から貰ったゴーグルを渡したようである。なお、彼の母親が誰なのかは全くの不明。


本編中ではヒカリに好意があるものの、それとは別にモテたい願望があるらしく、ドラマCD「未知へのアーマー進化」では光子郎からパソコン、ヤマトからギターを教わるが、前者はパソコンを雑に扱ったせいでブチギレた光子郎とテントモンに追い出され、後者に至ってはリズム感が全くないどころか歌もかなり音痴という事が判明する始末であった(さすがにキャラソンとなると話は別だが。ただし、前作の太一や丈も音痴レベル)。


遂にはモテたいという感情を拗らせ、賢を真似てデジモンカイザーへ暗黒進化してしまう…が、(賢を含めた)周囲からディスられる。

プッチーモンの力で戻る事ができたが、結局モテずじまいであった(それでも結婚できているあたり、彼の人となりを理解してくれる女性がいたのだろう)。


デジモンアドベンチャーVテイマー01

4巻のコラボ漫画にて登場。時系列ではエクスブイモンに進化可能かつ、賢が仲間になっていないので、カイザー討伐後~ジョグレス進化習得前頃、パラレルモンと遭遇し、その影響で一人だけ別世界に飛ばされる。この時、別世界のタイチとその相棒のゼロマルと出会う。

この時、大輔はこの世界に来る前に、大輔はパラレルモンと戦おうとしたが他の皆に止められたこともあって皆はタケルの肩を持つことが多く、自分は責められてばかりだったことが相当嫌だったのか、元の世界に戻りたくない、自分の声は仲間の耳には届かない上に誰も自分のことを仲間だとも思っていないと発言するまで落ち込んでいた。

当初はタイチのことをニセタイチと呼ぶくらい嫌っていたが、ゴーグルの話を聞いた際にタイチを自分の世界の太一に重ねる。

パラレルモンとの戦いの際、最初の会合の時に自分を庇ったことが原因で仲間が吸収されていたことを知り、今度は自分がみんなを助けると決意。その時の叫びが仲間に届き、吸収されたテイマーの応援が奇跡のデジメンタルとしてD-3に宿る。そして、大輔の作戦(タイチはその作戦をアイコンタクトだけで理解する)でパラレルモンの隙を作り、ゼロマルのVウイングブレードで頭部を破壊、トドメに奇跡のデジメンタルでブイモンをマグナモンにアーマー進化させ、エクストリーム・ジハードでとどめを刺す。

その後、タイチと共に勝利のダンスを踊り合った後、パラレルモンを倒したことで大輔は元の世界へ帰還、タイチと出会ったことを奇跡だと言いつつも、また再開できることを願って別れる。



ちなみに…

後年の『クロスウォーズ』で工藤タイキ明石タギルが登場するまで、挫折などは経験しつつも、歴代主人公の中でパートナーを暗黒進化させなかったメンタルお化け主人公。

ドラマCDでは自分が暗黒進化してデジモンカイザーになった事こそあるが、本編だけで見ればあの大門大でさえパートナーを暗黒進化させてしまったのだから、相当なもんである。

そのメンタルの強さベリアルヴァンデモン戦でも遺憾無く発揮されており、このメンタルの強さが選ばれし子供たちを勝利へと導いた。メンタルが折れなかった理由は「自分は特別ではないけど大切な仲間がいる」という自分のありのままを受け入れているから。ベリアルヴァンデモンも今の時代に不満も悩みもない子供がいるのは珍しいと評されている。


また、主人公ポジションとゴーグルを受け継いだことから太一と比較されがちではあるものの、デジモンハリケーンの描写や本編のキャラクター性、賢との友情を見ていくとどちらかというとヤマトに似ているタイプの主人公でもある。


一応、ディノビーモンインペリアルドラモン(ウィルス種)、グランクワガーモンなど暗黒進化に相当する進化系は存在している…それを加味してもメンタルがお化けすぎるのである。


また、賢のD-3でデーモンをダゴモンの海へ追放する際も、賢が恐怖に潰されそうになり、手助けする京達も苦戦する中、大輔の鼓舞で賢の恐怖心が和らぎ、デーモンの追放に成功する(この時、ヒカリは大輔の心の光に温かさを感じ、京は賢から恐怖心が消えていくのを感じている)。


「突撃隊長」と揶揄されるほど単純かつ考えなしな行動が目立つが、時にはそれが突破口を切り開く事に繋がることがある。

例として、第8話でデジモンカイザーの指示でバケモン軍団の連携攻撃に苦戦する仲間のために、1人デジモンカイザーに掴みかかって指示を出せないようにした。また、第20話ではキメラモンにやられて仲間達が撤退ムーブする中、1人動力室に特攻したことで優しさの紋章から変化した黄金のデジメンタルを入手し、ブイモンをマグナモンにアーマー進化させた。


上述のメタルグレイモンの際には攻撃を躊躇ったが、後にゴーレモンがダムを破壊しようとした時や、デーモン率いる暗黒デジモンと戦う際は、仲間達が相手を殺すことを躊躇う中相手を倒す覚悟を抱いていた(特に前者はパルモンの証言でダークタワーデジモンと発覚したため倒せたが、あのまま躊躇っていたらダムを壊されて、もっと甚大な被害が出るところだった)。


最終回で闇堕ちした子供達を正気に戻したのも、大輔の「将来の夢はラーメン屋」である。


何かと太一と比較されやすい大輔であるが、このようなタイプのメンタルの強さは太一にはない強みである。


デジモンアドベンチャーtri.&LAST ENOLUTION

tri.時はシルエットのみの登場、何者かに倒されたかのような描写であったが、研究所で捕らわれているのを発見させる。


LAST ENOLUTIONでは復活参戦、調理師免許を取るため専門学校に通っている。夢のラーメン職人を目指し、デジタルゲートを使って世界中を飛び回っている。それって不法入国じゃあ……。


ヤマトからの依頼で事件の調査を仲間たちと行い、終盤では現実世界に現れたエオスモンの迎撃をブイモンと共に行っていた。

前日譚にあたるドラマCDでは主役を務めており、みんなで旅行する計画を立てていた。


公式サイトでは甚兵衛を着用しており、ゴーグルの代わりにサングラスをかけている(ゴーグルは別に大切に保管している様子)。


THE BEGINNING

専門学校に通いながら、ラーメン屋で修行をはじめているとのことで、定休日の日には店を借りて店主として家系ラーメンを提供している。


ちなみに

歴代の主人公が客演する際にはパートナーの究極体を提げて参戦するというのが恒例になっているが、(少なくとも大輔のブイモンには)単体での究極体が存在しない為、パートナーであるブイモンの最終進化系がブレる事が多い。

(※1)特殊な進化方法を使わない姿ではこの姿が一番強い為、この選出になったと思われる。


余談

彼に対応する紋章は?

現時点では賢が紋章を手にした最後の選ばれし子供であり、大輔らは賢の後に選ばれた為、紋章は持っていないが、優しさの紋章を奇跡のデジメンタルに変化させたり、劇場版/クロスウォーズ/PSP版アドベンチャー/Vテイマー01でも奇跡のデジメンタルを使用するなど半ば大輔の専用アイテムとしての立ち位置にある為(設定でもブイモンとズバ抜けて相性が良い)、大輔固有の紋章があるとするならば、奇跡のデジメンタルに描かれた『奇跡の紋章』が彼の紋章ではないかと思われる。


勇気から誠実までの精神的特質に由来したものであった一方で、奇跡の紋章は『光』や『希望』のような特殊タイプにカテゴライズされるものと思われる。


とはいえ、大輔の諦めない心が数多くの奇跡を引き寄せたのは事実であり、例えば、ベリアルヴァンデモンの幻影に屈さず、戦いたいと思う心からブイモンの進化系を複数体顕現させ、反撃の切っ掛けを作ったり、最終回では自分の夢を赤裸々に語り、ベリアルヴァンデモンに攫われた子供達が夢に向かって突き進む心を思い出し、D-3とパートナーデジモンが顕現、ギガデスの生成に貢献している他、かつてお台場にいた子供たちと同様にヴァンデモンに攫われた過去を持っているが、ヴァンデモンの美学から殺されずに済んだなど奇跡的に助かっている。しかも、『不満や悩みを持たない子供は珍しい』とベリアルヴァンデモンが評していたことから、大輔のような子供の存在自体が奇跡なのではないかと思わせる面もある。


これらを統合すると大輔の強みは『思いの強さで不確定要素を実現させる力』と『大輔自体が不確定要素の塊』である事の2つである為、奇跡のデジメンタルを入手できたものと思われる。


なお、アイテムとしての『奇跡の紋章』は直接登場しなかったが、後年になってカプセルトイ『デジモンアドベンチャーメモリアルグッズ』からタグ付きで商品化された。


『02』の時代設定はリアルタイム〈2000年〉より2年未来の2002年である一方、『テイマーズ』の時代設定はリアルタイムと同じ2001年。つまり主人公としては後輩である啓人の方が先輩である大輔より1つ年上〈井ノ上京と同い年〉ということになる。


関連イラスト


関連タグ

デジモンアドベンチャー02 ブイモン 本宮ジュン

井ノ上京 火田伊織 八神ヒカリ 高石タケル 一乗寺賢

八神太一 武之内空 石田ヤマト 泉光子郎 太刀川ミミ 城戸丈

デジモンハリケーン ウォレス

デジモン主人公

八神太一本宮大輔松田啓人


鋼メンタル 形状記憶メンタル 愛すべき馬鹿

デジモンアドベンチャー02の姉弟騒動

「子供には夢を叶える力があるんだ!!」


概要

CV:木内レイコ(本編)、片山福十郎(LAST EVOLUTION)。


お台場小学校5年に在籍する男子生徒。1991年生まれ(本作の時代設定は前作『無印』から3年後の2002年であるため。Vテイマー01でも言及あり)。性格は熱血で、気が短い部分がある。


サッカークラブに所属し、前作の主人公であった八神太一(3歳年上)を尊敬しており、太一からゴーグルを譲り受けた(第1話では自分のゴーグルを着けていたが、操られていたモノクロモンの攻撃で失っている)。

パートナーであるデジモンはブイモン。青いD-3(ジョグレス進化時は青&緑)の持ち主。勇気と友情のデジメンタルを手に入れ、またデジモンカイザーとの最終決戦時には一時的に奇跡のデジメンタルを手にした。

デジタルワールドでは衣装がをイメージしたものに変わる。


8話ではサッカーの試合で天才少年として知られていた一乗寺賢の所属するチームと対戦し、「全国のサッカー少年の憧れ」であった賢との戦いを前に非常にワクワクしていた。その試合には完敗したものの、大輔は賢に強い憧れの念を抱いていたが、一方の賢は大輔とのプレー時の接触で自分の右足を傷つけられたことを根に持っており、大輔は直後に彼に関する辛い事実を知ることとなる…


八神ヒカリ高石タケルとは同じクラスメートであり、ヒカリに好意を寄せているが、ヒカリは他者に自分を見せるのを恐れる余り、タケルと仲が良いように見せる形でわざと距離を置こうとしているために、あまり相手にされていない(しかし、第10話ではヒカリを押しのけながら太一に意見をしていた)。


タケルに対しては嫉妬を向けてはいるが、本心では大切な仲間として見ており、本気で憎んだり嫌ったりはしていない。彼やヒカリ達がデジモンカイザーに捕らわれた時には迷わず全員を助けようとしていた。


後半では賢の事を気にかける事が多くなり、ヒカリの事を意識する描写が減っていき、終盤では描かれなくなった(このため単にヒカリへの意識は恋心というより「クラスの可愛い子に夢中」なだけという可能性もある。最終回では別の人と結婚している)。


家族は割りかし大輔に容赦がなく、姉の本宮ジュンとはお互い遠慮が全くないため仲が悪かったり、父親にはサッカーばかりしていて勉強してないためバカ息子呼ばわりされたりしている。第4話では兄弟喧嘩をした事がない仲間たちの前でジュンの愚痴を言ってしまい、それが原因でトラブルになってしまったことも…(事の発端はタケルだが…)


しかし、ジュンとの姉弟関係は決して険悪なものではない上に、大輔はそんな父に対しても育ててくれている事を感謝しているようなので、言いたいことを言いあう家庭なのだろう。


というより八神兄妹とヤマトタケル兄弟が事情があるとはいえ依存しすぎているだけで、本宮家の距離感が普通だとも言える(同じく兄弟がいる京も、日常シーンを見れば本宮家ほどじゃないにしてもバランスのいい距離感をしている。なお、上記の騒動に京は不在である)。


ちなみに、歴代主人公としては唯一の「」でもある。他作品ではいる太一)、がいる兄(拓也)、一人っ子タカトタイキタギルハル)といったパターンが見受けられるが、いずれも長男であり、兄のいる(次男以下の)主人公はいない。


また、仲間思いで情に厚く、いざという時には勇気を振り絞って困っている仲間を手助けする事もあり、デジモンカイザーの指示に苦戦している仲間の為に、敵デジモンを操っているデジモンカイザーを妨害した他、仲間の為に自身を犠牲にする度胸もある。

ブイモンレッドベジーモンの拷問にかけられた際には「代わりに俺をやれーっ!」と言ってトゲつきのツルから庇ったり、上述のようにヒカリ達がデジモンカイザーに捕らわれた際には「俺だけをデルタモンの餌にしてくれ」*と言ったりもした。(実際にはデジモンカイザーに洗脳されたバケモンたちが化けた姿で、大輔たちは完全に騙されていたが)。


なお、かつてデジモンカイザーだった賢が選ばれし子供たちを助けた際には誰よりも賢を信じており、時には檄を飛ばす事で、当初は仲間入りに反発していた子供達と和解するきっかけを作っている。反発する彼らの言い分を無視するのでは無く、きちんと気持ちを汲み取った上で彼なりの最善を尽くそうとしているところがポイント(デジモンカイザーの件で賢に不信感を抱いていたタケルも、大輔の言わんとしていることを心の中で共感していた)。

また、世界中に発生したデジモン騒ぎの中で賢のことが心配になり、選ばれし子供たちが光子郎の家に集まる中、1人賢を助けに向かった。最初は反対した太一だが、大輔の賢を思う気持ちと、先輩の自分にハッキリと物申した大輔の意志を汲み取り、送り出している(実際、賢はダークタワーで進化できない中を完全体のトリケラモン相手に孤軍奮闘していたので、大輔の判断は正しかった)。


デジモンカイザー事件後のデジタルワールド復興の際は、プニモン達の世話を押し付けられ最初は嫌々だったが、得意のサッカーですぐに打ち解けた(誰とでも仲良くなる性分を、ヒカリに「ガキ大将」と例えられている。もちろん良い意味で)。


しかし、時にはその仲間を大切に思う心が悪い方向へ行ってしまう事もある。


特に顕著なのが友情のデジメンタルを手に入れるエピソードで、への情ゆえに戦意が鈍った事で、太一のアグモンがデジモンカイザーによって暗黒進化させられたメタルグレイモンへの攻撃を躊躇し、パタモンがカイザーに囚われた時も攻撃を躊躇い、タケルと激しく対立してしまう。

この時の大輔は「敵に回った仲間と戦う勇気」が低下していた為なのか、フレイドラモンの進化が解けてしまう。


この一件から大輔は闇堕ちした仲間と本気で向き合う(戦う)心、自分や仲間を信頼する心を学んだと思われる。

賢に対して寛容に振る舞えたのはこの経験が活きているからだろう。友情のデジメンタルに選ばれるのも納得である。


統括すると良くも悪くも子供らしい目先の考えで行動するタイプで、年の割に大人びている仲間におっちょこちょいな面をからかわれたりする事もあるが、それは悩みを持たず(全く悩まないというわけではないが……)毎日を全力で生きている事の現れであり、(悩みはあっても悩みを打ち明けられるということもあり)普通の人間なら2~3日は悩むところを短時間で消化していつも通りのスタートを切る事が出来る逸材といえる。

ベリアルヴァンデモン戦でも凶悪な殺戮に心折れず立ち向かい、自らの理想の幻覚に捕らわれること無く仲間達を救い出した。


1999年のヴァンデモンのお台場襲撃の際、ヴァンデモンに捕らわれた子供の一人でもある。


欠点らしい欠点があるとすれば、勉強が苦手なことと騙されやすいこと。よって良いことを言おうとしても言い間違いや言葉の誤用などをやらかし、周囲から突っ込まれる面がよく見られるほか、上述のようにデジモンカイザーに騙されただけでなく、タケルヒカリが恋人っぽく撮った写真を見て勘違いしたりしたこともある。後述のVテイマー01とのコラボ漫画では、ブイモンに「大輔があんな作戦を思いついたのが一番の奇跡」とまで言われるほど。

しかし、それに加え激しい戦いで挫折を味わうものの、精神的に大きな成長を遂げ、その成長は過去にとらわれて自暴自棄になっていたを改心させたほどである。


かなりコミュ力があり、劇場版でアメリカに行った時、英語がわからず苦戦する京や伊織に対し、ボディランゲージも駆使して現地民とあっさり会話し、通訳している。そのため、ファンの間では帰国子女ではないかと囁かれている。

海外ドラマ・映画が好きなようで、憧れのハリウッドスターがマイケルの父親だと知って驚いていた。


普段はあまりそういった面は見せなかったが、実は将来の夢はラーメン屋になって世界一美味いラーメンを作る事(ちなみにラスエボのボイスドラマでは「漠然としたラーメンへの想い」と語られている)。

エピローグではその夢を実現させ、アメリカで始めた屋台のラーメンが大成功し、世界中にチェーン店を持つ実業家となる。


息子がおり、太一から貰ったゴーグルを渡したようである。なお、彼の母親が誰なのかは全くの不明。


本編中ではヒカリに好意があるものの、それとは別にモテたい願望があるらしく、ドラマCD「未知へのアーマー進化」では光子郎からパソコン、ヤマトからギターを教わるが、前者はパソコンを雑に扱ったせいでブチギレた光子郎とテントモンに追い出され、後者に至ってはリズム感が全くないどころか歌もかなり音痴という事が判明する始末であった(さすがにキャラソンとなると話は別だが。ただし、前作の太一や丈も音痴レベル)。


遂にはモテたいという感情を拗らせ、賢を真似てデジモンカイザーへ暗黒進化してしまう…が、(賢を含めた)周囲からディスられる。

プッチーモンの力で戻る事ができたが、結局モテずじまいであった(それでも結婚できているあたり、彼の人となりを理解してくれる女性がいたのだろう)。


デジモンアドベンチャーVテイマー01

4巻のコラボ漫画にて登場。時系列ではエクスブイモンに進化可能かつ、賢が仲間になっていないので、カイザー討伐後~ジョグレス進化習得前頃、パラレルモンと遭遇し、その影響で一人だけ別世界に飛ばされる。この時、別世界のタイチとその相棒のゼロマルと出会う。

この時、大輔はこの世界に来る前に、大輔はパラレルモンと戦おうとしたが他の皆に止められたこともあって皆はタケルの肩を持つことが多く、自分は責められてばかりだったことが相当嫌だったのか、元の世界に戻りたくない、自分の声は仲間の耳には届かない上に誰も自分のことを仲間だとも思っていないと発言するまで落ち込んでいた。

当初はタイチのことをニセタイチと呼ぶくらい嫌っていたが、ゴーグルの話を聞いた際にタイチを自分の世界の太一に重ねる。

パラレルモンとの戦いの際、最初の会合の時に自分を庇ったことが原因で仲間が吸収されていたことを知り、今度は自分がみんなを助けると決意。その時の叫びが仲間に届き、吸収されたテイマーの応援が奇跡のデジメンタルとしてD-3に宿る。そして、大輔の作戦(タイチはその作戦をアイコンタクトだけで理解する)でパラレルモンの隙を作り、ゼロマルのVウイングブレードで頭部を破壊、トドメに奇跡のデジメンタルでブイモンをマグナモンにアーマー進化させ、エクストリーム・ジハードでとどめを刺す。

その後、タイチと共に勝利のダンスを踊り合った後、パラレルモンを倒したことで大輔は元の世界へ帰還、タイチと出会ったことを奇跡だと言いつつも、また再開できることを願って別れる。



ちなみに…

後年の『クロスウォーズ』で工藤タイキ明石タギルが登場するまで、挫折などは経験しつつも、歴代主人公の中でパートナーを暗黒進化させなかったメンタルお化け主人公。

ドラマCDでは自分が暗黒進化してデジモンカイザーになった事こそあるが、本編だけで見ればあの大門大でさえパートナーを暗黒進化させてしまったのだから、相当なもんである。

そのメンタルの強さベリアルヴァンデモン戦でも遺憾無く発揮されており、このメンタルの強さが選ばれし子供たちを勝利へと導いた。メンタルが折れなかった理由は「自分は特別ではないけど大切な仲間がいる」という自分のありのままを受け入れているから。ベリアルヴァンデモンも今の時代に不満も悩みもない子供がいるのは珍しいと評されている。


また、主人公ポジションとゴーグルを受け継いだことから太一と比較されがちではあるものの、デジモンハリケーンの描写や本編のキャラクター性、賢との友情を見ていくとどちらかというとヤマトに似ているタイプの主人公でもある。


一応、ディノビーモンインペリアルドラモン(ウィルス種)、グランクワガーモンなど暗黒進化に相当する進化系は存在している…それを加味してもメンタルがお化けすぎるのである。


また、賢のD-3でデーモンをダゴモンの海へ追放する際も、賢が恐怖に潰されそうになり、手助けする京達も苦戦する中、大輔の鼓舞で賢の恐怖心が和らぎ、デーモンの追放に成功する(この時、ヒカリは大輔の心の光に温かさを感じ、京は賢から恐怖心が消えていくのを感じている)。


「突撃隊長」と揶揄されるほど単純かつ考えなしな行動が目立つが、時にはそれが突破口を切り開く事に繋がることがある。

例として、第8話でデジモンカイザーの指示でバケモン軍団の連携攻撃に苦戦する仲間のために、1人デジモンカイザーに掴みかかって指示を出せないようにした。また、第20話ではキメラモンにやられて仲間達が撤退ムーブする中、1人動力室に特攻したことで優しさの紋章から変化した黄金のデジメンタルを入手し、ブイモンをマグナモンにアーマー進化させた。


上述のメタルグレイモンの際には攻撃を躊躇ったが、後にゴーレモンがダムを破壊しようとした時や、デーモン率いる暗黒デジモンと戦う際は、仲間達が相手を殺すことを躊躇う中相手を倒す覚悟を抱いていた(特に前者はパルモンの証言でダークタワーデジモンと発覚したため倒せたが、あのまま躊躇っていたらダムを壊されて、もっと甚大な被害が出るところだった)。


最終回で闇堕ちした子供達を正気に戻したのも、大輔の「将来の夢はラーメン屋」である。


何かと太一と比較されやすい大輔であるが、このようなタイプのメンタルの強さは太一にはない強みである。


デジモンアドベンチャーtri.&LAST ENOLUTION

tri.時はシルエットのみの登場、何者かに倒されたかのような描写であったが、研究所で捕らわれているのを発見させる。


LAST ENOLUTIONでは復活参戦、調理師免許を取るため専門学校に通っている。夢のラーメン職人を目指し、デジタルゲートを使って世界中を飛び回っている。それって不法入国じゃあ……。


ヤマトからの依頼で事件の調査を仲間たちと行い、終盤では現実世界に現れたエオスモンの迎撃をブイモンと共に行っていた。

前日譚にあたるドラマCDでは主役を務めており、みんなで旅行する計画を立てていた。


公式サイトでは甚兵衛を着用しており、ゴーグルの代わりにサングラスをかけている(ゴーグルは別に大切に保管している様子)。


THE BEGINNING

専門学校に通いながら、ラーメン屋で修行をはじめているとのことで、定休日の日には店を借りて店主として家系ラーメンを提供している。


ちなみに

歴代の主人公が客演する際にはパートナーの究極体を提げて参戦するというのが恒例になっているが、(少なくとも大輔のブイモンには)単体での究極体が存在しない為、パートナーであるブイモンの最終進化系がブレる事が多い。

(※1)特殊な進化方法を使わない姿ではこの姿が一番強い為、この選出になったと思われる。


余談

彼に対応する紋章は?

現時点では賢が紋章を手にした最後の選ばれし子供であり、大輔らは賢の後に選ばれた為、紋章は持っていないが、優しさの紋章を奇跡のデジメンタルに変化させたり、劇場版/クロスウォーズ/PSP版アドベンチャー/Vテイマー01でも奇跡のデジメンタルを使用するなど半ば大輔の専用アイテムとしての立ち位置にある為(設定でもブイモンとズバ抜けて相性が良い)、大輔固有の紋章があるとするならば、奇跡のデジメンタルに描かれた『奇跡の紋章』が彼の紋章ではないかと思われる。


勇気から誠実までの精神的特質に由来したものであった一方で、奇跡の紋章は『光』や『希望』のような特殊タイプにカテゴライズされるものと思われる。


とはいえ、大輔の諦めない心が数多くの奇跡を引き寄せたのは事実であり、例えば、ベリアルヴァンデモンの幻影に屈さず、戦いたいと思う心からブイモンの進化系を複数体顕現させ、反撃の切っ掛けを作ったり、最終回では自分の夢を赤裸々に語り、ベリアルヴァンデモンに攫われた子供達が夢に向かって突き進む心を思い出し、D-3とパートナーデジモンが顕現、ギガデスの生成に貢献している他、かつてお台場にいた子供たちと同様にヴァンデモンに攫われた過去を持っているが、ヴァンデモンの美学から殺されずに済んだなど奇跡的に助かっている。しかも、『不満や悩みを持たない子供は珍しい』とベリアルヴァンデモンが評していたことから、大輔のような子供の存在自体が奇跡なのではないかと思わせる面もある。


これらを統合すると大輔の強みは『思いの強さで不確定要素を実現させる力』と『大輔自体が不確定要素の塊』である事の2つである為、奇跡のデジメンタルを入手できたものと思われる。


なお、アイテムとしての『奇跡の紋章』は直接登場しなかったが、後年になってカプセルトイ『デジモンアドベンチャーメモリアルグッズ』からタグ付きで商品化された。


『02』の時代設定はリアルタイム〈2000年〉より2年未来の2002年である一方、『テイマーズ』の時代設定はリアルタイムと同じ2001年。つまり主人公としては後輩である啓人の方が先輩である大輔より1つ年上〈井ノ上京と同い年〉ということになる。


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

無料で読めるpixivノベル人気作品

  1. あの日助けた幼い兄妹が、怒濤の勢いで恩返ししてきます

    読む▶︎
  2. 自称・保護者の騎士様が後方腕組み彼氏面で私(聖女)のお見合いを邪魔してきます!

    読む▶︎
  3. ヒロインに婚約者を取られるみたいなので、悪役令息(ヤンデレキャラ)を狙います

    読む▶︎

pixivision

カテゴリー